タグ:φ国情報 ( 576 ) タグの人気記事
きんぺいさんのポスターに墨をかけた少女の件で思う事
7月4日、上海で一人の少女、董瑶琼さんが習近平国家主席のポスターに墨をかけ、そのご行方不明になったというニュースが(中国国内以外で)話題となっている。
中国では、動画は即削除。

僕は、個人的には、仮にも一国の首席に対して、こういう事をするのは決して賛同することはできない。 よほど不満があっての事だと思うが、他にやり方があると思う。

でも、怖いのが、この娘がその後行方不明になっている事。心配です。
お父さんが、ネットで娘を返せと訴えているものの、それも削除されたり。

その後の政府としての対応がまた面白い、全国各地で、きんぺいさんのポスターや写真が党中央の指示で撤去されているらしい。
かつて、広州で、デング熱対策の一環として、発生源となる下水口に、網をかけるなど蓋をするという対策があったけど、何かが違う、本質じゃない対策。
墨を掛けられる不満要因は何か?それに対してどうする?を考えるべき。
まあ、緑化と言って山に緑のペンキ塗ってみたり、これも中国アルアルの一つだな。

しかし、日本はいいね、
安倍総理の写真やポスターにちょび髭つけたり、人形をミサイルにしても、なんのお咎めなし、やりたい放題、いい国ですな。

b0098997_19395605.jpg
b0098997_19394540.jpg

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  

   二胡 二胡 中国 上海 広州 二胡 

by soukichi_uchida | 2018-07-16 20:04 | その他 | Trackback | Comments(0)
中国携帯 国内ローミング費が無くなった
まあ、日本に住んでる限り関係のない話ですが、
中国の携帯電話の料金の話しを。

これまでは、上海で契約した番号の携帯を、広州や北京などの他都市で使うと、同一国内であるにも関わらず、ローミング料金を取られていました。

日本で言うなら、東京で契約した携帯を大阪で使うと、
東京→大阪 < 大阪→東京 な通話料金になる(怒/、みたいな感じ。
中国広いから、同じキャリアでもいろいろあるんでしょうね🤔

それが7月1日から3大キャリア、
中国移動(China Mobile)
中国聯合(China Unicom)
中国電信(China Telecom)
が一斉にこのローミング料金を撤廃するとの発表が。
つまり、中国の何処で電話しても、ローミング料金が掛けられず、一律料金という事だと思います。

新華の記事↓↓↓
b0098997_17234905.jpg
b0098997_23304215.jpg
背景とかよく分かってませんが、僕は上海の番号持ってるので、広州や深セン行てスマホ使っても追加料金がかからない、というのは助かります。
飛行機や新幹線が各都市繋がり、人民の移動範囲も拡がり、それなりの不満溜まってたんでしょうね。

【蛇足】
これとは関係のない話しですが、
中国携帯持って、他都市に行くと、飛行機を降りたとたん、「ようこそ北京へ!」みたいな SMSメッセージが飛んで来ます。これは日本に帰って来た時も同じで、「日本の法律守って、安全にね、なにか合ったら大使館に連絡してね」みたいなメッセージが来ます。
大きなお世話なんですが、
"何処に行っても、お前の居場所は把握してるからな"と
言われてる気がして、ちょっと怖い。

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  

   二胡 二胡 中国 上海 広州 二胡 

by soukichi_uchida | 2018-07-07 17:12 | その他 | Trackback | Comments(0)
広東省が全国共通の交通カードを発行

広東省が、全国共通の交通カードを発行すると発表

中国では都市毎に、バス、地下鉄、タクシーなどで使える交通カードが発行されてます。使いこなすと、現金いらずで、とても便利です。

でも、中国内各地を訪れる可能性のある人にとっては、都市毎に交通カードを持つ必要があり煩雑。

因みに、下の写真は、
 広州、深圳
 北京、上海
の交通カード。

広州のカードは、都市の別名にちなんで「羊城卡」

とも呼ばれています。
b0098997_23564974.jpg
これらが統一されると、カード1枚で済むのでとても便利になるのだが、現状は広東省内での統一であって、各都市にはこれから声を掛けて行くらしい。

上手く行くのかな~。

北京から、中国の中心は北京じゃ、こういうのやるなら北京からじゃぁ~!とか上海は、そもそも広州がやってることなんて鼻にもかけないなんてね。

うまくいって欲しいもんです。
b0098997_00124242.jpg
―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  

   二胡 二胡 中国 上海 広州 二胡 

by soukichi_uchida | 2018-07-03 00:19 | その他 | Trackback | Comments(0)
トイザらスよお前もか?
かつてこのブログで、広州で見かけたトイザらスもどきの玩具やさんを紹介してます。
だめでしょ、コレ。

そうこうしてるうちに、本家トイザらスが倒産。

で、この4月に、
複数の企業が10億ドル(約1070億円)以上で買収する意向を示している
 香港のファン・グループと
 中国のプライベートエクイティ(PE)が
 買収に名乗りを上げているという。

あ~あ、トイザらスよお前もか・・・・・

後発パクリ会社が、本家を呑み込んで、本物になってしまうという話。

かつて、「セ●ウェイっ」会社がこれまでにないアイディアの製品を出して、一躍脚光を浴びた。
パクリ商品が中国にどんどん出てきて、13億という巨大な市場で売れまくった。
一方本物の会社は、経営不振に陥り、中国企業に買い取られた。
b0098997_15240372.jpg

なんて話がざらにあります。
トイザらスに関しては、テクノロジーまでもぎ取られるという事はないだろうけど、同じ流れだな。

この流れは、しばらく止まらんだろうな~ 118.png118.png118.png

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   
   二胡 二胡 中国 上海 広州 二胡 

by soukichi_uchida | 2018-06-26 15:28 | その他 | Trackback | Comments(0)
江蘇省の爺ちゃんが、世界最大の二胡を作った
百度 百家号の記事より

江蘇省の爺ちゃんが、巨无霸二胡を作ったって、
巨无霸???
どこかで見たな~・・・・

そーだマックでだ、 巨无霸 = BIG MAC
b0098997_00041945.jpg
巨无霸=So Big という意味もあるそうだ。

なので、江蘇省の爺ちゃんが 「BIG MAC 二胡を作った」、
というより、「でっけぇ二胡を作った」という事か。

で、本題

作製したのは、
李加荣さん74歳。
子供の時に小児麻痺を患い、歩行が不自由となり、その頃から二胡作りを始めたそうだ。

b0098997_00242200.jpg
この二胡の大きさは、
 全長: 5.04 米
 弓調: 4.5 米
 重量: 152 斤(76 Kg)
 琴筒直径: 65.8 cm
 蛇皮はベトナムから輸入(直径74cm)
 ※木材の種類は書かれていない。

b0098997_00133355.jpg
b0098997_00152652.jpg

で、でかい・・・・
b0098997_00450563.jpg
弓の毛はどうしたんだろう?という疑問。
4メーターもある馬のしっぽなんてないと思うし・・・
b0098997_00155271.jpg

実際に演奏している所
b0098997_00240121.jpg
タイトルには、「要3人合力弹奏 」と書いてあるけど、
写真見る限りでは、
弦を押さえてる人と、運弓してる人の二人。
もしかして、後ろで誰かがささせているのか?

ギネス申請しないのかな?
きっとすると思う。

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-06-15 00:48 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
上海 金陵東路 楽器街の過去~現在、そして
360个人图书馆という WEB サイトに、
👉金陵东路:悄然转型成为乐器一条街
という記事があった。
「金陵東路は、静かに楽器街になった」ですかね。

内容を読んでいくと、金陵東路は、時代の流れとともに落ちぶれて、
楽器街になってしまった。
とも取れます・・・・

金陵東路と言えば、上海在住、または上海に行ったことのある
二胡関係者には有名な楽器街。 
このブログでも何度となくこの街を取り上げてます。

👉上海 金陵東路 の 琴行にて 2009/09/17    
👉上海 金陵東路 楽悠琴行(乐悠琴行)にて  2012/01/26
👉石橋楽器 上海金陵東路店 開店  2012/04/30
👉金陵東路 楽悠琴行 ウチダ駒デビュー  2012/05/02
👉 久々の上海金陵東路楽器屋街 2014/07/21
👉上海 金陵東路 石橋楽器 リニューアルOPEN、って 2015/08/19

さて、この記事の内容の出だしだけを軽く紹介すると

金陵東路は1860年 太平天国の乱の時代に建てられ、
当時フランス租界の中心だった。
その後広州から多くの商人が移り住み、建物を建て商売を行っていた

※当時、金陵路は、南京路に並ぶ2大马路と言われる位栄えていたらしい。

あとは頑張って、元記事の中国語 読んでね(^^;;

→ うっちーの感想:確かに、広州から上海に転勤した僕としては、
  なんとなく懐かしい華南の風景だな~と感じてました。

その後。魯迅や蒋介石が活躍した時代、第二次大戦、改革開放の時代を経て現在に至るのですが、どうやって、この街が楽器街になったのかには触れられていません。
近隣の淮海中路、南京路、外灘などの地域の発展により、金陵路の商業的価値、土地代もさがり、そこに民族楽器を中心とした楽器屋(琴行)さんたちが移り済んだのでは、と想像しています。

ここ1年半ほど、金陵東路には、行っていませんが、都市再開発がこの町まで及び、多くの建物が取り壊し、改修が行われ始め、それに伴い、楽器屋さん(琴行)も移転しているそうです。
再開発が終わったら、戻ってきてほしいもんですが、テナント料も大幅に上がるであろうことから、可能性は低いと思われます。
それでなくても、上海の琴行で売られている二胡は、蘇州・無錫の 3~4割り高いと感じられます。
つまり、上海の「街売り」の二胡の価格には、ショバ代が含まれているんですね。人件費も高いし、これ以上高くなって貰っては困ります。

今、金陵東路がどうなっているかは、秋にMusic China行った時にでも見てきます。


1860年代、街が出来た頃
b0098997_16562206.jpg
1900年前半~
b0098997_16564781.jpg
b0098997_15335125.jpg
1900年後半~
b0098997_16570732.jpg
2000年代始め

b0098997_15335586.jpg
b0098997_16590965.jpg

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-06-11 17:22 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
外国人は Ali Pay, WeChat Pay を大陸外では使えない
b0098997_16450465.png
日本と中国のスマホっ両者に、Ali Pay(支付宝)、WeChat PAy(微信支付)を設定して、現地で便利に利用しています。 
実際に、5月の深圳訪問期間中には、殆ど現金を使う事はありませんでした。
b0098997_17011853.png
We Chat の支払い画面

交通カードの購入・チャージやタクシーの支払い、全ての店での支払い、これらすべてが、AliPay か WeChat Pay で出来てしまいます。

ところが、、、

帰国時、深圳から香港に入り、香港の空港で、ALi Pay で支払いをしようとしたら、こんなメッセージがスマホに・・・・
b0098997_17033367.png
な、なにぃ~
中国人以外は、使えないだとぉ~(怒/

めげずに、We Chat Pay で試してみたら
b0098997_17112667.jpg
むっかぁ~、これも同じく使えない。
用は、中国人が、中国の18桁の ID で作ったアカウントでしか使えないって事。

一国二制度とは言っても、香港ってまだ外国なのね。

因みに、日本で ALi Pay を使ってみたけどやはり同じメッセージが出て使えない。

外国人にとっては、Ali Pay, We Chat Pay は中国国内専用なのね。

■その他の情報

AliPay、WeChat Pay ともに、開始時点では、中国の銀行または中国のクレジットカードとしか紐づけができませんでした。それが、昨年一旦、VISA等の国際クレジットカードとの紐づけが可能となり、今年の3月に再び、不可能となりました。
で、この5月に再び、国際クレジットカードとの紐づけが可能となりました。
いったい、なんやねん? という感じです。

中国に仕事や旅行で行く予定のある人は、今の内にですな。今後またどうなるか分かりません。


―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-05-31 17:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
如何にあなたの二胡に合う琴駒を選ぶか?(诗韵琴坊)
如何给你的二胡挑选适合的琴码
如何にあなたの二胡に合った駒を選ぶのか? 

という百度の無錫の二胡作成メーカー诗韵琴坊の記事です。

b0098997_09050562.jpg
こんな事位しか書かれていません。

・皮が緩んでいる時は、密度の大きい駒を使えば
 音は明るくなる
・皮の張がきついときは、密度の小さな駒を使えば
 音質は明らかに改善する。

・駒の底面の面積が大きい程暗い音になる
・駒の底面の面積が小さいほど明るい音になる。

駒に関しては、もっといろいろあると思うのですが、
まあこれも一つのリファレンスにはなるでしょう。

駒の高さに関しては言及されてませんね。
僕は、季節に依存する皮の張具合に対しては、
駒の高さの調整も一つの手(それが全てではない)だと考えていますが。




―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-04-27 09:22 | その他 | Trackback | Comments(0)
日本人は貧乏そうに見える、ってか?
中国人明明比日本人穷,为什么看起来却更有钱?

中国人は貧乏なのに金持そうに見えるのは何故か?
お金がある日本人はなぜ貧乏そうに見えるのか?
という日中の給料差推移を使った捜狐の比較記事。

何故か?という所にはあまり触れていない。

僕の皮膚感覚でいうと、
面子が最重要、見た目重視な中国人。お金のかけどころが日本人とは違う。
例えば自動車、彼らが好むのは、BMWやFW等の見た目が豪華な車で、日本のコンパクトカーにはあまり人気がない。それがシェアにも表れてる。

(平均的)中国人、そんなに金持ちそうに見えないけどな~(・_・?)
ま、お金もってるやつは、すっごくお金持ってるけどね。
b0098997_06475279.jpg
b0098997_07144418.jpg



―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-04-24 06:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
また、二胡に関するイヤな話聞いちまった。
禁断のネタかな~???

日本で、中国から二胡を輸入して販売している業者さんたちの殆どは、現地でしっかりと、品質検査を行い、輸出入の手続きを行って、二胡の販売を行っている事でしょう。調整・修理などのアフターもちゃんとやってくれる所も増えてきたしね。

価格は、
買い付けに関わるコスト、輸出入・運搬に関わる費用、お店の運営コストと利益を考慮したもので、同じものなら、現地「街売り価格」の4,5倍といったところが、リーゾナブルだと感じています。
※「街売り価格」>「工場卸価格」だけどね・・・

大方は、真面目に商売されています。
そうじゃないと、製品の品質やアフターサービス、そしてそれに見合ったコスパが重視される日本では、長続きしないでしょう。

まあ、そうじゃないところもあるには、あるんですが・・・

で、二胡以外の中国楽器関係者さんから聞いたイヤな話。

Aさん:「あいつら皆、大儲けしてて脱税しとるで!」
俺: 「え?何が?」
Aさん:「二胡を現地で安う買い付けて、
    50個ぐらいバラシてスーツケースに入れて、
    通関スルーして日本に持ち込んどるんやで」
    「それを、日本でえげつない値段で売ってるんや」
    「んでな、儲けたお金は申告しとらんのや」
俺:「誰?」
Aさん:「そんなん言えるわけないやろ、聞かんといてや!」

※販売業者さんではなく、個人で教室で販売とかやってる人なんでしょうね・

うーん、100%信じたくはないが、ありそうな話だわ。
それが、安くうられているなら、善意の第三者である一般消費者にとってはいい話か?とい言われると、そんなん品質面では大きな不安があるわな。

※二胡ってバラせるんですよ。
 琴卓の裏側の木ネジ一本はずせば、
 スポッと棹が筒から抜ける。
 筒だけだったら、大きめのスーツケースに50個ぐらいは
 入るわな。棹は別のケースで別の人が運べばいいし。

b0098997_23413471.jpg
画像と記事内容は全く関係ありません。







―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-04-22 23:51 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)