二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ:二胡よもやま話( 205 )
中国の中古二胡状況
久々の二胡ネタです

日本の知人から、中国での中古の二胡の状況に関して問い合わせがありました。
全く情報がないので、上海の中国人の友人に調べてもらいました。

情報は日本の知人だけでなく、ここでシェアしたいと思います。

以下、上海の友人からの情報
--------------------------------------

全体的から言うと、現在の中古楽器の取引は、大部ネット経由で、
個人と個人の間でやっています。 

ネットの発展と共に、専門業者が少なくなっています。

上海・江蘇・浙江あたりを検索して見たら、中古の二胡が
売りそうなところなら、下記の2つがあります。

1. 南京仙林大学城楽器市場。
  具体的な住所は分かりませんが、大学城の範囲があれば、
  すぐ見つかれると思います。

2. 温州文海中古楽器市場。
  住所は、浙江省温州市鹿城区人民東路31号。
  詳しい内容は、GOOGLEに登録されていないのようですが、
  GOOGLEMAPには記載されています。

また、ある掲示板から、上海中古楽器のスレに、
「金陵東路に楽器屋一杯あるから、中古品も扱ってるでしょう」
との話があります。 


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村      にほんブログ村      にほんブログ村 



by soukichi_uchida | 2014-03-14 06:35 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
広州 琴行探し その5 北京南路 欧雅楽器 sanpo

始まってます。 本日参加予定です。
早めにレポートしますね。

さて、久々の二胡ネタ、広州琴行情報です

これも自転車屋さんを探してしてたころの話。
現地人社員の情報により、お勧めの自転車屋さんがあるという
場所に行ったのですが、とっくに閉店、跡形なし(怒。

仕方がないので、その辺を散策。
珠江リバーの川沿いで、遊覧船乗り場も近く
夜になるとライトアップされて(汚い物が見えなくなって)綺麗なところです。
b0098997_09551762.jpg
大沙头客运码头からの遊覧船

b0098997_10080676.jpg
洋風の素敵な建物も

ブラブラ歩いてて、ふと見つけた、一件の楽器屋さん(琴行)
「欧雅乐器」
b0098997_10091411.jpg
もう一枚、百度の紹介写真より
b0098997_10100102.jpg

街の楽器屋さんでは、大き目な店構え。
ホームページもあります。

 广州市越秀区北京南路6号
 欧雅乐器有限公司珠江牌钢琴专卖店
 最寄駅:地下鉄2号線、6号線 海珠広場

西洋楽器と中国楽器が半々でおいてありました。

二胡は、無錫の古月と上海の敦煌の物主体。
b0098997_10105620.jpg
b0098997_10112214.jpg

二胡の価帯帯は、やはり。

千元以下ー数百元: 入門、お土産
二~六千元:中上級のアマチュア向け
専業(专业)だと、1万元±α~ 

どこの店もそんなもんです。

特に、わざわざこの店で買う必要はないかな。

やっぱ、広州でイチオシの琴行は、
ですね。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村      にほんブログ村      にほんブログ村 



by soukichi_uchida | 2014-02-25 06:35 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
広州国際楽器展覧会(Music Guangzhou 2014)情報
広州で、こんなんやってるとは知りませんでした。

The 11th China(Guangzhou) International 
Musical Instruments Expo 2014
2014第十一届中国(広州)国際楽器展覧会 
2014年2月24日~27日

WEBサイトはこちら http://www.guangzhoumusic.cn/

もう11回もやってるんですね。
知らなんだ~

確かに、年に2回広東フェアって、中国最大の交易会をやってるぐらいだから
音楽関係の展示会が広州であってもおかしくないですね。

WEBの解説を見ると
b0098997_03283072.jpg
伸び率は落ちてますが、09年に比べて4~5倍の規模になってますね。
でも上海で開催された Music China 2013 の規模
敷地 86,000㎡ / 30か国 1,606社 出展 / 入場者数 60,172人
に比べるとかなり小さな規模です。
「面子」が大切で、「発展」って言葉好きですからね~。
面子にかけて、規模増大させてんでしょう。
上海にまけるな~ (`<  ってね

とにかく行ってみよう~
b0098997_02424872.jpg
Traditional Music Instruments  伝統楽器のエリアもあるようです。
南地区の伝統楽器のムーブメントなんかが見えるかもしれません。
やっぱ、広東音楽ベースなんだろうか? 

上の写真は去年のもの。 
よく見ると、上海にも出店してた、きれーなねーちゃんが沢山いる
雲南のフルスのメーカーさんじゃないですか(^o^/
ブースでカップ麺くうんじゃねーぞー。

25日あたりに行ってみるつもりです。
会場で見かけたら、声かけてくださいね。
って誰もいかないか。。。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村      にほんブログ村      にほんブログ村 


by soukichi_uchida | 2014-02-13 04:01 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ6 その他・場外売り場
いよいよ Music China 2013 レポ最終回

一気に行きます

●いろんな楽器たち

・蛇革の太鼓?
b0098997_04054459.jpg
b0098997_04061337.jpg
b0098997_04063861.jpg

・オカリナのデモ演奏するきれーな?おねーさん
(少なくとも現場では、きれーなおねーさんに思えた・・・)
b0098997_04080504.jpg
・雲南省昆明から来てるフルスのメーカー
b0098997_04093195.jpg
このメーカー毎年来てます、女の子は美人さんが多い(^o^/
しかし、昼時カップめんを食べてる姿は、、、

★★★ 
・なんと、民族楽器コーナーに、
 日本の尺八屋さん「邦星堂和楽器店」が出展。
b0098997_04183759.jpg
b0098997_04185215.jpg
写真に写ってるのは、大橋鯛山さん御本人?

●民族楽器コーナーを離れて、各国の展示コーナーへ
b0098997_04265243.jpg
多くの日系メーカーさんが出展されてました。目指せチャイナドリーム
チャイナリスクも忘れないでねー。
b0098997_04294491.jpg
●いよいよ場外へ

会場内なんですが、建物の外ではこんな光景が
b0098997_04325777.jpg
じいちゃん達がセッションを。 
なんかいいなぁー、こういう光景

★さていよいよ場外売り場に
去年初めて気が付いたのが、展示会場周辺で繰り広げられる、
「勝手に Music China」
なぜか、二胡売ってる露天商が多い。
参加費を払えない、弱小二胡メーカー、小売店がやってるんでしょう。
けっこう人が集まってるところがおもしろいし、こっちの方が活気があるような気がします。

・歩道橋に直置きされた琴
b0098997_04400437.jpg
これは、売り物なのか、捨てられているのか??

二胡がわんさか、路上で販売されてます
b0098997_04453133.jpg
緑檀(?)の二胡がいっぱい
b0098997_04454109.jpg
ばら売り?
b0098997_04455285.jpg
蛇革も
b0098997_04460155.jpg
やたら、鱗がでかい。これは二胡用なのか?

バイオリンや関連部品も売られてます
b0098997_04461041.jpg
以上、2013のレポは写真の羅列となってしまいましたが、会場の雰囲気は伝わったかなと思ってます。

行ける方は 「 Music China 2014 」にもぜひ参加してくださいねー

会場で会いましょー(^o^/ 


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村




by soukichi_uchida | 2014-02-06 05:05 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
ウクレレにはまる
いやぁ~、面白い。 ウクレレ

娘が、アマゾンで3000円ぐらいのウクレレ注文してて、それがこのお休みの間に届きました。
b0098997_01091859.jpg
値段の割には、よさげ。

父娘ともどもギターの経験はあるけど、ウクレレは初めて。チューニングはどーなっとるんじゃい。4絃(一番上の絃)が3絃より細い!?

G,C,E,A なのね、ふんふん。

このチューニングだったら、コードはこうだな~なんて手探りしてると娘が、さっさとネットで、ウクレレのコード表を検索。。。。

とりあえず、CとFとG を覚える。
なるほどなるほど、
まずは、「 帰ってきた酔っ払い を。

C         C  C         G 
おらは死んじまった、だ~、おらは死んじまった、だぁ~

なんんて、一曲制覇!

次に、AmとEm を

C,F,G と Am、Em覚えりゃ大体の曲はいける!

よーし、次は「つじあやの」だ~♪ 「 風になる 」
ひょえー、FmとかD、D7が入ってるぅ~

なんてウクレレにはまってます。

ウクレレおもしれぇ~♪

中国もどたら、さっそくウクレレ買うあるヨ~(^o^/
とりあえず、广州购书中心(天河店)の地下の楽器屋でも行ってみるか。

以前、広州の二胡や民族楽器を売ってる琴行(楽器屋)の紹介しましたけど、

「広州 琴行探しシリーズ」
  その4 大新路 七律琴行
  その3 大新路 楽器街
  その2 だめだこりゃ、長江琴行
  その1
  プロローグ

今度は普通の楽器屋さんの調査と紹介もしたいと思います。

その前に、偶然見つけた、二胡売ってるお店を一つ紹介予定。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村




by soukichi_uchida | 2014-02-06 01:58 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ5 ケース

たった一日の参加なのに、こんなにネタあるんですねー。
しつこいようですが、皆さんもMusic China 2014 にはぜひ参加しましょー。

で、今回はケース。
ケースの専門メーカーさんも沢山参加してます。
いろんな楽器のケースがあるんですが、驚くのは、二胡のケースだけのブースもあるんですね。それだけ需要があるって事なんだ。

○オーダーメード? 二胡ケース
b0098997_03315426.jpg
なぜか、音楽関係の展示会に、布団とかカーテン売ってるメーカーが? よくみると、二胡ケースがぶら下がってる。
ケースそのものは、30元ぐらいのやっすーいケースですが、生地を選んでマイケースを作ってくれるという、商売だと思います。

○手作り二胡?二胡ケース? 
b0098997_03370821.jpg
ケースが手作りなのか、二胡が手作りなのか、よー覚えてません。 真ん中の二胡は陶磁(景徳鎮か?)ですな。

○ケース専門メーカーさん

かっこいいケースがいっぱい。
百度で、「海神箱包」で検索するといろいろ情報出てきます。
Neptune シリーズってケースが主力製品みたい。
1000元以上します。
日本でうったらいくらになるだろう? ぶるるっ!
b0098997_03394952.jpg
b0098997_03400175.jpg
b0098997_03401024.jpg
右上、右から3番目のケース可愛いな。 これなら買えそう(^O^/

その他、場外売り場編に続く。


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村




by soukichi_uchida | 2014-02-05 03:51 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ3 民族楽器パビリオンII 
たまには、二胡関係の記事書かないと。。

ずいぶん時間が空いてしまいましたが、Music China 2013 レポ民族楽器コーナーの続き。

巨大ブース(巨大メーカー)以外の中小メーカーは、楽器の種類によりカテゴライズされてブースが固まってました。 便利と言えば便利。 「弦楽器」の所にいけば、二胡がある。

まず、へんな楽器。 これは何にカテゴライズされるんだろう?
世界中どこいっても、こんな事やるヤツいますね。
面白いけど、ゲテモノでんな。 けっして主流になることはない。
b0098997_01281611.jpg
馬頭琴デモしてるお兄さん。 いい音
b0098997_01330433.jpg
どんどん行くと、二胡のブースが集まったコーナーに、あるわわるわ
b0098997_01363990.jpg
いたいた、古月
b0098997_01384954.jpg
新型二胡の曾宪勇(曾憲勇)今年もきてます。
中国梦(夢)を背負ってますね~。
曾さん、あなたにとっての中国梦は何ですかぁ~?
b0098997_01463349.jpg
曾さんの二胡日本でもたまに見かけますね。
(使ってる人は見た事ないけど、、、)
b0098997_01514035.jpg
七割近くが、江蘇地域のメーカーですが、北のほうからもけっこう出展してました。
b0098997_01565545.jpg

江蘇地域でも、日本じゃあまり聞かないメーカー沢山ありますねー。
写真多いので、倉庫か Google Picasa の方にあげておきます。(予定)

Google Picasa にはここ数年の中国写真沢山ありますよー見てね

部品、ケース報告に続く



――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村




by soukichi_uchida | 2014-02-03 02:13 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
春節が近づくと、二胡の音色が
春節(旧正月)が近づいて、民族大移動はじまってます。

先週あたりから、空港に人が多いのなんの。
飛行機に乗りなれない連中が、でかい荷物を機内に持ち込もうとするもんだから、セキュリティーチェックも時間がかかるのなんの。
並んでても油断すると割り込もうとするし。

これは持ち込めないと言われても、必死で抵抗するアホがいるし。
国内線でも2時間には空港いかないと間に合いません。

でもまあ、飛行機で帰省できるんだから、そこそこ都会で稼げたやつらなんだろうな、それにしてもいつにまして田舎臭い中国人が飛行機に沢山のってます。
だからね、うるさいし、汚い。
CAのおねーさんも大変です。 大声で注意しまくり。

さて、本題
日本でも、お正月になると、やたら「春の海」どこ行っても聞こえてきますよね。
ちゃん、ちゃ~らら、らぁららぁ~♪

春節が近づいた今日この頃、待ちを歩いてると、二胡の音が頻繁に聞こえてきます。春の海のように、特にこれといった曲はなさそうです。

一般人民にとってもはやポピュラーじゃなくなってしまった二胡だけど、正月ともなると、「中国っぽさ」を演出する道具として二胡が使われてんですね。

ちなみに、「良宵」。
大晦日に聞く、演奏するもんだ、なんて聞いてたけど。
若い連中に聞いてみると、誰も知らない。。。。

二泉は知ってても良宵知ってるやつなんていない。

ま、そんなもんか。

●おまけ
春節前であわただしい上海の街(南京西路)
b0098997_02310646.jpg
やっぱ、上海は都会やなぁ~、あか抜けてるわー
日本食のレベルが違うわ。
南京西路は会社の近くで、出張で行くと必ず伊勢丹のデパ地下のジョアンナ(DONQ)で美味しいパンを買って帰ります。
中国ローカルのパンって、ほんまに不味いんですわ。
中国人、パンってものを何か勘違いしてまっせ。 

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村



by soukichi_uchida | 2014-01-25 02:44 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ2 民族楽器パビリオン 
さて、Music China 2013 のレポート之回目

今回は、民族楽器パビリオンのレポートです。

レポ1でも書きましたが、建物の中に入って、まずびっくり!
「え? どーしたの今年」って口走るほど、パビリオン内のエネルギーが感じられました。

中にはいっただけで、こう思えるほど、今回主催者側が(きっと政府の後押しで)「中国伝統楽器」に力をいれたのでしょう。

ざっと見ただけで、昨年までと比べて、大きなブースを構える出展社が多い。
大小合わせての、出展社数も、昨年より多いのでは?と感じられました。

昨年までの、大きく異なっているのは(たぶん)、楽器の種類ごとにブースがカテゴリ分けされていたことです。「吹、叩、弾、擦」 などにカテゴライズし、興味のある分野の楽器を探しやすいブース配置となってました。

会場に行ったのが、最終日の11時ごろ。 一時間もすると、昼飯時。 ブースが大きく、きれいになっても、中にいるのは、やはり中国人。
ブース内で、客の目をきにせずカップラーメンやら、弁当食い始める。食ったものは食い散らかし。1時を過ぎるとと、もう帰りたいムード全開!撤収作業を開始しはじめたり、、、

話はそれますが、↑↑↑ こういうところは、街中でもおんなじなんですね。
見た目、表面上はピカピカの大都会(のように見える)、中に住んでるのは、昔となんら変わらない中国人。公共物は大切に使わない。 きれいなトイレも汚く使う。。


●巨大、豪華なブースたち

毎度おなじみ、上海民族楽器一厂
b0098997_1511214.jpg
あいかわらず、でかくて派手ですな。 
この後は、解説無いで画像をポンポンと
b0098997_1572162.jpg

b0098997_15112878.jpg
b0098997_1522846.jpg

●いよいよ民族楽器ジャンル別コーナーへ。 つづく
by soukichi_uchida | 2013-10-18 16:38 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ1
昨年のレポートがまだ工事中なんですが、今年も参加してきましたので、
Music China 2013の様子を報告します。

開催期間は、国慶節が明けた、10月10日~13日。
土日の12,13日が一般公開日。 
今年も、最終日13日(日)に参加。
最終日午後3時が閉幕なので、出展社は午後1時にもなると、
すっかりおかたずけモードに入るため、午前中から参加。
b0098997_1831486.jpg
この日上海は、とってもいい天気。 めずらしく青空!

■ファーストインプレッション

多くのパビリオンのなかでE6が民族楽器の専用パビリオン。 他のブースを見ている時間がないので、一目散に民族楽器のパビリオンに。

行ってびっくり、去年と比べて、大きなブースを構える会社が多く派手。 出展社数も多い。人の入りも多く、「盛況」でした。

普段、若い人には全く人気がない民族楽器のパビリオンがこれだけ盛り上がるのには、理由があったのです。
Music China 2013 の WEB に行ってみると、こんな一文が。

Distinctively decorated traditional Chinese instrument pavilion appealed a folk music fervor.

今年は、伝統的な民族音楽に力入れてやりまっせー! みたいな事がかいてあります。
まあ、政府の後押し、政策的なものがあったのでしょう。

■基本情報(総括レポート by Music China

86,000平米の敷地に、30か国 1,606社が出展。 入場者数 60,172人
昨年比で、出展者数13%、入場者数15%増
欧米諸国の景気後退の影響で、外国人参加者は3245人に微減。

入場登録時のアンケートで、入場者の興味のある分野が質問されており、
その結果では、43%の人が、中国伝統音楽に興味ありと答えている

--- 以下個人的感想
※確かに、伝統音楽パビリオンでは年配の人の参加も多かった気がします。 
 じーちゃんたちが、会場の外の休憩所に集まって、セッションしてるなんて
 光景も数多く。

※たぶん、事前に、「今年は民族音楽力いれまっせー」なんてプロモーション
 やって、動員もかかっているものと思われます。


以上、全体概要のレポートでした。

次回より、E6 中国伝統音楽パビリオンの報告。 レポート2につづく
by soukichi_uchida | 2013-10-14 18:38 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)