2018年 03月 21日 ( 1 )
銀聯プリペイドカードに挑戦
 WeChat Pay や AliPay が日本の銀行や、クレジットカードに紐づけて使えるようになってるそうです。これができれば、中国に行ったとき、快適に支払いを行う事ができます。
でも、外国人にはまだまだ敷居が高い。

そこで、クレジットカードや、デビッドカードで、いかに効率よく・快適に支払いができるか?という試行錯誤を繰り返しています。

今回、その最終結論ともいえる、プリペイドカード、銀聯対応を見つけました。 申し込みはこれからですが、次回中国に行く時に試してみてレポートします。

まず、これまでのおさらい。

● 三井住友銀聯クレジットカード

 以前、三井住友で、銀聯のクレジットカードを作製し、中国で問題なく使える事を確認しています。でも、結局はクレジットカードであって、調子に乗って使いまくると、後で引き落とし請求が来て真っ青!なんて事もあります。
無茶使いしなければ、これはこれでOK。
便利に使ってます。
b0098997_23371653.jpg
● 三菱東京 VISA DEBIT カード
b0098997_23440852.jpg
 中国のATMで、日本の口座から直接「現地通貨」が引き落とせるという優れもの。
キャッシュレス化が進んでいるとはいえ、現金が必要な事もまだそれなりにあり、これがあるととても助かります。

さて、今回見つけた、プリペイドカード

● Neo Money 銀聯プリペイドカード
b0098997_23305540.png
 運営はクレディセゾンですね。
あらかじめ、決めた金額をチャージしておき、
「その金額の範囲」で、
現地で、銀聯のDebit カードの様に支払いができる。 
また現地ATMから現地通貨も引き出すことができる。

調子に乗って無茶使いする事も無い、というか出来ない。
これは、イイと思う。
さっそく申し込みをしてみようと思います。



追記:これ以外のプリペイドカードとしては、キャッシュパスポート銀聯対応、というのがありましたが、2016年にサービス終了となってます。

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  
   

by soukichi_uchida | 2018-03-21 16:21 | その他 | Trackback | Comments(0)