2018年 02月 13日 ( 1 )
その考えは老害だよ。
先日、SE関連の昔の友人と話してて思った事

僕らがプログラムを書いていた頃は、
Window システムが出始めた時代。
ウィンドウの表示や、ポインターの移動、入出力等など、全て自分でコーディングせざるを得なかった。目的のコーディングにたどり着くまでかなり余計な時間を費やした。それだけデバッグに要する時間もかかった。

それが、今では、いきなり目的とするコードを書くだけで済む時代になっている。N十年前に比べて、時間当たりで出来ることが格段に向上している。またその上で出来ることも大幅に増えている。

そんな時代に、「俺たちが現役の頃はな~」なんて言う、旬をとっくに過ぎたおっさん、どこにでもいるんだな。 そんなん、老害以外の何物でもない。
そんなオッサン職場にいるでしょ?

視点を変えて、中国の新幹線。
日本が試行錯誤を繰り返し、膨大な費用をかけて試行錯誤を繰り返して開発してきた新幹線。中国は、出来上がったものをコピーし、理解して、さらに発展させ、日本を上回る中国版新幹線を、中国中、そして世界に展開している。
日本で、パクリパクリとバカにしている間に、とっくに向こうが先に行っている。これは新幹線だけでなく、多岐にわたる業種でこうなっている。

次に、音楽に目を向けると、
僕らが、軽音を始めた頃、 バンドスコアなんて全くなくて、全てが耳コピ。ギターの早引きなんかは、テープの回転を落として、音を取ったりしてた。
今は、たいていのものが譜面化されてて、1曲コピーして仕上げるまでの時間も短い。
テクニック面でも、今はギターにせよベースにせよ教則本が用意されており、食い入るようにビデオや、コンサートで演奏者の技を見て盗むなんて事をしなくてすんでいる。
また、今はライブ、コンサート会場もその数、種類が多数用意されており、設備も充実しており、準備・実施にかかる手間やコストも格段に低減されている。

じいさんになりかけのオッサンとして、自分を戒めたい。

俺たちの頃はこんなに苦労したんだ!
だから、お前らも苦労しろ!
なんて事は決して言わないでおこう。
(言いたくなるけど)

若い人たちには、おっさんたちがしてきたよけいな苦労をせず、僕らができなかった事をどんどんやっていって欲しいと思うな。
二胡の世界でもね。
b0098997_01443722.jpg
b0098997_01445812.jpg


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



by soukichi_uchida | 2018-02-13 01:46 | その他 | Trackback | Comments(0)