2015年 05月 01日 ( 1 )
パスポートを無くした話。その1(恐るべし公安の監視カメラ at 無錫)
無錫の梅村鎮に出来た、二胡文化創意園に行った時の事。
b0098997_13490492.jpg

その時の過去記事はこちら↓↓↓
(古い順)
-------------------------------------------------------
で、本題

上海駅から無錫駅まで新幹線(高鉄)で行き、
二胡文化園近くの公園で一休み、
さあ、行くぞと言う時に、パスポートを入れたポーチがない事に気が付く。

あたりを探したが、落とした形跡はない。
どこで、落とした??
取られたのか?
新幹線かタクシーに置き忘れたか???

慌てて、日本領事館に電話をして、指示を仰ぐ。

指示に従い、最寄の公安派出所に行き、紛失の届を行う。

公安の派出所ってのはこんな所
b0098997_13515189.jpg
ここで、貰える書類は、「事件発生証明書」
紛失届や、紛失証明ではない。

派出所で、パスポートをどこかで、落とした事を伝えると、
なにやら、サーバールームの様なところに連れて行かれ、
タクシーを降りた場所と時間を聞かれる。

係員が、監視画像画面の操作を行うと、
僕が乗っていたタクシーの映像が、、、

「これはお前か?お前が乗っていたタクシーだな?」
と聞かれる。

画像からタクシーのナンバーを調べて
タクシー会社に、置き忘れが無いかを問合せ、
タクシー内にない事を確認。

次に、タクシーを降りてから、公園、派出所までの経路を確認
すごい、全部に僕が写っている。。。

このへんで落としたんじゃないねー、との公安係員の言葉。

パスポートが出てこなかったことよりも、

公安がその気になれば、
僕の全行程を監視、
トレース出来るんだ

ということに愕然。
b0098997_14002361.jpg
街のあちこちに、こんな監視カメラが設置されています

----
ちなみに広州市内には、約40万台の監視カメラが設置されています。

中華人民共和国駐日本国大使館のHPより

また、都市伝説ですが、
 一部上場企業の役員クラスが中国に入ると、全行程チェックされてるみたいですよ。
 KTVに行って、小姐といちゃついでる写真なんかは全部おさえられてるそうです。
 (某KTVの老板談)
---

閑話休題

諦めて、上海に戻り手続きをすることを決断
しかし、ここからが大変

中国の新幹線はチケット購入には実名証明が必要、
つまり、外国人はパスポートが必用

それが無い・・・・

バスで何時間もかけて帰るか?
高い金はらって車で帰るか?

しかし、
 なぜか、持っていたパスポートのコピー。
 それと、公安の派出所でもらった紛失届
これらをチケット売り場の窓口で見せて必死に説明
なんとか、上海行きのチケットを購入。

新幹線の中でのチェックもなく、無事上海に到着。

さあ、ここからがまた大変

追記:
 財布とカードは、ポーチには入っておらず、
 日本の運転免許証での本人確認ができて
 カードも使える状態だったのが、せめてもの救いでした。
 これもなくしていたら、身動きできませんでした。

その2に続く

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2015-05-01 14:10 | その他 | Trackback | Comments(5)