2009年 11月 25日 ( 2 )
琴窓の謎 1
琴窓、 花窓ともいうそうですね。 どっちが正しい呼び方なんだろう?
・・・ これが「謎」ではありません。

その効果はいったい何だろう? 
あのデザインの根拠はなんだろう? が今回の謎です。

まー懲りもせずに、これまでの問題に決着をつけないままに、次から次へと。。。
※きっと、中国語が読めると、これまでに発表されてる文献とかがあるんでしょうね。

まず現状分析から

デザインは
六角タイプの二胡では、大別して、上海タイプと蘇州タイプの2種類で、若干の違いはあるものの、下図のデザインとなっている。(北京八角は、ここでは、ちょっと忘れときます)

それぞれ、開発の過程での試行錯誤があって、最終的このデザインに落ち着いているのだと思う。
b0098997_6102234.jpg

その効果としては
・音量と音質の調整。 (アッテネータとフィルターですかね。。)
・見た目の美しさ。

※ 音でかくするにゃあ、かまわねーから、こんなもんとっちまえ。  
   あ、でもちょっと音質調整したいんで、少しなんか付けるか。 
   ってのが北京タイプなのかな?

さて、ここから、どう展開していくか?

とりあえず、琴窓の有無での比較は、また控制綿での手法で分析できるでしょう。 
まずは、この辺から手を付けて、デザインの根拠とか、最適の琴窓のデザインなんかに話しを持っていけるといーなー、なんて考えてます。

あ、でも、蘇州1号は、「 メリリッ 」って鳴ったんだっけ、、外せない。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-25 06:37 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
琴窓が 「ミリリッ」 と
蘇州で購入した蘇州1号君、 琴窓の仕上げが、いまいちガサツで気に入らない。

明日にでも 「DYI の店でぺ―パー買いに行って、自分で仕上げるかー」と
ゆるーい決意(?)をする。。

で、琴窓を外そうとしました。
結構きつく入ってて、なかなか外れない。 
「んー、こりゃちょっと接着剤はいってるなー」と思いながら、ちょっとずつ、ジワリジワリと外していく。
そしたら、
   「 ミリリッ! 」
ってやな音が。。。

あわてて、押し込む。
見た目も分からないし、これで音がビビる事もなさそうだし、

ここは無かった事に。。。 

自分がやった、いやな事は とっとと忘れる。
人から受けたいやな事は 決して忘れない!。

by soukichi_uchida | 2009-11-25 04:52 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)