2009年 11月 15日 ( 7 )
控制綿のナゼ?
控制綿、副駒 とも呼ばれ、二胡の音質を決める重要なパーツですね。

主な目的は、「雑音」の低減。前後させる事で音質も変化する。

材質も、スポンジから、フェルト、皮、複数材質の合わせ技、大きさの調整など、皆さんいろいろ工夫されてます。

ここでも、エンジニアの癖がウズウズしてきます。
雑音の原因を理解して、その対策を考えるきだー、 とばかりに、いつもの様に答えの出ない机上の空論に突入します。

まず、控制綿が無い場合を考えてみましょう。
1) 駒から下に弦の振動が漏れ伝わっている。
  ※これは、音を鳴らしてる時に、この部分を指で触ってみるとよくわかる。
2) その振動は琴托のフックを経由して、琴筒本体に回り込む。
3) たぶん、端(フック)からの跳ね返ってくる振動もあるに違いない。
つまり二胡を鳴らすのに、不必要な振動が発生している。

これらが、雑音の原因じゃないか思われる。
b0098997_2281259.jpg
控制綿を入れる事によりこの振動がカットされ、雑音が低減する。 というカラクリなんでしょう。
b0098997_2227268.jpg

材質の固さ、柔かさによって、この余計な振動を抑える差がでるのは当然だし、個々の二胡、駒の特性によって、どういう物がいいかが、決まってくるんでしょう。

よく解らないのが、控制綿と皮との関係だ。
控制綿は皮に対して何をしている?

控制綿を戦後させる事により、音量が変わります。 
駒に近いほど音は小さくなり、雑音低減効果が高い
駒から離れるほど、音は大きく、雑音が多くなる。

これは、理解できますね。 
控制綿が駒から離れるほど、駒から漏れる振動は多い ⇒ 雑音は多い
控制綿が駒の近く(つまり皮の中心部)にあれば、皮の振動そのものを妨害する。

控制綿の皮に対する役割は、皮の振動を調節、つまり音量の調整なのか?
それだけだったら、控制綿は皮とっては、あまり必要のない存在なんじゃないだろうか???

こんなのは、どーだろう?
b0098997_2254529.jpg
上から見ると、こんな感じ。
b0098997_22562715.jpg
皮の振動を損ねることなく、駒から漏れる余計な振動を抑え、雑音を押さえる!

うーん、やってみよう! でもガッカリする結果かもしれないな。。。
何か大きな見落としをしている気がする。。
by soukichi_uchida | 2009-11-15 23:02 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
残念! 立川 吉祥菜館
もともと、吉祥寺にあったお店ですが、立川に 吉祥菜館 という、知る人ぞ知る中華料理店がありました。みせのオーナーのおっちゃんは、 日本人ですが、中国育ち(日本語も中国なまり)、奥さんは中国人で 元ピアノの先生だそうです。

料理は、北京系で、北京ダックが売りでした。
私は、そんな高級料理よりも、 メニューにないのに作ってもらった 「トマトと卵の炒め物」とか、「酸辣湯(サンラータン)」が好きでした。

料理のおいしさもさることながら、この店の最大のウリは、お客さん達の食事が一段落したころに始まる、おっちゃんの二胡と笛の演奏でした。(何人かの方がブログで紹介されてたりします)

このおっちゃんの二胡の演奏は口コミで広がり、知る人ぞ知るお店になっていたのでした。私も、会社の飲み会とかで、よく利用していました。

ある時、他のお客さんがいない時に、「おっちゃん、おれ二胡習ってんだ、弾かせて」といって、お店でおっちゃんと軽くセッションしたりしました。おっちゃんは、「二胡の仲間いるんなら、つれておいでよ。 みんな一緒に弾こう」と言ってくれてました。

ある時、予約をしようとお店に電話を入れたところ、おっちゃんが出てきて、体調を悪くして、お店を友人に譲ったとの事。 その後、後に出来たお店に行って、おっちゃんの消息を聞いてみたところ、北京に帰って(?)入院してるとの事でした。 元気になってまた「帰国?」してほしいですね。。

立川で、気軽に二胡を聞いたり、弾いたりできる所だったのに、とでも残念です。
by soukichi_uchida | 2009-11-15 19:31 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
中国二胡屋(琴行)や博物館などの情報やリンク 上海 Update
中国二胡屋(琴行)や博物館などの情報やリンク 上海  を Update しました

1 楽悠琴行 情報追加
クマールさんという、上海に二胡留学されてる方の HP 「クマールの上海音楽院留学記」  から、許可をいただいて、楽悠琴行の画像リンクを貼らさせていただきました。
楽器屋のおっちゃん、ついに顔見せ!

2 上海民族乐器一厂 情報追加
上海ナビさんのお店紹介記事追加。
ミニチュア二胡の紹介
by soukichi_uchida | 2009-11-15 16:27 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
二胡は、唯一(?)世界に誇れる オリジナル
パクリ(山塞)横行、パクリ天国、著作権無視などといろいろ言われてますが、
唯一(?)二胡は、中国が世界に誇れるオリジナルなんじゃないでしょうか?

確かに、その起源や、アジア各地に多数の類似の楽器があることから 100%オリジナルじゃないかもしれません。
韓国の 「ヘグム」 とか
b0098997_433063.jpg
 
ベトナムの 「ダン・ガオ」 とか
b0098997_4264093.jpg
 
ま、これも、「我が国が起源だ!」とか言い出す国が出てきて、論争になりそーな気がしますね。。(^_^;;

でも、ここ数十年で、「二胡」という楽器の構造、演奏技法を進化させ、これを世界に広めてきたのは中国です。

あきらかにパクリだと解るコピー製品を、パクリと指摘されて
「なにを言うか! これは我々のオリジナルだ! 二度とパクリいうな!」
なんて、笑いのネタを提供するよりは、 

  二胡のよーに誇れるものを誇りましょーよ

パ、、、パンダ もそ-だっけ? 
(ある国の動物学者がパンダは自国起源だと主張しているそーな。 
 すごいぜ、ある国)

うむむ、きっと 二胡の起源も ヘ×▼ なんだ。。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-15 04:49 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
四畳半弾き
今日、老師に言われた事。

忘れないうちに。 二胡 Wiki  じゃ。

四畳半弾き: 運弓が小さい事をいう。 

4畳半の部屋で、
 近所迷惑を気にしながら、
  小さい音で練習しているうちに、
   運弓が小さくなり、
    それが、体に染みついてしまう。

私の事です。。。。

さらに、弾く事にいっしょー懸命で、必至で楽譜を見てて、
結果として、 「弓を大きく使うには、姿勢が重要!」な状態に陥る。。。

これらを総称して、「四畳半弾き」 という。。
by soukichi_uchida | 2009-11-15 03:11 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
24時間 リソースを 有効活用
これは、全て聞いた話ですが、φ国の知人、出張者からの情報です。 ありそーな話しです。

あっちの話しと こっちの話し2本立てです

-----------------------------------------------------------
■ こっちの話し

φ国の 広い東の方にある ×市の工場での事。

大手 IT機器メーカーの電子機器を製造している立派な会社。(定時間内は)
ところが、就業時間が過ぎて、社員が帰ると、 どこからともなく別の社員が出てきて、別のお仕事が始まる。

別のお仕事と言っても、同じ機材、同じ部材を使って、昼間とほぼ同じ物作ってる。
結果、昼間の仕事の具止まりや原価率が、なんだか悪い。。。
普通は、昼間の社員たちは、異常に気が付き原因を調査するはずだが、 しない。
極まれに、異常に気が付き、上司に報告するのもいるが、翌日には解雇。。。

感の良い方は、もうお気づきですね。。 ある 山塞製品の現場 です。
元が本物なんで、製品の性能と質が、格段に向上しているんです。 質もそうなんですが、鉛とかカドミなどの有害物質含有量もキッチリ規制対応している。

数年前に購入したある山塞機は、某社の装置で測ると有害物質てんこ盛りでした。。。 ところが、最近購入したいくつかの機種をはかってみると、みな全て 有害物質含有量の規制値をクリアしているではあーりませんか? 驚きです。。

山塞メーカーも、環境に配慮した製品を作っているのか?
そーではありません。
たまたま拝借している工場の機材や部品が対応しているだけなんでした。。。

--------------------------------------------------------------------
■ あっちの話し

ある 4★ホテル、外に出なくても、食事から、スポーツ、リラクゼーション一通りそろってるホテル。 その中で、美容マッサージ、エステを唱っている施設がありました。 昼間はそのとーりの事やってます。
ある晩、出張でφ国に来ていたSお君、仕事を終えて、ホテルに戻りました。明日は帰国です。
疲れをいやそうと、ホテルの案内にあった、マッサージへ。。。

「ん、なんだかホテルの案内の絵と雰囲気違うぞ」、、

と思いながらも中へ入ってしまったSお君

「お、おい違う、違うんだ、俺わー」 
「あ、や、やめんか、コラッ」「あ”~」。。。。

Sお君は物すごく疲れを癒されたとさ。。。
そうです、ここも昼と夜で、従業員が全て入れ替わっていたのです。。。

--------------------------------------------------------------------
こっちでも、あっちでも 民間レベルで 24時間 リソースの有効活用やってるんですね。。 恐るべしΦ国。 
by soukichi_uchida | 2009-11-15 00:57 | その他
効果覿面
効果覿面の 「覿」 なんて、PC 使ってないと書けません (^_^;;

四字熟語データバンク より。

意 味: ある事柄のききめや報いがすぐに現れること。すぐにはっきりとした結果や効果が出る。

「報い」ですって、「報い」。。。。 

で、本題。

今日は久々のレッスン でした。
 月2のレッスンで、前回お休みしたので、ほぼ1カ月ぶりのレッスン。

その間、中国行く準備やら、行ってる期間やら、
帰ってきてから、
 ブログにかかりっきり、
 購入した二胡をいじくりまわしてたり。。 

ぜんぜん練習しとらんかった。。。

「効果覿面」、、、ボロボロでした。 しかも、まだ使い慣れてない 蘇州1号。。。

反省。。 練習しなきゃ  
by soukichi_uchida | 2009-11-15 00:27 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)