きんぺいさんのポスターに墨をかけた少女の件で思う事
7月4日、上海で一人の少女、董瑶琼さんが習近平国家主席のポスターに墨をかけ、そのご行方不明になったというニュースが(中国国内以外で)話題となっている。
中国では、動画は即削除。

僕は、個人的には、仮にも一国の首席に対して、こういう事をするのは決して賛同することはできない。 よほど不満があっての事だと思うが、他にやり方があると思う。

でも、怖いのが、この娘がその後行方不明になっている事。心配です。
お父さんが、ネットで娘を返せと訴えているものの、それも削除されたり。

その後の政府としての対応がまた面白い、全国各地で、きんぺいさんのポスターや写真が党中央の指示で撤去されているらしい。
かつて、広州で、デング熱対策の一環として、発生源となる下水口に、網をかけるなど蓋をするという対策があったけど、何かが違う、本質じゃない対策。
墨を掛けられる不満要因は何か?それに対してどうする?を考えるべき。
まあ、緑化と言って山に緑のペンキ塗ってみたり、これも中国アルアルの一つだな。

しかし、日本はいいね、
安倍総理の写真やポスターにちょび髭つけたり、人形をミサイルにしても、なんのお咎めなし、やりたい放題、いい国ですな。

b0098997_19395605.jpg
b0098997_19394540.jpg

―――――――――――――――――――――――――
 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ  

   二胡 二胡 中国 上海 広州 二胡 

by soukichi_uchida | 2018-07-16 20:04 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://soukichi.exblog.jp/tb/28473903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
中国携帯 国内ローミング費が無... >>