2万元 伝説 - 你不要
リーマンショックの以前、中国が人類史上経験をしたことが無い発展をしている時、多くの日系企業が中国に進出して中国と共に発展し、その恩恵にあずかっていました
この事は過去の記事
でも軽く触れています。

当時、その発展していた***産業の駐在員さん達の羽振りも相当よかったようです。KTV(カラオケのあるキャバクラ)などの日本人相手の夜のお店、そこでの豪遊、「彼女」という名の愛人づくりなど等。そもそも会社の金で飲んでるし。

ある大企業の人達が、広州の有名ホテルでKTVの女の子の集団お持ち帰りで、集団検挙ってのもこの時代だな。

当時の「彼女」の相場は少なくとも月2万元だったそうです。

2万元 だとぉ~! 

私の現地で受け取る給料をはるかに超えた額です。しかも無税。
ちなみに、そこそこの大学の新卒の当時の初任給は3千元ぐらいです。

2万元払ってもなおかつ中国でふつう以上の生活ができる、
そんなお給料をもらってる人たち(駐在員)がいるんですね。 
※2万元/月×12=24万元=408万円/年
 そんな価値が彼女たちにあるのかい?

その後、アジア大会に向けた広州市の浄化、リーマンショックによる
経済の急激な転落、に日中間系の悪化による日本製品の販売不振などから、
「豪遊」も下火になり、「彼女」の相場も「彼女」になれる率も下がって
いったそうです。

でも、「彼女になれば2万元」って話は各店の女の子の間で今も「伝説」
として残っており、
「私もいつかは2万元♡」
という夢を持ち続けてます。

ある時お店の女の子から聞いたのは、数年前、ある***の部品メーカーの部長さんの彼女だった。やはりひと月2万元もらってたそうな。
※***産業の人は特に羽振りがいいそうです。広州とその周辺には、
 3大***メーカーとその周辺企業がわんさかありますね。

その子の彼氏は日本に帰ってしまい、
「次の2万元」を探してるとのことでした。

で、僕も聞かれました。 
「あなたなら幾ら出せる?」と

「そんなもん出す気ねーよ。
 だしても500元!/月だね~」 と答えると。 

「你不要」(おまえいらねぇー)の一言

 ※けっ! お金沢山あったとしても、
  だれが、お前なんぞに2万元なんか出すかよ~(`<

13年は各***産業の販売台数シェアも回復し、業界関係者の羽振りもよくなってきてるようです。でも、皆さんほどほどにね。
他に楽しい事いっぱいありまっせ。

追記:
 なかなか信じてもらえませんが、僕は全くお酒を飲みません。広州の事務所では日本人は僕一人なので、お店に行く事は普段ありませんが、出張者対応や接待などで行く事があります。飲まない=酔わないなので、いろんな裏話をしらふの状態で、お店のスタッフなどから入手してます。いろんな話ありますねー。 ちょっとここでは書けないようなのも。 
一部上場企業の人達注意した方がいいですよ~。特に偉い人。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村




by soukichi_uchida | 2014-02-02 03:38 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://soukichi.exblog.jp/tb/21973519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Music China 20... これもダメでしょ!  これもー >>