二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
タグ:構造分析 ( 148 ) タグの人気記事
究極の駒?
究極の駒を考える

駒に関しては、多くの人がそれぞれのうんちくを持ち、それぞれの二胡にあった音、いい音を求めて研究し、自作したりしている。 WEB や Blog でも駒の話題は、豊富だ。 私も、いろんな駒を試したり、ハンコの石とかで自作してみたり、市販品の改造したり試行錯誤を繰り返してます。

共通している認識は、
1.形状により音が異なる
2.材質により音が異なる
である。
おそらくこの範疇で色々な形状、色々な材質の駒が作成され、販売されてもいる。
では、どんな二胡にもあった究極の駒は作れないのだろうか?

弦と駒の関係だけなら、可能であろう。
しかし二胡の場合、皮の違いと琴胴の組み合わせで音質が大きく異なっており、楽器それぞれの特性を持っている。従って、どんな二胡にも合う、究極の駒の作成は実現困難だと思う。

結果として、駒にこだわりのある人は、試行作偽を繰り返し自分の二胡にあった、または、気に入った音を導き出す駒を選択している。

そんな事を言っていると、究極の二胡は作れない。

ここでは、皮や琴胴と駒の関係は、忘れて、駒の形状はどうあるべきかを考察してみる。

二胡の駒は、一つの駒の上に、日本の音程が異なる弦が乗っている。つまり、一つの駒で、異なる高さの音を皮に伝えている。
駒にあいている穴は、内弦と外弦の振動を分ける役割を果たしていると思われる。また、底面完全に分離した門型の物も存在しており、内と外弦の振動を分けようとしている事がうかがわれる。
こんな形の駒も市販されてます。
b0098997_18514492.jpg


●実 トライアル
自作とまでは、いかないが、上の駒を参考に、手持ちの駒をこんな感じに改造してみた
b0098997_18572314.jpg

うーん、二胡の音は、なんとなくクリアになったような気がする。
今この駒がお気に入りです。

●想像(妄想)編
しかーし、こんなん↑じゃ済まされない。まだまだ出来ることがあるがずだ!
どうせ、音を分けるんだったら、外弦、内弦用それぞれに駒があってもいいんじゃないか?
えーい、外弦と内弦の駒を分離してしまえー!
材質だって、内、外でそれぞれの周波数特性にあった物を使えばいいんじゃないか?
などなど、妄想はどんどん膨らんでいく。
こんなん↓を想像してみた。
b0098997_1981622.jpg

さすがに、内、外完全に分離すると、不安定なので、ブリッジ(図中 灰色の部分)をかませる。 お互いの振動を伝えない様にする為に、ゴムの様な材質にする。 ただし強度は必要。
それぞれの形状はこれでいいか? 底面はもっと大きくでもいいのでは?音量のバランスはどうか?
などなど、、妄想はまだまだ続きます。。。(^_^;;
by soukichi_uchida | 2009-10-21 20:18 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
千斤の適正な位置(音の波長から考えてみる)
別の角度から、考えてみた。

外弦の A は、音楽のヘソみたいなもん。
誰もが知ってる(?) 440Hz
音の速さは、だいたい 340m/sec

とすると、A の波長 λ は
λ(波長) = 340 / 440 = 0.773m 77.3 cm

つまり、駒~千斤までの距離を 77.3cm にしてやれば、
A の1波長分だ。。

いいぞ、いい感じだ!

ん、、、まてよ、、 77cm って、全部合わせると、チョー長い棹の
二胡になってしまうぞ。。

じゃあ 半分ではどーだ! 1/2 波長は、 38.5cm

おおっ! これだ、このぐらいだぞー。

僕の二胡の、千斤を付ける位置の マーキングもこの辺だ、
やっぱり根拠があったんだー!
b0098997_20583991.jpg

高い位置にあれば、あるほど、いいって訳じゃないんだ。

-----
ん、、、内弦 D はどーなんだ、、
いまいち、つじつまが合わん。。。

まー、いーかー。。。
by soukichi_uchida | 2009-10-20 20:59 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
千斤の適正な位置(作成中2)
理想の千斤の位置を求めて、だらだらと、、、(続き)

2年ほど前、近所に住んでた、中国人演奏家の漂亮的おねーさんに
二胡を習ってた時、気が付きました。

先生の腕と指は、俺より短い(小柄な女性だし)。でも千斤の位置は
そんなに、低くない。

小さな手で、正確に押さえてるし、、

じーっと先生の左手の動きを見る、見る。。。。。

千斤の位置を中心に手首が回転している、
ぱっと回転して、ぱっと戻る
手首というか手の甲がひらひらと。

うーん解説困難。

でも、これに気が付いたら、指が届かない、つらいって事がなくなった、、
気がする。。

でも、だんだん、千斤の位置から、左手が下がっていってしまって、
音程がずれる。
ぱっと、戻すときに正確に千斤の位置に戻す。。

うーん、やぱり、解説困難

またまだ、工事中。。。
by soukichi_uchida | 2009-10-19 22:38 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
千斤の適正な位置(作成中)
理想の千斤の位置を求めて、だらだらと、、、

千斤は上駒とも呼ばれ、弦は駒と千斤(上駒)の間で振動している。
この千斤の位置をどの辺にするかが、実は悩ましい。

コマの位置を移動できる楽器はあまり存在しない。
お琴なんかは駒の移動できるが、主にチューニング目的だと思う。
ギターなんかは、ほぼ固定。

二胡では、千斤の位置は、
琴胴~千斤の長さ = 左手のひじから中指の付け根の長さ
と言われている。
つまり、人によって千斤の位置は異なる!

僕は、足も短いが、腕も短い。したがって、定説通りに千斤をセッティング
すると、えらく低い位置になる。 音もなんだか、弱々しい 。(腕のせい?)

先のうんちくでも書いているが、同じ力で弾いた場合、千斤の位置が
高いほど音は大きくなる。また、いい音が出ている ( と思う、たぶん )。
YouTube で見かけた、許可さんの千斤の位置なんて、目いっぱい高い
位置でした。。。(あれは、弾きづらいぞ)

でも、高ければ高いほど良いんじゃなく、きっと一番いい場所があるに違いない。

我的二胡(北京満瑞興)の棹には、「千斤はここから、ここまでの間にしてね」
ってマーキングがしてある。
「いい音をだすなら、この範囲がお勧めよ」って。

での、このマーキングの中にる様に、千斤の位置をセットすると、指がとっても
つらい。(腕も短いけど、指も短いんで、、、)

さーどする。 (続く)
by soukichi_uchida | 2009-10-19 22:15 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
おまけ、 千斤の巻き方
b0098997_22524845.jpg
b0098997_2253083.jpg
b0098997_225313100.jpg
b0098997_2256528.jpg
b0098997_2257267.jpg

by soukichi_uchida | 2009-10-17 22:57 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
コマのうんちく
b0098997_22455235.jpg
b0098997_22455977.jpg
b0098997_2246744.jpg

by soukichi_uchida | 2009-10-17 22:46 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
千斤の位置と音量の関係
b0098997_22392422.jpg
b0098997_22393528.jpg
b0098997_22394757.jpg

by soukichi_uchida | 2009-10-17 22:40 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
二胡を 力学的に分析してみる
どうやったら、きれいな音がでるのか、いろいろ悩んでいた。

二胡の構造、弓と二胡の関係など、力学的に考えてみた

順次UP予定
b0098997_9584090.jpg

by soukichi_uchida | 2009-05-10 09:59 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)