二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
タグ:山寨 ( 28 ) タグの人気記事
偽Phone5(from 広州)
蘇州編に行く前に、 以前広州編で報告予定だった、偽Phone5のレポートを。

5が出るぞ、出るぞ~と期待してたら、4S になっちゃって、拍子抜けした人も多かったはず。
この偽Phone5を作った連中はどう思ってるのやら。。

ということで、わざわざ、山寨の5が欲しいといって購入した「偽Phone5」
b0098997_4421120.jpg
本体にも、箱にもどこにもiPhone5という表示は無い。 ただ、「五代」というシールが貼られている。 これをもってして、「偽Phone5」。
価格は300元。ディスプレイは静電式ではなく感圧式。 だからスタイラスペンが付いている。
ちなみに、お店のおねーちゃんは、静電式の800元のを勧めてました。

サイズは、iPhone4(これも偽物)より一回り小さい。
b0098997_4542096.jpg
厚みは4とほぼ同等
b0098997_4572578.jpg
裏蓋を開けると、
b0098997_4592865.jpg
本物ではありえないマイクロSDカードが使える。 SIMカードは1枚刺し。 なのに、、、画面上では、
b0098997_515914.jpg
アンテナが2本立ってるし。。。

裏蓋には、
これと
b0098997_541014.jpg
これが、、、
b0098997_542056.jpg
2GのマイクロSD入っとるだけなのに、32Gとか書いてあるし、FCとかCEマークまで、、ほんまに認証受けとるんかいな??? 印刷してあるだけだな、きっと。

b0098997_5112832.jpg
写真以外、何も印刷されてません。

まあ、この山寨 偽Phone5は実用には使えません。あくまでネタなんですが、本物がリリースされてないだけに、ネタとしての価値もいまいちです。

それに比べて、 同時に購入した、 iPhonDroid こいつはAndroid Phone として実用品です。今回の中国旅行で大活躍しました。
MediaTEKという台湾の会社のMT65XXって統合Chipで構成されてて、09~10年に多くの携帯メーカーが採用したようです。(ちなみに自称MultiCore)
b0098997_5394578.jpg


山寨ケータイ探しの旅は、まだまだ続く!
by soukichi_uchida | 2011-11-06 05:44 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州へ 2 ( iPhonDroid )
ずいぶん時間があいてしまいましたが、広州編その2です。

広州といえば、東莞、深圳(セン)という、世界最大の山塞生産地域!
広州市内にも、山寨製品がワンサカ売っています。

琴行めぐりは、さっさと諦めて、L君に付き合ってもらって、
広州の電気街へ。

あるわ、あるわ、怪しげな店が(^o^/

ケータイ屋がわんさか入ってるビルへ。
中国ではありがちな、1フロアに、1ブース四畳半~三畳ほどのケータイ屋が
ひしめき合ってます。

L 君いわく、
「店は沢山あるけど、卸してるところは同じなので、どこで買っても同じですよ」
との事。

じゃあ、ってそのへんの店で、物色開始。

もちろん探してるのは山塞ケータイ。

事前に、
・まだ発売されてない iPhone5 の山塞ケータイがもう出ているらしい。
※質は劣悪
・外見は iPhone4 なにの、中身は Google Android のケータイがある
って情報があったので、それに絞り込んで探索!

中国にくるたびに、山寨ケータイや、偽Padを買うってのが、中国人のL君には全く理解できないらしい。山寨製品、パクリ製品をさんざん作ってる国だけど、そこの人民は本物、ブランド志向。
ちなみに、L君も本物(?)の iPhone4 使ってました。

ということで、ケータイ屋でのバトル開始!

青: 僕 or L君
赤: 店のねーちゃん

山寨ケータイ探してるんだけど」
「うちには、山寨なんて置いてないよ、真的だけだよ」

「あ~、わかったわかった。 さっさと山寨出せや!」
「Hi-Phone5 とか、 iPhone4 で Android 入ってるやつ探してんだ」


「ちょっとまって」といって売り場の奥に、、

あっさりと、iPhone5 らしきものが出てきました。。。。
(iPhone5 に関しては広州へ3で紹介します)

「おいおい、うちには山塞おいてないってたじゃねーか、あるじゃん」
ねーちゃん、笑いながら無視する。

で、次の Android iPhone の説明が難しかった。

持ってくるのは、以前購入した 偽iPhone4 と同じもの。 
OS が iOSもどきの物ばっか。(日本語化できねー)

Android ってのは通じなくて、
「谷歌-iPhone」 でようやく理解してもらえました。
で、あっさりと物が出てきた。
※谷歌: gǔ gē と発音(これが難しい) Google の事です。

それで出てきたのがこれ!(僕用にカスタマイズ済画面)
b0098997_234553.jpg
わはははは、見た目は iPhone4、中身はちゃんとした Android です。
「これじゃあ、これ!」  でも、その後の価格交渉のために、
「何じゃこれっ」てな態度で、欲しそうな顔はしない。

価格交渉は、現地人のLi君がいるので、そこそこスムーズに。
最初、偽iPhone5 と合わせて 2200元ってぬかしやがった((# ゚Д゚)

「どーせ山塞だろ、2つで 800だ!」から始まって、1300に落ち着きました。
粘れば、まだまだ行けそうな感じでしたね。。。。

ちなみに、電源ON後の立ち上げ画面で、ドロイド君がりんごをかじるというアニメーションが出る物もあるらしいのですが、これはフツーに銀色のりんごでした。。(残念!)

●スペックの概要としては、
 OS: Android 2.2.1 (日本語なし)
 通信方式は GSM、当然日本では使えません。
 WiFi、Bluetooth、GPS、FMラジオ
 Dislay はマルチタッチ静電方式。 
●使ってみた感触は、 以前の 偽 iPhone4 よりはサクサク感あり。
 動画のコマ落ちが無い。

う~ん、いいオモチャ手に入れたぞ!
当面の課題は日本語化です。

詳細は、広州へ(番外編)でレポート予定。

広州へ3(劣悪 偽 iPhone5 )に続く。
by soukichi_uchida | 2011-09-12 00:42 | その他 | Trackback | Comments(0)
究極の山寨 iPhone4
これまで購入し中で、最高品質というか最高の山寨携帯です。

その名も、 iPhone4。
恥じることなく、iPhone4 を名乗っています。

これまでのは、あくまでパクリ、 本家を超えた山寨だ! 
というプライド(?)が感じられたんですが、
こいつは極悪!
騙すために製造された、極悪山寨です。

本体には、
  Designed by A○○le in California Assembled in Taiwan
 と印刷されてます。
でも、箱には、
  Assembled in China と書かれているんですけどね。。。

たしかに、かなり出来がいい。ちょっと見、ちょっと使ってみても本物?です。
本物より少し軽いようです。
(本物持ってないのに、このコメントはいいのかい!)

価格は、値切って1000元。

スペックは、
・タッチスクリーン: 静電容量式で、マルチタッチ対応。
 指での操作もサクサクです。画面も綺麗
・メモリ: 箱には32Gと書いてあるけど、4Gしか入ってない。
・CPUスペック不明
・通信方式はGSM (3Gではありません)
・WiFi、・BlueTooth 対応

アプリですが、当然 Apple Store なんて使えるわけない。
でも Java のアプリはダウンロードして使えます。

正面と裏面
b0098997_20987.jpg

側面 ミュートスイッチはダミーでした。(残念!)
b0098997_153083.jpg
 底面
b0098997_271071.jpg
箱と裏面の印刷
b0098997_1531824.jpg
b0098997_1532566.jpg
内容物 アダプタは本物と互換性あり
b0098997_1533367.jpg
本物用のケースを付けたところ、うーんますます本物
b0098997_1534325.jpg


◆2011/1/10 追記
この偽iPhone の正体が少し見えてきました・

台湾の MediaTek って会社のチップを使ってます。
ARM系のRISC プロセッサで、こんな仕様です。
● GPRS class 12; EDGE
● ARM9 @208MHz
● MP3/FM support
● 2Mpixel camera
● QCIF video
● WiFi/GPS support
● Excellent Java performance
● Pre-integrated with MediaTek's highly proven SW platform.

詳しい説明は、Wikipedia の解説ページを参照願います。

どうやら、中国携帯では、よく使われているプロセッサのようです。

ケータイを作るための、HW,SW すべてが用意されているんですね。
φ国の山塞メーカー(おそらく、南の地域、深センとか)は、これを購入して、開発リスク無しで、山塞機を造ってるんでしょう。
すげぇーぞφ国と思ってましたが、元は台湾なんですね。。
by soukichi_uchida | 2010-12-28 03:12 | その他 | Trackback | Comments(0)
ふつーに使われてる、山寨ケータイ
ふつーに、使われてる、といっても、
現地人の一定の収入がある連中は、こんなの使うの嫌がります。

むしろ、日本人駐在員が、
「安いし、使えりゃいいじゃん」って事で、ふつーに使ってる携帯です。

SNAHP これは、どう読むんだろう?
b0098997_20223884.jpg
 こいつは、蓋の開け閉めだけで、ギラギラあとはでにLEDが光りまくる。。これじゃあ、あっというまに電池がなくなるのでは。。

Sony Erisson 
b0098997_20233558.jpg


この辺は、見てすぐに、偽物と解るので、それほど性質が悪くない。
※オイオイ、認めてどーする。。

次に紹介するのが、
これまで購入してきた山塞ケータイの中で、最高傑作!
iPhone4 の偽物。 

to be continued !
by soukichi_uchida | 2010-12-19 20:28 | その他 | Trackback | Comments(0)
山寨 三兄弟! 
3つ並べて、山寨三兄弟です。 

がはは。 素敵だぜ! Φ国プロダクツ!
b0098997_1352326.jpg
 右から
 ・偽 Pad (7inch Android Tablet PC)
 ・偽 Phone (Sci Phone i9+++)
 ・iPhone mini (Q Mini)

パクリとはいえ、本家にない機能もあり、時間を重ねる毎に進化してます。 

一番役に立ったのは、偽Pad かな?
Android って OS の構成や、使い方を学習できました。(まだまだ勉強中ですが)
他は「ネタ」ですね。

※でも、それぞれ元を取るまで使いこんでますよー。
  S尾君! 電源入れて満足してちゃだめだよーん。

このシリーズ、新ネタでるまで、ひとまずお終い。

そろそろ本筋にもどって、二胡やんなきゃ・・・・・・・(^_^;;
by soukichi_uchida | 2010-09-21 01:46 | その他 | Trackback | Comments(1)
iPhone 4? mini TV
Y君が購入した山塞ケータイ。

iPhone4 山寨で mini。 さらに TV(アナログ)機能付。
これで400元は、お買い得(?)です。
TVを除くと、iPhone mini(CCK13) と同じスペック。 でも usb-tek の HP には掲載されていません。

---------------------------------------------
表と裏
b0098997_8514198.jpg
TV用アンテナを伸ばしたところ。NHKを見ることが出来るのを確認。
でも、アナログだから、TV機能はあとわずかの命(ただし日本国内)
b0098997_85212.jpg
タバコとの大きさ比較。
b0098997_9151193.jpg
b0098997_8522649.jpg
画面。Y君は「英語じゃわからんので、中国語で使ってます」だって。 
b0098997_8524019.jpg
裏蓋を開けると、これもSIMカード2枚挿し。マイクロSDは本体横で脱着可能。 iPhone mini では裏蓋を開けないとSDカードの脱着ができないのに比べて便利。
b0098997_9153180.jpg
大きさ比較。 左から iPhone mini、iPhone4 mini TV SCiPhone
b0098997_916196.jpg

PS
やっぱ、この手のものをΦ国で探すなら、南の方ですな。。。
by soukichi_uchida | 2010-09-20 09:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
iPhone mini がやってきた1
二胡難民の日々、山寨いじくって遊んでます。

ついに Y君から iPhone mini が届きました。

Y君、2台の山塞を購入。 
一台は私用で、山寨 iPhone の mini。
もう一台は彼用で、iPhone4 mini で TV 付き。(後日紹介)

価格は散々値切って、前者が300元、後者が400元。
さらに、画面の保護フィルム、メガネ拭き、換えの電池まで付けさせてます。
あのΦ国で、人民を超えた交渉力!?
すげーぞ Y君!

仕様のポイント
1. Dual Sim /Quad Band GSM
2. 2.2 inch タッチスクリーン
3. Blue tooth
4. 1.3Mpix デジカメ、Front/Back 切り替え可能
裏蓋には 12MPix と書いてあるが。。。
5. MP3/MP4 視聴可能
6. FM ラジオ
7. 日本語表示はできない
8. wifi は付いてない

前置きはこのぐらいで、物を紹介

まず、mini と言っても、どのぐらいミニなのか? 
こんな感じです。
b0098997_7362725.jpg
左が山塞 iPhone(Sci Phone) で、右が今回購入した iPhone mini。
正式(?)名称は、Q MINI 。 
販売元は 山寨 iPhone (Sci Phone) と同じく 深センのUSB-Tek
紹介ページは ここ

(チャイルドロック付き)100円ライターと大きさを比べると、
b0098997_7471522.jpg
裏面
b0098997_7475530.jpg
32GB と書いてありますが、内臓メモリは800Mぐらいしかかりません。きっと 32G の microSD が使えるってことなんでしょう。
裏蓋を開けたところ。 
b0098997_89558.jpg
micro SD と、SIM カードが2枚刺さります。 この辺は、Sci Phone と同じ。 試しに 中国の SIM カードをさしてみると、
b0098997_8135164.jpg
認識されてます。

本物 iPhone のタッチスクリーンが静電方式なのに対して、山寨Phone や mini は感圧方式。 ごつい指で扱うのはかなりつらい。 特にmini は。。。
そこで登場! タッチペン(スタイラスペン)。 本体に収納されてます。 
b0098997_8184612.jpg


感想:
「えっ?」というインパクトはある。
中国や海外ではフツーに電話や SMS には使える。
けれど、これだけ小さいと、ちと使いづらい。。
でも。ネタとしては めっちゃ面白い。

次は、iPhone4 mini TV 付き
by soukichi_uchida | 2010-09-19 08:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
Android PC 
全く二胡に関係のない話

Toshiba の 非Windows PC、 Dynabook AZ っていう Note PC を入手しました。OS は Google の Android(2.1)。
外観はこんな感じ 
b0098997_0233954.jpg

詳細なスペックは こちら

軽い、薄い、画面がキレイ!そして速い(レスポンスがいい)。 これに比べると、以前紹介した、Android IMD 山塞 偽Pad はお話になりません。。
ただ、残念なのは タッチスクリーン機能はなく、指で画面をグリグリができません。 通常のPCと同じく タッチパッドかマウスを使います。

ちょいと驚いたのは、バッテリを取り外してみると SIMカードのスロットがある。 けど、これは殺してあるみたい。 どうやら、ヨーロッパで出してるモデル(AC100)では この機能が生きてて3G通信もできるようです。

いわば、フルキーボードが付いた、でかい携帯です。。。。(^_^;;

しかしこうなると AU の Android スマートブック IS01 と何が違うんじゃい? という話になってくる。

そこで、会社で IS01 使ってるやつに、
「んー、、その Android 端末って、画面ちっちぇーな~」 なんて茶化しを入れる。
彼は、「ウンガガ・・・」とむかつきながら、反撃
「それって、指で画面グリグリできないでしょ」 と。

まあ、メクソハナクソ、レベルの低い戦いやってます。

---
で、Android といえば、ベースは Linux。 Unix 使いの血が騒ぎます。
さっそくターミナルエミュレータを入れて、Linux Shell を。。。

ん~、、、かなり制限がかかってます。 root(特権ユーザ)にはなれないし、使えないコマンドも多い。 まあ東芝さんのコンセプトとしては、クラウドの端末なんだから、Linux は関係ないでしょ? 余計なことしないでね。 ってとこなんでしょうけど、Linux 使いとしては、この点不満が残ります。

既に販売されてる Android 携帯達は root を取得する技が多数報告されてるんで、時間の問題かな?

---
おお、そういえば 広州に出張中のY君。 今晩帰国してるはず。 明日は iPhone Mini が手に入るかも?楽しみじゃ!
by soukichi_uchida | 2010-09-16 00:24 | その他 | Trackback | Comments(0)
予告! iPhone mini
広東省に出張中のY君より、新らたな 山寨品をゲットとの連絡が入りました。

今回は2種類。

一つは、iPhone Mini
以前紹介した「偽 Phone」 の 3/4 から 3/5 程度の大きさ(なんとビミョーな表現)。
質、使い勝手(レスポンス)など前述の偽Phone よりよくなっているとのこと

もう一つは、TV付き 偽Phone。
これが mini なのか標準サイズ(?)なのかは未確認

それぞれ SIMカードは2枚ざし。

価格は mini が 300元、TV付きが 400元。
もちろんY君のこと、人民が嫌気をさすほど粘りまくって、値引き交渉をやってます。(きっと)

Y君の帰国予定は次週末。 うーん待ちきれん!
-----------------------------------------------------------

ちなみに、Y君、いまごろはマカオで遊んでます。。
うらやましいったら、ありゃしない。

そういや、先日マカオに行った我的女朋友 金子ちゃんは、
リスボアってカジノで有名なホテルで、「正男(まさお)君」を見たそうな。
跡取りは弟になっちゃって、気楽なマカオ暮らしなのかな?
by soukichi_uchida | 2010-09-10 21:04 | その他 | Trackback | Comments(0)
夏休み、再び蘇州へ
エコポイントを旅行券に換えて、再び蘇州行きを計画しています。 蘇州の生徒たちとメールのやり取りをやってますが、蘇州もものすごく暑いようです。 夜は大雨で、昼はギンギンに暑い。。
そんな中で、二胡が作られているんですね。。。

確かに、北京1号と蘇州1号の挙動が夏場になるとかなり異なります。

そういえば、大学が夏休みの間中、日本語クラスは特別授業があるそうです。 土日(半日)もやるそうです。。日本の大学生もがんばれや、このぐらい。

今回の目的は、
・前回見かけた緑檀の二胡がまだ売ってて、価格もあんなもんだったら買う
 (寒山楽器)
・うるさいオバチャンがいる正扬琴行、よさげな二胡が置いてあったのと、
 偏八角など面白そうなのも置いてあったので、いいのがあれば買う
・太湖に行って、買った二胡で太湖船を弾く(ウソ)。 ⇒ 観光
・木渎鎮観光
・電気屋さんが密集したところがあるようなので、山寨探し
・女子学生となかよくする。

といった感じです。 2日間あるけど全部できるかな~?
by soukichi_uchida | 2010-07-23 05:01 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(2)