二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
タグ:中国旅行 ( 148 ) タグの人気記事
広州でかゆ手レッスン その5 (夏休み)
広州の学校は、長い夏休みに入ったそうです。
9月まで、2ヶ月だって。

おかげで、金曜日からの人出の多いのなんの。
昼飯食べにいくのも大変でした。
地下鉄の混み方も半端じゃありません。
レッスンの往復は、しかたなく、タクシーを使ってしまいました。

といっても、片道、約4Km 18元(230円ぐらい)、安い!
日本との価格差が無くなりつつある物、逆に日本より高い物がある、
一方で、こういう公共料金なんかは、格段に安い(1/4~1/5)ぐらい。

ん。。。。。。

そーか、、中国の二胡の価格は日本の価格設定からみると
公共料金並の設定なのね。。。
な訳ないですね。 
日本の二胡価格設定の方が、絶対におかしいいんだ (`<

さて本題
今日のレッスンは、今回の訪中期間最後のレッスン。

前半は、長弓から入って、これまでのレッスン内容の再確認と修正。

問題点ってのは複合してるもので、一つ問題を修正すると、
その裏に隠れていた問題が浮き上がってくるんですね。
長弓一つでも、問題を一枚一枚剥いでいく、というのを実感しました。

今回は、「很好」というお言葉をいただきました(^O^/

で、今日の課題は、先週に続いて、小指です。

前回習った、一、二、三 ときて 四 に行くとき、戻る時の 
腕、手の動きの確認。 
これを鍛えるための、練習曲。
よくある、
一、二、三 だけの部分と、四と一、二、三を組み合わせた練習曲。
簡単なやつから入って、イジワルなのまで。

これまでのレッスンでは、ペロペロっとテキストを捲って、
いきなり
これやってみ
というパターンだったので、
今回は、やりそうな所を予習しとおいたので、冷や汗は半減。

黄ちゃんも、オヨッ!って反応で、次々と、練習曲を指示してくる。
もちろん、それぞれの曲で問題指摘はしてきます。
かえって疲れたよーな。。。

あっと言う間にレッスン終了時間。
今回も楽しかった~(^O^/

レッスンやってて、こんなに楽しいのは初めてだな。
・分けわからずやってた初心者の時と違って、
 やってる事の意味が理解出来てレッスンを受けてる
老師の笑顔が可愛くて、厳しい顔もまた素敵
 ↑ これ重要


僕が、一旦帰国して、次は8月という事を、予め伝えてあってので、

次までに、これと、これと、これ練習しときや~」 との指示。
え~こんなに~、、ですが、ガンバリましょー。

最後に、すうさんからのリクエスト。

「せんせ、日本で大人気でっせ」
「広州に来て、習いたいちゅーやつ、ぎょーさんいまっせー」
「また ブログに乗っけるから写真撮らせて」

とお願いしたところ、
どーやら、事務所か教室からダメだしくらったらしくて、

「おまえもプロなんだから、ホイホイ写真撮られてんじゃねーぞ、コラ」

って怒られてん。 ゴメンな~。 写真あかんねん

とのことでした。 残念
对不起、すうさん。

ということで、次回8月以降のレッスンの約束して
涙のお別れ。

最後に、時間と名前を書くノートにサインをするんだけど、
黄ちゃん、忘れてきたらしくて、
忘了(ワンラ~)」って言い方が可愛かったのなんの(^_^;;

PS
 初回練習の時、ウチダ駒みせたら、興味津々だったので、
 餞別として、ゼブラとクスを一個ずつ、あげました。
 もちろん、高さは紙やすりで調整する事を伝授。
 高さ調整の必要性は彼女も理解してるようでした。
 次回の感想が楽しみです。
by soukichi_uchida | 2012-07-01 04:00 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
上海に大戸屋オープン
今週前半は上海に行ってました。
もしろん、お仕事ですよ。

琴行に行く時間もまったく取れず、二胡ネタもつきて来ました。
黄老師からお宿題もあるのに、出張してたんじゃ練習もできないし。。

といいながらも、上海に行くと、それなりにいいことが。
以前から、地元のフリーペーパーでもアナウンスされてた、
「大戸屋」中国1号店 at 上海。

最初のアナウンスから、随分遅れましたが、
ついに1号店が6月22日にオープン。
待ちに待ってました。。

ちゃんとしたご飯(日本食)が食べれる。
上海や広州にも多くの日本料理屋さんがあります。
でも、ちゃんとしてる店はめったにありません。

マシかな?と思っても、何かが違う。。。。
有名所の牛丼屋さんも、皆中国に進出してますが、
どうも、味をローカライズさせてて、何かが違います。

そんな中、
「大戸屋」のオープンにはとっても期待してました。
ううう、いつもの定食が食べれる。

ということで、さっそく、地下鉄とタクシーを乗り継いで大戸屋へ突入。
場所は、日本人が多く居住してる古北地区の川一本向こうの北側
長風景広場って、最近出来たショッピングモールの中。
これから、発展が見込める地域を狙ったんだと思うけど、市内からは
ちょっと不便です。

お店の入り口
b0098997_0482118.jpg
お店の中、カウンター席、奥に見えるのがボックス席
b0098997_0492643.jpg
さっそくメニューを、日本で慣れ親しんだメニューが嬉しい。 
もちろん、「ごはん」を「ごらん」なんて日本語の間違いはありません。

※最近ウケたのは、ポンコツ日本語教師さんの「職人が腕をふるラ」

大好きな、和風ハンバーグが無かったのが残念。
頼んだのは、ヒレカツ定食と、納豆。。
涙ちょちょぎれそーになりながら、美味しいごはんをいただきました。
食べるのに一生懸命で、写真とるの忘れました。
価格は、日本よりちょっと高め。

ご飯の写真は取り忘れても、ギャルの写真はしっかりと撮影
うーん可愛い♡♡♡♡
b0098997_055314.jpg
店員さん達の教育もしっっかりしてて、対応や気配りもグッド。

久々に、大満足した晩御飯でした。

今は、お店の立ち上げで、日本人の管理者の人が常駐してるんでしょうけど、
他のお店でよくあるように、日本人がいなくなった途端、一気にローカライズって事がない事を祈ります。
by soukichi_uchida | 2012-06-30 01:09 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州でかゆ手レッスン その4 (端午節、小指へ)
今日6月22日から中国は端午節の3連休です。端午節は23日(土曜日)

中国では、端午節には、「ちまき」を食べる習慣があり、街中がちまきだらけ。
b0098997_144289.jpg

なんとスタバ(星巴克)でまで売ってます。
b0098997_151792.jpg
あはは、さすがスタバ、素敵です。
昨日職場で、誰かが買ってきた「ちまき」をレンジでチンして食べました。

味付けしたもち米ベースで、中にいろいろ入ってます。
なかなか、上手いな、と思えるものや、
口に入れた瞬間、うげっげっなんじゃこりゃ、二口目が続かん
ってものまで、いろいろあります。

そんな、端午節のど真ん中、土曜日がレッスン予定だったのですが、
黄老師ちゃん、からメールがきて、今日、金曜日(星期5)に変更。
彼女も、端午節はお休にしたかったんでしょうね~。

さて、4回目のレッスン。

長弓の確認、練習曲を使っての、第1~3指までの運指の確認。
それぞれ、厳しい目で、ジーっと観察されて、
ちょっと、問題指摘されたあと、

笑顔で、「だいぶましになったやん」 「好(ハオ)」

との評価。

うう~ん、厳しい顔つきも素敵だけど、
笑顔もとっても可愛かったぞ~! 黄老師(^o^/

何しに、レッスン行っとるんじゃ、お前は? あ~ん?
というご批判は、全身で受け止めさせていただきます。ワハハ

その後、
短い練習曲を、2ページ分、OK出るまで、次々と。
初見でも、その練習曲の意図を理解して、演奏。
という訓練と、 これまでのレッスンの総集編だったと思います。

今日は、こんなところかと思ってたら。
次はコレ、と出てきたのが、小指の練習曲。

まず、僕に弾かせてみて、問題点を指摘。

一、二、三と来て、四に行く。
二と三から、もう体が四の準備の動きをしてしまっている。

これを修正して、
一、二、三と、四の切り替えの練習曲を。
このへんのページ練習しときや~
ということで、レッスン終了時間が来ました。

次回は、6月30日。

でも、今回の出張では次回が最後のレッスン。

先生に、
  次回の後、一旦日本に帰って、
  8月にまた来るので、お願いします。 と伝えると。

え~、そーなんやー。 じゃあ、ちゃんと練習しときや~

何かお土産買ってくるからね~、というと

え~、ほんま? うれしーわ~

まあ、この時の笑顔が可愛いこと。。。。

今回も、充実しつつも、幸せな45分間でございました。。。。

PS
 すうさん、すまん。
 今回は、写真なしです(^_^;;
次回は最後なんで、いっぱい写真撮らせてもらうかなーっと。
by soukichi_uchida | 2012-06-23 01:44 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(3)
西漢南越王博物館 (2千年前の楽器達)
日曜日、疲れがたまってるので、一日寝てたかったのに、
上海に続き、広州でも、ハウスクリーニングのおばちゃんにたたき起こされた。 
ドアに 「Do Not Disturb」ってカード掛けてあるんだけど。。、

「いつまでも、寝てないで、掃除するからどっか行け! 」
みたいな事言われて、しぶしぶとおでかけ。

で、以前から行こうと考えていた、
「西漢南越王博物館」って所に行ってきました。
b0098997_23393267.jpg
b0098997_23394777.jpg
2000年以上前に、秦の始皇帝が死んで、秦国が崩壊した後に、秦国の将軍だったやつが、今の広州からベトナムの一部までをシメて、「おれが王様だ!」といって出来た国だそうです。 都は今の広州。
これが、その王様  ⇓⇓⇓ 
b0098997_0333351.jpg
2000年前、ベトナムは中国の一部だったんですね。
 ※だから、ベトナムだけじゃなくて、近隣地域は、ぜーんぶ、
  もともと中国のもんじゃあ!のけのけ~! って態度なんだな。

ところで、中国語で「ベトナム」は、「越南」。
広東語とベトナム語は、素人耳には、とてもよく似ているように聞こえる。
どうも、ベトナム人と広東語を話す中国人は、そのまま会話できるなんて話も。
九州と東北の方言ぐらいの差じゃないかって思えます。

さて、この「西漢南越王博物館」、王墓が発掘されたのが1983年、
博物館が出来たのが1988年。
  ※よかったね~、文革の後で。。。 
ありがちなハリボテ博物館と違って、なかなかしっかり出来てます。 
中高時代を奈良県で過ごした、博物館マニアのうっち~の目にも
見ごたえがある博物館でした。
広州にお出かけの際はお勧めの博物館です。

2000年以上前に、こんなに高度な文明が開花してた事に驚き。
中でも圧巻は、とても保存状態の良い、王墓の石室。 
内部の探検も出来るようになってます。
※レプリカ(偽的)では無く、本物だそうです??
b0098997_23402772.jpg
b0098997_23403952.jpg

-------------------------------
さて、ここからが本題。

展示物の中に、当時の楽器コーナーってのがありました。
2000年前にはどんな楽器があったのか、興味津々。

太鼓や、鉾などの打楽器、
笛や笙などの吹奏楽器
古琴や、いまの琴の原型だろうと思われる、弾弦楽器
なんかはあるのですが、二胡の原型となるような擦弦楽器はありませんでした。

確かに、奈良の博物館を見てても、二胡に通じる楽器はありません。
擦弦楽器ってのは、意外と歴史が浅いのかもしれません。

このへんの事は、光舜堂「うっち~らいぶらり~」の貸し出し本を見ると詳しく
解説されてます。 うっち~らいぶらり、書籍の方も活用してください。

古琴
b0098997_004764.jpg
今の古琴に比べるとずいぶん小さい。コンパクトでいいな~、これなら欲しい。
b0098997_005996.jpg

ブリッジを多数配置した、現在の琴の原型と思われる琴。 なかなか凝った造りです。
b0098997_024427.jpg
b0098997_025634.jpg


どんな音がするのだろう、鳴らしてみたいな~、なんて思ってたら、こんなのがありました。
b0098997_072772.jpg
パソコン画面での楽器紹介。それぞれの楽器の音は聞けるのですが、どうも嘘くさい。
BGMに二胡つかうなよっ! この時代無かったんだからさっ!
by soukichi_uchida | 2012-06-19 00:39 | その他 | Trackback | Comments(4)
[H]onda が [H]yundai のパクリだと思われてる!?
ある日、地下鉄の中で、
若い中国人が、車の話をしてました。

全てを聞き取れる、ヒアリング能力はないんですが、
会話の中で、

Honda の H って、Hyundai の H と似てるよな~
ひゅんだーい、 ほんだーい、 ぶはははは。

なんて言ってました。。

ただ、ただ、唖然とするばかり、、、、

広州ホンダ(広州本田汽車有限公司)がある、この広州でだよ、、
ホンダ が ヒュンダイのパクリだと思われてる。。。。

確かに、中国のTV見てても、
ヒュンダイのCMはバンバン流してるのに、
ホンダのCMはめったに見かけない。。。。

たのむわ~、ホンダさん。

そのうち、Ossan 自動車なんて出てきたりして、、
五菱自動車ってのは既にあります、この国には。。。
by soukichi_uchida | 2012-06-16 23:12 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州でかゆ手レッスン その4 キャンセル
昨日夕方、スクールから電話かかってきて、
明日のレッスンは先生の都合で、キャンセルとの事。。。

え”~、 成都とか行ってて、対して練習しとらんけど、
すっごく、楽しみにしてたのに、、、
来週まで、黄老師に会えないなんて~ シクシク

こ、これも尖◎諸島の影響か????
関係無いよね。。

ちなみに、
レッスンで使ってる教則本、
儿童学二胡 入門 
刘长福 著
人民音楽出版社
15元 

子供用ですが、これがなかなか難しい。
漢字いっぱい書いてあるし。。。
by soukichi_uchida | 2012-06-16 22:57 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
発展の光と影をみたような。。。。
今週頭に、四川省の綿阳(めんよう、中国語でミェンヤン)市という所に
行ってきました。 もちろん、お仕事ですよ。

行く前から、四川省は美人が多いと聞かされてましたが、
いや、ま~。 ホントにすごい。
美人だらけです。。。
街をあるいてるだけで、目移りしちゃって、何度も転びそうになりました。。。

で、本題。
綿阳ってのは、どこにあるのか?

広州から北西1200Kmに、四川省の省都、成都があります。
そこからさらに北に約150K。

飛行機で2時間、成都から綿阳まで、ボロバスで2時間です。
お昼に広州を出たのに、現地到着は夜の8時過ぎでした。

しかし、まだ明るい。
9時を過ぎてようやく、夕方の雰囲気になってきました。

これだけ広い中国、時差もある。でも全国で強引に統一時間を設定。
ムリあるわな~。

おかげで、晩御飯を食べに入った、四川火鍋屋さんは、
そろそろ閉店の時間でした。
b0098997_1464628.jpg
閉店間際にもかかわらず、愛想よく準備と対応してくれたお店の小妹ちゃん。 
さー火鍋との戦いだっ!

四川の火鍋。
辛かった。。。。 ここの住民は、
人間として、何か間違えてんじゃないかいな?
と思えるほど辛い。。。

これが、四川の美人を生み出しているのか???
なるほど。。。

しかし、なぜか、、、辛いもの食べると
頭髪の薄いところだけ極端に汗が、、
これって、薄毛に悩む人の共通点です。。。。
リーブさん、研究して、お願い。

---------------------------------------------------------
で、綿阳の街。
日本の有名な繊維企業や、多くの工場がある街です。
いつだったか、激しい反日運動もありましたね。

ド田舎だと思ってましたが、なかなかどうして。
道路は整備され、多くのビルやマンションが立ち並びます。
さらに新しいビルやマンションの建設も進められてます。
b0098997_1525384.jpg
しかし、なんだかおかしい。
b0098997_1532229.jpg
その建物達からは、みな空虚な雰囲気が漂います。
そう、誰も入っていない。

誰も入っていない、無人のマンションが立ち並んでます。
オフィスビルも同じ。

まあ、成都の衛星都市として、
開発中、発展途上のこれからの街なんでしょう。

そして、昔ながらのボロ屋たちには、
立ち退きを意味する、「」(チャイ)印あちらこちらに。

農地を立ち退かせて、どんどんビルを建てる。
仕事がなくなった農民は、ビルや道路の建設要員として、一時的に雇用する。
ビルが建ってしまうと、仕事が無くなるので、またビルを建てる。
これを無現に繰り返す。

農民はどんどん減少する。
一方で、バブルで、建てたマンションの価格はどんどん吊り上る。
だれも入れない。

それでもマンションやビルを建てる。。

上海や広州などの大都会は、もう飽和してて、バブル崩壊の兆しだけれども、
内陸の田舎ではまだまだやれるんですね、こんな事が。

もう一つの影、、、
2日目の夜、
またまた、こりずに火鍋を食べに、よさげな店を探してたら、、、
ある通りに、迷い込みました。

その通は、いわゆる置屋と言われる店が立ち並ぶ、置屋ストリートでした。
ここでは、置屋の解説はいたしません。

さすがに、写真もありません。

農民から仕事を奪う、結果として、こんなところで働くしかない娘たちが
大量に生み出されるんですね。
この街、このストリートだけで、いったい何人いるんだろう?

まあこの辺の事情は、福島かおりさんの
潜入ルポ 中国の女」を読めば書いてあるんじゃないかな。

目の保養にはなりましたが、、、、、、
なんだかイヤなものを見たような気分になりました。
これも、街の発展という光の影の部分だな。。。

大都会の表通りだけを見てると、感じることがあまりない、光と影を地方都市で感じた、うっち~でした。

PS
この地域になると、西の方から入ってきた、いろんな楽器があるんじゃないかな? 四川でゆっくり時間がとれれば、いろいろ探検してみたいですね。
詳しいかた、情報ください。
by soukichi_uchida | 2012-06-15 02:15 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州のビバリーヒルズ!?
滞在先のホテルのすぐ近くに、こんなところがありました。

  「華僑新村」
 
なんでも、海外に出て成功した華僑達が住むエリアだそうです。
1955年の建設なので、文革を挟んでいろいろ歴史があるようです。
b0098997_1424967.jpg
b0098997_1432590.jpg
場所は、広州市 越秀区 環市東路 
ホリデイインのすぐそばのエリア。

豪邸やお洒落なレストラン、カフェが立ち並び、
さながら、広州のビバリーヒルズです。
b0098997_245947.jpg
綺麗に整備されてて、緑も多い。
文化保護区に指定されてて、草木の一本まで保護されてるとか??

確かに、空気もきれいで、気温も町中より1,2度低いような気がします。
お散歩するのには、いいとこです。

入口付近にある日本料理屋さん。
火鍋とラーメンというおかしな組合せ。 まだ挑戦していません。隣は豪邸
b0098997_1533296.jpg

遊歩道もあったりして。
b0098997_285918.jpg

路地にはいると、中華レストランが。
b0098997_157911.jpg
普通はこれがレストランだとは気が付きません。 二胡の演奏でも聞こえてきたら素敵ですね。

広州のお勧めスポットです。
by soukichi_uchida | 2012-06-10 02:13 | その他 | Trackback | Comments(0)
二(大厦)映月 と 椰子
広州市 天河区にある 珠江新城。 
ここの高德置地広場って所にJUSCOがあります。

※広場って、広い場所じゃなくて、
 いろんな店が沢山ある所って意味のようです。

高德置地広場には、JUSCOや、吉野家、和民なんかが入ってて、
日本人的にはとっても重宝しています。

広州のJUSCOは場所によって、グレード設定をしているようで、
ここのJUSCOはたぶんハイグレード店。
日本人の買い物客も見かけますが、日本の食品を購入してる
中国人が多いこと。

この日も、JUSCOで晩御飯のお買いものをした後、お腹がへって、
つい食べてしまった吉野家の牛丼。
食後の一服で、JUSCOの中庭(イベント広場)へ、

ふと見上げると、
2つのビル(大厦)の間に月が、そしてその下には椰子の木が、、
b0098997_1532681.jpg

ここは、広州。 南国です。
そして、二泉映月の時代からは考えられもしない、
発展した中国の大都会。

なんだかね。。。。。
by soukichi_uchida | 2012-06-09 01:59 | その他 | Trackback | Comments(0)
東莞 から 深セン へそして華強北路へ
珠江デルタの東側を積極的に動き回っています。

今週は、広州から東莞、そして深センに行ってきました。

日系のみならず、台湾系、人民系の工場がひしめく、中国屈指の
工業地帯です。

晴れてても、ガスと湿気で、青空が見えない広州と違い、
空が青く、海の近さを感じます。
でも、街は埃っぽいんですよ。

◆東莞。。。。
%▽*¥×△亞。。。
いずれ、
インドラの炎に焼き払われてしまうか、
全てが塩の柱になってしまうでしょう。
けっして振り返ってはいけない。。。

◆深セン。

深センと言えば、あれでんがな、あれ。

   山寨

深セン市のど真ん中、福田区華強北路。
深センの秋葉原ともいわれる、電気街、
ここが、中国山塞携帯の総本山です。

宿をこの近くにとって、仕事終えてから、山寨探しの旅へ。

まあ、あるわ、あるわ。。。
数多くのビルの中に、上から下までビッチリと怪しげな
ケータイ屋、なんとかPad屋が。
山塞ケータイのプールに浸かって、ザブザブ泳いでるよーな感じです。
b0098997_0221162.jpg
行ったのが夕方6時ごろなので、どこもそろそろ店じまいの時間帯。
それでも、わんさか人が入ってます。

不思議だったのが、こんだけ店があるって事は競争が激しい、
しかも市の中心部。 いくら3畳ほどの小さなブースとはいえ、
場所代だってばかにならないはず。
ざっと見て回っただけなので、なんとも言えませんが、 
そう売れているとは思えない。

同行してくれた中国人に、
「こんなんで商売が成り立つんかいな? なんでや?」
と聞くと。
「個人客よか、バイヤーが多いんや。」
「そいつらが中国全土から、ここに
山寨を買い付けに来よんねん。」
「せやから、広州や上海よか、ここのほーが安いんや」

だって。

※注記: 広東語なまりの中国語、英語は関西弁で訳します。

なるほどね~。 

でも、これら製品の中身(基盤とかチップ)は金門の向こうの設計が多い。
あっち側の携帯の偽物はほとんど無いのに。
海外メーカーの偽物はある。

これって、あっちの国が、そっちの国の偽札をバンバン印刷して
貨幣価値下げてやろーるな~んて話と似てて、
本物の価値を下げてやろうなんて奥の深ーい思惑があるのでは????
これって、考えすぎ?

もちろん、売ってる連中は、そんなこと考えてもいないでしょう。
目先のお金だけです。
でもね、これを流してる連中の奥の奥には、何かあるんだろーな。きっと。

それを裏付ける、驚くべき現象が???

ちょっと前までは、SharpやSonyっぽいロゴを付けた、すぐに偽物と判る携帯とか、よく出来た iPhone とか、 TV付ミニiPhone なんがが主流だったのですが、今は、全く見かけない。
で、、、なななんと、今回は
サムソン(SAMSUNG)の偽物が、ワラワラと。
b0098997_0545338.jpg
b0098997_054387.jpg
SonyやSharpの山寨が消えて、サムソンの偽物が出てくる。
これも本物の市場を反映してますね。

次のターゲットは世界シェアNo1サムソンなのか???

あ、もちろん iPhone4 の偽物がここの市場のメイン商品です。
外枠が金色の iPhone4 なんて、とっても素敵でした。
もちろん、すごく出来のよさそうな iPad や、すぐに偽物と判る、
なんとかPad とか、豊富な品ぞろえ、

あ、もちろん ぎゃ▽く◇ータブの偽物もしっかりと陳列されてました。

でもね、もうあんまり、ドキドキしませんね。
なんだか、インパクトのある山塞製品がありません。。。

山寨じゃないんだろうけど、
おもしろそうだったのは、Android TV Box
WiFi接続して、手持ちのTVにつなげば、あなたのTVも
スマートTVに!
ちょっと、ぐらっっと来ました。
しかも300元。
でも、メイヨーチェンなので、ぐっとこらえましたとさ。。。

次週は、四川へ行くかも?
四川といえば、アランちゃんの出身地、美人谷(^o^/。
行ってみたいな、いければいいな~。
でもムリでしょう。。。(^_^;;
by soukichi_uchida | 2012-06-08 01:34 | その他 | Trackback | Comments(2)