二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
タグ:中国旅行 ( 148 ) タグの人気記事
「黄飛鴻」記念館で、あちょ~! 
春節前、一月の初旬に、広州のお隣の市、佛山市にお仕事で行ってきました。
広州市内から地下鉄でも行けるんですね、約1時間。
タクシーで行っても、市内から白雲空港に行くのとたいして変わらん。

お仕事が予定外に早く終わり、時間があったので、ちょいと寄り道を。
前から行ってみたかった黄飛鴻記念館

地下鉄 広佛線-祖庙站(祖廟駅)から北へ徒歩五分
祖廟という寺(?)の中にあります。
b0098997_04134279.jpg
知る人ぞ知る、広東地域のカンフーの総本山?
ブルース・リーも、ジャッキーも、ジェット・リーも皆ここで修業したとかしないとか。
実際は、香港カンフー映画の指導を黄飛鴻って人がしてたんですね。
その記念館。
b0098997_04140012.jpg
黄飛鴻記念館
b0098997_04254809.jpeg

タイミングがよければ、カンフーの演技や獅子舞を見ることができます。
今回は残念ながら獅子舞だけ。
b0098997_04293328.jpg
獅子舞の中には二人が入ってる、二人の息が合ってるから、こんな事も
びよよよ~んと、ジャンプ
b0098997_04294348.jpg

 

カンフーの練習してました。
b0098997_04474377.jpg
ちゃんとした演武をみたかったな~

ちなみに、僕の同世代のおっさんは皆ヌンチャクを使えます。(ウソ)
ブルース・リーに憧れた世代だわな。
血だらけ、痣だらけなって練習してたわ。。 あちょぉお~!

40代後半の奥様がたは皆、ピンクレディーの全曲で踊れるます。
オバ女子会で、曲をかけると、全員が条件反射のように踊りだします。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2014-02-01 04:53 | その他 | Trackback | Comments(0)
自転車にのって at 広州 5 広州タワー 光のダンス
いよいよ大晦日(除夕)、

うちの会社ったら、30日ギリギリまで仕事です。
月曜日から、地方出身者は皆帰省して、事務所にいるのは広州人だけ。他の会社は既にお休みに入ってるので、電話もなりません。

いやー道路もすいてていいわ。 朝20~30分タクシーでかかる通勤も10分ぐらいでついていまう。 みんな田舎から帰ってくんなーー!

でも相変わらず空気は汚い。
b0098997_16061464.jpg
世界貿易センタービルから、林和西の中信ビルが全く見えない。
距離は約5K。 1月30日13時現在 PM2.5 は 100 ちょい超え、
軽度汚染ってアナウンス。 
ホンマかかいな???

こうやって見ると、広州の街って緑が多いというか、ジャングルの中にニョキニョキとビルが生えてる感じですな。 いつか(きっと近いうちに)中国が滅びて、100年後、メキシコのティオティワカンとか、アンコールワットみたいに、ジャングルの中から突然遺跡が!?ってな事になるでしょう。 

で、昨日の事。
珠江新城の正本さんで、一人寂しく晩ご飯(カツカレーとホウレン草サラダ)を食べて、花城広場を横切って帰宅中、広場にワラワラと人民どもが集まってくる。
一旦アパート帰って、自転車で何が始まるのか調査にしゅっぱーつ。

「花火⇒噴水ショー⇒広州タワーのライトアップ光のダンスショー」がこのところ毎晩行われてるとのことでした。
公園も春節の飾りつけとライトアップで、コテコテです。
このセンス、受け入れること出来んなー、永遠に。
b0098997_16184166.jpg
にょっきりとそそり立つ!「福」

コテコテの中国音楽をバックに行われる噴水ショーが終わると、人民たちはワラワラと広州タワー側に移動、もう自転車なんか乗ってられません。押して移動。

ん、、、、昼間街には人が少ないのに、夜公園になんでこんなに人がおるんじゃ? 珠江新城界隈の裕福な広州人ってこんなにいるんだ・・・・

いよいよ広州タワー光のダンスショーの始まり始まりぃ~
なんかね、お金が空飛んでるよーな気がしました。
一年中通してそうなんですが、こいつら「節電」って言葉知らんのじゃないか?石炭でバンバン発電しとるから、空気もこんなに汚くなるんだろ。
そろそろ、発展に酔いしれて、驕るのはやめろよなー。

さて、今日は除夕、大晦日。 どんだけ派手にやってくれるのか楽しみです。
そういや、爆竹の音全然聞こえないなー。 
ひょっとして広州市内は爆竹禁止とか??? 
――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2014-01-30 16:42 | その他 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ2 民族楽器パビリオン 
さて、Music China 2013 のレポート之回目

今回は、民族楽器パビリオンのレポートです。

レポ1でも書きましたが、建物の中に入って、まずびっくり!
「え? どーしたの今年」って口走るほど、パビリオン内のエネルギーが感じられました。

中にはいっただけで、こう思えるほど、今回主催者側が(きっと政府の後押しで)「中国伝統楽器」に力をいれたのでしょう。

ざっと見ただけで、昨年までと比べて、大きなブースを構える出展社が多い。
大小合わせての、出展社数も、昨年より多いのでは?と感じられました。

昨年までの、大きく異なっているのは(たぶん)、楽器の種類ごとにブースがカテゴリ分けされていたことです。「吹、叩、弾、擦」 などにカテゴライズし、興味のある分野の楽器を探しやすいブース配置となってました。

会場に行ったのが、最終日の11時ごろ。 一時間もすると、昼飯時。 ブースが大きく、きれいになっても、中にいるのは、やはり中国人。
ブース内で、客の目をきにせずカップラーメンやら、弁当食い始める。食ったものは食い散らかし。1時を過ぎるとと、もう帰りたいムード全開!撤収作業を開始しはじめたり、、、

話はそれますが、↑↑↑ こういうところは、街中でもおんなじなんですね。
見た目、表面上はピカピカの大都会(のように見える)、中に住んでるのは、昔となんら変わらない中国人。公共物は大切に使わない。 きれいなトイレも汚く使う。。


●巨大、豪華なブースたち

毎度おなじみ、上海民族楽器一厂
b0098997_1511214.jpg
あいかわらず、でかくて派手ですな。 
この後は、解説無いで画像をポンポンと
b0098997_1572162.jpg

b0098997_15112878.jpg
b0098997_1522846.jpg

●いよいよ民族楽器ジャンル別コーナーへ。 つづく
by soukichi_uchida | 2013-10-18 16:38 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
Music China 2013 レポ1
昨年のレポートがまだ工事中なんですが、今年も参加してきましたので、
Music China 2013の様子を報告します。

開催期間は、国慶節が明けた、10月10日~13日。
土日の12,13日が一般公開日。 
今年も、最終日13日(日)に参加。
最終日午後3時が閉幕なので、出展社は午後1時にもなると、
すっかりおかたずけモードに入るため、午前中から参加。
b0098997_1831486.jpg
この日上海は、とってもいい天気。 めずらしく青空!

■ファーストインプレッション

多くのパビリオンのなかでE6が民族楽器の専用パビリオン。 他のブースを見ている時間がないので、一目散に民族楽器のパビリオンに。

行ってびっくり、去年と比べて、大きなブースを構える会社が多く派手。 出展社数も多い。人の入りも多く、「盛況」でした。

普段、若い人には全く人気がない民族楽器のパビリオンがこれだけ盛り上がるのには、理由があったのです。
Music China 2013 の WEB に行ってみると、こんな一文が。

Distinctively decorated traditional Chinese instrument pavilion appealed a folk music fervor.

今年は、伝統的な民族音楽に力入れてやりまっせー! みたいな事がかいてあります。
まあ、政府の後押し、政策的なものがあったのでしょう。

■基本情報(総括レポート by Music China

86,000平米の敷地に、30か国 1,606社が出展。 入場者数 60,172人
昨年比で、出展者数13%、入場者数15%増
欧米諸国の景気後退の影響で、外国人参加者は3245人に微減。

入場登録時のアンケートで、入場者の興味のある分野が質問されており、
その結果では、43%の人が、中国伝統音楽に興味ありと答えている

--- 以下個人的感想
※確かに、伝統音楽パビリオンでは年配の人の参加も多かった気がします。 
 じーちゃんたちが、会場の外の休憩所に集まって、セッションしてるなんて
 光景も数多く。

※たぶん、事前に、「今年は民族音楽力いれまっせー」なんてプロモーション
 やって、動員もかかっているものと思われます。


以上、全体概要のレポートでした。

次回より、E6 中国伝統音楽パビリオンの報告。 レポート2につづく
by soukichi_uchida | 2013-10-14 18:38 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
ブログ再開
1年ぶりのブログ更新です。
3月から中国広州に駐在してます。

事務所には日本人は僕一人、日本語が話せるスタッフもおらず、辛い毎日ですが、それなりに楽しんでます

生活と、仕事の立ち上げ、移動は土日ということもあり、昨年やってた「広州で、二胡かゆてレッスン」も中断したままです。 
二胡よりは、むしろ中国語を勉強してます。

なんとか、生活も仕事も安定してきたので、ブログを再開していきます。

今のところ二胡はやってないので、広州を中心とした中国ネタが中心の記事になると思います。

手始めは、Music China 2013のお話しから

つづく
by soukichi_uchida | 2013-10-14 12:04 | Trackback | Comments(2)
Music China 2012 本編(工事中-写真なし)
どーも、久々の更新です。

日本と中国いったりきたりで、なかなかブログ更新するモチベーションが湧かない心理状態なんですが、やっぱり、Music China 2012 のレポートは 2012のうちにやんないとね。。。

----------------------------------------------------------
M-C 2012レポート(出張報告風) 写真はあとから付けます

今年のMCは 10月11日~14日の間開催され、
前半がバイヤー業者向け、後半13日(土),14日(日)が一般公開日でした。

場所は昨年と同じく、浦東の上海新国际博览中心
86,000㎡の敷地に
世界30ヶ国、約1,200社(一説では1500社)が出展し、4日間で入場者数9万人との報告が行われてます。
敷地面積は昨年より拡大されているとの事です。

僕が参加したのは、14日(日)の最終日。
民族楽器コーナーを中心に見て回りました。

昨年、感動が大きかった分、今年は冷静に見て回ることができました。
逆に言えば、感動が少なかった。

民族楽器コーナーのインプレッションとしては
1) 出展ブース数や、面積は昨年並み。
2) 二胡に関しては、新型、ゲテモノ系はすっかり姿を消して、
 原点回帰していると感じられました。
3) その分、目新しい感じはしなかった。
4) 大企業と、弱小メーカとの豪華さの差がますます大きくなっている

■各ブースの紹介

●大ブース

年々、はでに、豪華になってる気がします。
これだけ大きなブースを構えると、場所代だけでも N×10万元とかします。
こういうのが、楽器の値段に反映されてるんですよ。

●地方メーカの小ブース


※最終日の午後ともなると、やはりどのブースもダラダラ、はやく帰りたいオーラ出まくりです。とくに、地方ブースになると、禁煙の会場なのに、ブースでタバコすってるわ、カップラーメンや弁当くってるは、ごみ散らかすわ、、人民そのものです。
こういう連中が、二胡作って、売ってるんだな。。。

●その他

・魚釣島は中国の物
・美人さん発見!
 雲南省の楽器屋さんのブースにて、きれいなお姉さん発見。
 やっぱ、あっちのほうは、美人さんが多い。

・絹弦さんが来てたのに、、、

●素敵なケース

 このケースはかっこよかった、使い勝手もよさそう。 
 ここでは、展示のみで、売ってもらえませんでした。
 ぜひ、手にいれたい。

●戦利品

 やっぱり買ってしまった、ミニチュア二胡。
 年々精巧な作りになってます。 今度のはすごい。
 弓なんか、本物をそのまま短くしてるし。。。
by soukichi_uchida | 2012-12-21 18:18 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
蘇州商業街 復活
2012/12/21 情報追加

ssits中国・旅行体験記(Explore 上海のブログ)で、お昼の商業街の様子がレポートされてました。 
2012年12月20日 蘇州日本人街の様子
よかった(^o^/
ガンバレ! 蘇州商業街!


-----
蘇州商業街壊滅」って記事が、他の記事より一桁多いアクセス数になってます。 このままだと、蘇州の商業街は、壊滅しっぱなしと勘違いされると思い、期待とともに、状況確認を行いました。

そこで、蘇州の元学生の靖ちゃんに、

「商業街どーなってる?」

って聞いたら、 こんな写真が送られて来ました。
b0098997_2292827.jpg
見事に、たくましく再開、復活してるようです。
いつから復活してるのかは、分かりませんが、9月18日より一ヶ月ちょっと。 各店頑張りましたね。 従業員はほとんどが中国人です。
先日、どっかのTVで、湖南省長沙の平和堂の再開までの45日というドキュメンタリーやってました。 商業街の各店の経営者、従業員達も同じように、悔しいおもいをしながら頑張ったんでしょう。

未確認情報ですが、
1)デモの前日に、謎のマーキングが、日本料理屋にしてあった。
   日本人経営の日本料理屋 ◎
   中国人経営の日本料理屋 △  とか?
  そのマーキングによって、破壊の程度が違っていた。

2)破壊行為を実際に行ったのは、蘇州人ではなく、どこかから来た
  ガラの悪そうな連中だった。
  蘇州人は、ドン引きだったそ~な。

3)商業街にある、なんちゃってアップルストアもムチャクチャに破壊され、
 展示してあった、iPhone, iPad が根こそぎもっていかれた。

なんて情報を見ると、あのデモはいったい何だったんだ?という気になります。
あの島のことで、本当に怒って暴れた中国人ってのは本当にいるのか?
はなはだ疑問です。

※まあ、全ての中国人がそーであるかのような、日本の報道もはなはだ疑問ですがね。

※広州のデモでも、広州人は、あれみんな広州人じゃないよ、
 顔みればわかるなんて言ってました。 確かに、広州人特有の南アジア系の
 顔じゃなくて、フーベイ、フーナンの顔つきの連中が多かった気がします。

平和堂のドキュメンタリーでは、破壊行為やってる、バカそうな若者は、ヘラヘラ笑いながら店を破壊してたし。 今回のことで、日本経済に大きな影響がでていますが、 いつか自分たち(中国人)に跳ね返ってくるなんて、考えてもいないんでしょう。
華南地区でどんどん日本企業が逃げて行ってのは、現地にいて皮膚感覚が感じています。
レアアースだって、日本に出さないなんて、子供じみた意地悪するから、日本は代替技術を開発したり、調達先を変えたりした。 その結果レアアースは中国でダブついて価格下落してる。

まあ、目先しか考えられないφ国人ですから、そんな事考えられないんでしょう

という真面目な話はさておき、お気に入りの神宮は?
b0098997_22281682.jpg
見事に復活再開! 蘇州で初めて、お刺身が美味しいと思えたお店です。

行ったことはないけど、ムチャクチャに破壊された山水も、
b0098997_2230475.jpg


今度蘇州にいったら、遊びに、、、、じゃなくてご飯食べに行かなきゃ。

●おまけ
広州のあるクラブTの話。

---あくまで、人から聞いた話ですよ。

その店の一日のお客さんの数の損益分岐点は40名ぐらいだそうです。 それが、あの島の問題が持ち上がってから、日本人の数も減り、一日20人も入ればいいところだそうです。
国慶節の時は一日二人って日もあったとか、その後あまりお客さんはもどってないとか。
ママさんは、このままでと店を閉めざるを得ないって嘆いてるって。
その店の女の子は、
「あんな島無くなっちゃえばいーのにぃ!」って怒ってたとか。 
日本をイジメたつもりの行動の影響が、まずこういう第3次産業を直撃してるんですね。
by soukichi_uchida | 2012-11-05 22:01 | その他 | Trackback | Comments(1)
夏の思い出 烟台
MUsic China 2012 レポの前に小ネタを一つ。

河川に汚物、工場廃液垂れ流しの、中国にも、海水浴場はあります。
まあ、とても泳ぐ気にはなれないんですが、、、

8月、夏真っ盛り。 
もう、2ヶ月まえのことかぁ~・・・・ 時間が経つの早いな(^^;

弊社中国全土のエンジニアを一同に集めたミーティングが行われました。 まあ、なんだかんだ言っても、慰安旅行ですな。。。

場所は、山東省 烟台(Yāntái: いぇんたぁい)。
海水浴場のあるリゾート地です。

中国人にとっては、一度は行きたい場所のようです。
「ミーティングなんだよ!」って何度言っても、
広州の我的王ちゃんや、上海のおねーさま達女性陣は、一週間前からウキウキ状態です。

こちとら、プレゼン資料とか一生懸命作っとるのに。。。

ということで、我々広州部隊は、上海、北京より遠いということで、前日入り。
一路、広州から烟台へ。 直行便は一日1便しかありません。。。天候よしっ!
b0098997_2471114.jpg

前日入ということは、なにかと時間があるってことですな。
ホテルにチェックインするやいなや、ビーチへ。
b0098997_2403036.jpg
海の向こうは北朝鮮・・・・
海の水は、一見して綺麗な感じ(^_^;
持って帰って測定してみよーか、なんて考えてしまう。。
b0098997_254348.jpg
うーん、やっぱり海には若い娘っ子がにあいますな~、ウンウン。
そして、バカも一匹。。。
b0098997_257622.jpg

そして、夕方になると、ここは中国だと忘れさせてくれる綺麗な夕日が、なんだかロマンチックな気分になります。
b0098997_312160.jpg
By わんちゃん、いいねっ! I Love 烟台。
b0098997_321466.jpg
ミーティングも終わった翌々日の午後、もう観光モード全開!

八福神?
b0098997_310591.jpg
なんでも、そのむかし8人の神様が、日本を目指して、海を渡ったそーな。でもそのうちの一人は、お酒飲み過ぎて、死んだかなんだかで、日本にたどり着けなかったとさ。 で、七福人になりました。。

最近建造された、ニセ万里の長城にて、
b0098997_3205012.jpg
途中の扇子売り場で二胡弾いいてるおっさんがいたので、さっそくコンタクト。
b0098997_3224576.jpg


ということで、楽しい観光、、、じゃなくて中国全土エンジニアミーティングでした。
まあ、この後がたいへん、お腹壊すわ、風邪ひくわで、、死ぬかと思った。 その後体調悪いのを引きずって、心も少し病みました。。。

おまけ
こんな所にも、八福神が!?
b0098997_3382328.jpg
よくまあ、こんな巨大な偽物つくるわな、さすがΦ国。。。
b0098997_3452790.jpg

by soukichi_uchida | 2012-10-24 03:59 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州の休日 石室聖心大教堂と流花湖公园
ブログ更新してなかったのが、記事の時系列がむちゃくちゃになってます。
9月第一週、反日デモが始まる前のお話です。

なんだかんだで、広州に約5ヶ月。

広州の事務所には、日本人は僕一人。日本語話せる現地人もいない。 そうとう精神的に疲れてきました。 最近、弱音をはかない、いつも強気のうっち~さんも、まいり気味です。。。。

そんな中、
 練習用の二胡の弓がちょいと短いので、もう少し長いのが欲しい
 日本から持ってくるのを忘れた、チューナ(メトロノーム付)が買いたい
 ケースがボロくてみっともないので、すこしまともなのが欲しい
って事で、久々に大新路の楽器屋街に行って来ました。

この地域、越秀地区、ダウンタウンには、うちの社員(現地人)も多く住んでます。
値引き交渉もあるので、
ちかくに住んでる王ちゃんにお願いして、アテンドしてもらいました。

彼女を含め、うちの社員は、土日はみな結構忙しく(もちろん私生活で)、土日に突き合わせるのは、極力遠慮してましたが、今回ついに、心も疲れてたのでお願いしちゃいました。

で、結局行くのは大新路、七律琴行。 みせの老板も僕の事を覚えてくれてて、笑顔で対応。しかも、黄老師が練習用の二胡を頼んだのは僕だというのは、すでに知ってました。
いいですね、ここのお店。
弓、ケース、チューナー。 全部あわせて300元ちょっと。
安い!
弓は100元も出せば、かなりいい物だよっ黄老師のアドバイスあり。
一本繰り抜きの、老紅木の二胡、買いたいですねー。 2万元。。。。。。

その後、時間もあったので、この地域を少し観光

●石室聖心大教堂
1800年代後半に作られた、カトリック教会で、花崗岩で作られてることから、正式名称「聖心大教堂」よりは、石室聖心代教堂と呼ばれてるらしい。
b0098997_411019.jpg
素敵なところなんですが、観光地というよりは、まじめに教会してるところのようで、信者以外がおいそれと中に入りにくい雰囲気です。特に女性は露出が多い服装だと中にはいれてもらえません。
王ちゃも、ノースリーブだったので、入れてもらえませんでした。
b0098997_4145943.jpg
なぜか黒人(アフリカ系?)が出入口を仕切ってました。 なにか歴史があるんでしょうね。

●流花湖公园
いつごろ作られたのかは、調査不足で不明なんですが、広州市最大の人工湖です。
そこに、蘇州のような水路を作って、素敵なデートコースを作ってくれてます。
b0098997_4213250.jpg
蘇州っぽいんですが、椰子の木があるところが、さすが広州(^_^;;
水路を抜けると、人口の湖が、遊覧船があったりします。 湖を背景に王ちゃんをパチリ。
b0098997_4244320.jpg

すさんだ心が、いやされた週末でした。
その後、仕事で、広州-上海、反日デモと、またまた心がすさんで来てます。。。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2012-09-23 04:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
広州 反日デモ 祭りの後
広州に戻ってます。

●デモで大騒ぎだった、花園ホテルは、
b0098997_11581231.jpg
b0098997_12169.jpg
何事もなかったかのように、通常営業。 

晩飯時に、デモ隊のコースをお散歩

●ホテル周辺の陶金路、建設六馬路も、普通の賑わい。
b0098997_12172952.jpg
b0098997_124596.jpg
道路の向こう側には、いつも行く、香港系の麺のお店。 米の麺が人気です。 秘伝のメチャ辛いジャンを入れると、これがまた上手い!

●一番心配だった JUSCO 越秀店は?
b0098997_1219249.jpg
通常営業中でした。
16日のデモの時は、足軽警官隊が、JUSCOの入り口をガードしてました。

報道されてる、他の地方都市とは随分違う感じです。
平穏とはいえ、日本人より、むしろ中国人のほうに緊張感があるように感じています。

さて、今週末は、国慶節前、最後の週末。 デモは展開されるのか?

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2012-09-22 12:25 | その他 | Trackback | Comments(0)