二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
タグ:中国旅行 ( 148 ) タグの人気記事
上海・蘇州 二胡ざんまい?の旅
さっき、上海、蘇州から帰ってきました。

上海、蘇州で、それぞれ、数時間ずつですが、二胡屋さん回りと、蘇州で二胡を購入する事ができました。
あれもやって、これもやって、あそこに行って、ここいも行ってと、いろいろ考えていたんですが、 そうは上手く事が運ばないのが、中国でのプランニング。
二胡に関しては、予定の半分もこなせませんでした。 欲求不満が残りますが、
「また、行くぞー」というモチベーションにしたいと思います。

最大の失点は、 デジカメを蘇州のタクシーに置き忘れてしまった事(^_^;
デジカメそのものよりも、コンテンツが無くなった事が、とても痛いぞ! あ”~ ぐやじ~!

同行者の写真でどこまで補完できるか? ですが、上海分は、全滅ですじゃ。。。
次回以降で、できるだけ写真をアップして行きます。

一緒に回ってくれた、訪問先の女子学生が一生懸命にタクシー会社に連絡して探してくれたんだけど、ダメでした。。。でも彼女たちの姿に、大感動!中国にはまだこんな娘がいるんだ! (金銭抜きでですよ。)

一方で、度肝を抜かれたのは、二胡屋(宏成琴行)での値引き交渉に入った時の、彼女たちのすごさ!
私が、「もうちょっと安くせーや」とへたな中国語で交渉してると、私たちのお任せ~(^o^/ と言わんばかりに、店のおにーちゃんを3人で取り囲んで、ガンガン攻め立てる。 孤立無援のおにーちゃん、涙目になってました。なんか、ものすごい物を見てしまった気がしました。。。。こえぇーよぉ~。

その後、別の二胡屋にいったら、その店のおばちゃんが、
「あんた、それどこの店で買ったの?、いくらだった? 見せてみな」 と、おせっかいを。。。
「あんた、だまされてるよ」なんて言われたら、どーしよー。 なんて思いながら(汗)、強引に、おばちゃんの目利きが行われる。。。 結果、 「この二胡なら、このぐらいの値段するよ。 あんた正しい」 って言ってくれたんで、一安心(^o^/。 逆に 「俺って、すげーじゃん」なんて大うぬぼれ状態...

ということで、明日以降に、写真と記事を投稿予定です。
by soukichi_uchida | 2009-11-05 00:18 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
明日から、上海・蘇州 二胡ざんまいの旅
明日から、上海・蘇州に行ってきます。

目的は、もちろん。 本場の二胡とのふれあい(なんじゃそれ?) です。
以前に行った時は、時間もなく、地理も分からず、ただ ただ 二胡の前を通り過ぎただけで、欲求不満状態でした。

今回は、事前調査もたっぷりと、目的(って何?)を持って行くつもりです。
でもまあ、中国での計画は、いつもグダグダになっちゃうんですけど。。。

蘇州の学校の日本語クラスの訪問も短楽しみです。

ということで、一週間ほど、ブログの更新はお休みしますが、 帰ってきたら、「あんな事や、こんな事」をレポートしたいと思います。

、、、 こんな事やってないで、荷物まとめなきゃ。
by soukichi_uchida | 2009-10-30 23:15 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
中国での二胡の価格
近々 上海-蘇州に行きます。

目的は、琴行情報 上海琴行情報 蘇州で書いてある、二胡屋とか博物館等の訪問で、最終目的は、本場蘇州での二胡の購入。

どんな楽器でも、値段は、ピン切り。ギターでも、僕らアマチュア が購入する範囲では、数万円~数十万円ぐらい。

二胡だって、大衆楽器だってこと考えると、そんなもんでしょう。
お試しとか、入門なら数万円から初めて、上手くなってくると、いい二胡欲しくなってきて、10万円以上の物を物色、、さらに上になると、数10万となる。

ただ、それは日本での価格帯。
中国の物価は、だいたい、日本の 5~10分の1。
例えば大卒初任給が 3000~4000元。
タクシーも 30K 乗って100元、日本なら10000円超となる。

そう考えると、
日本で 10万円程度で売ってる2胡は、もろもろの手数料なんかを 差っ引いて、現地価格は 2000~3000元ぐらいのもんか、と想像できる。

実際、数年前北京で購入した二胡は、3000元ぐらいで、日本で楽器屋や、先生に見てもらうと 15~20万円ぐらいとの意見でした。また、こないだ蘇州で二胡仲間の金子ちゃんが買ったのは、3500元で、老紅木の なかなかいい音する二胡だった。

ということで、中国で 3000~5000元も出せば、かなりいい二胡が買えるはずだ。 ---- しかーし、そうはいかないのは中国。
蘇州の価格は、いろいろ情報を集めてみても、だいたい上記のような感じですが、上海では、その 4,5倍はしている様子だ。数万元(十万円以上)の価格があたりまえ。
日本からの需要が高く、日本人が来て、多少高くても買っていく。 どんどん値段を上げろ!蘇州や、無錫や昆山とかの工房から安くかってきて、高く売れ! ってなもんでしょう。ある日本の二胡屋の店員さんが言ってました 「日本人はなめられてる」と。
そのうち、蘇州なんかの工房もこれに気が付き(すでに気が付いてる?)どんどん価格を上げてくるんでしょう。
現地人が買えない価格になってもしょーがないと思うんですがね、、、、

言い分としては、 「高くなったのは日本人のせいだ!」 なんでしょうね。
by soukichi_uchida | 2009-10-21 19:24 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(3)
蘇州農業職業技術院にて(熱烈歓迎会)
たしか、2007年の3月、中国旅行をした時に
なにかとお世話になってた方が、蘇州で 蘇州農業職業技術院 という、
3年制短期大学で、日本語の先生をされてて、その学校にお邪魔した時の写真。

日本語 一級くらぶ の子達。
b0098997_245971.jpg


みんなで、すきやきだ!
b0098997_274531.jpg
b0098997_281013.jpg


か、かわいい。 この娘は日本語とっても上手だった。もう卒業してるんだろうけど、今何してるのかな?
b0098997_2121646.jpg
b0098997_2124161.jpg

by soukichi_uchida | 2009-10-16 02:09 | その他 | Trackback | Comments(0)
蘇州農業職業技術院にて(授業風景)というか乱入
日本語の授業の何コマかをいただいて、日本のお話をしてきました。
日本から、先生より 若い日本の人が来たってんんで、みんな興味深々

お題は、「新聞の読み方」
ある原発で、炉心温度が上がり、安全装置が働いて停止した、という事故に関して、
原発擁護派の新聞社の書き方と、反対派新聞社の書き方の違いを説明。
一つの事件・事故も、見方・書き方で、とっても変るんだよ。 って話。
小さいころから、中国教育を受けた彼女たちには、理解困難だったろーなー。

でも、目をキラキラさせて、とにかく熱心に聞いている。
へたな、キャバクラでバカねーちゃんと話てるより、ずーっと楽しかった(^o^/

また行くぞー

自己紹介
つかみは中国語で、
b0098997_2273230.jpg


お世話になった、三室先生
b0098997_2293392.jpg


入門クラスの生徒たち
おじいちゃんが、二胡やってるって娘がいたなー。
b0098997_2314991.jpg

by soukichi_uchida | 2009-09-18 02:33 | その他 | Trackback | Comments(0)
豫園~外灘
金陵東路のあと、豫園~外灘

上海事務所の女の子 呉 さんと、出張で上海に来てた、山上君。
※同伴出勤の KTV小姐じゃないですよ。
どちらかというと、「みつうら」 じゃ (`<

豫園の有名な小籠包屋さんで、
呉さんとわし
b0098997_25481.jpg

呉さんと 山上
b0098997_2541930.jpg

豫園
b0098997_2564310.jpg

外灘
b0098997_2574491.jpg

by soukichi_uchida | 2009-09-17 02:58 | その他 | Trackback | Comments(0)
上海 金陵東路 の 琴行にて
2007年中国旅行、まず上海に入る

弊社の事務所の娘に、ガイドをお願いして、二胡屋が沢山ある、
金陵東路に連れてってもらった。
お茶の水の楽器街のよーな感じ。
ちなみに、楽器屋=琴行 だと思う

何件か見て回っって、ある店で、二胡弾ける人いるの?ってきいたら
にーちゃんが、「良宵」を弾いてくれた。
うーん本場の二胡弾きじゃー。 なんだか感動。
※この時、僕はまだ良宵は弾けなかった。。。

金陵東路
b0098997_2433671.jpg


このお店の名前はなんだったか、覚えてない。
グネッと曲がった先っちょの無い二胡とか、メカメカメタリックな千斤付き二胡とか、
真っ白な下品なやつとか、いわゆる新作二胡が好きな店でした。
おもしろい、新作千斤、 最近神保町の蘭花堂でも売ってる。
b0098997_2435439.jpg

琴を弾いてくれたねーちゃん
b0098997_2441117.jpg

by soukichi_uchida | 2009-09-17 02:47 | その他 | Trackback | Comments(2)
マカオ~広州への旅
2007年 上海・蘇州訪問の後、 マカオで周辺のエンジニア達とアジアンミーティングをやって、広州へ

聖ポール天主堂跡から、リスボアを眺める。 改築?工事中、多くの労働者が働いている。てっぺんの方も、足場が竹かどうかは未確認(悔やまれる)。 彼らは昼間働いて、お金をもらって、夜はギャンブルを、勝ったらそのお金は小姐に。。 結局お金はリスボアの中を回グルグルっているだけ。。。なんだかねー。

その後、陸路てくてく歩いて 珠海入り、バス で 広州へ
広州の事務所を表敬訪問、女の子には資生堂のお土産を、メガネの娘、リス見たいで可愛かったぞー。萌え~(もう退職しちゃいました。 特に女の子は長続きしません)
b0098997_121373.jpg

現地エンジニアをディナーに招待。
b0098997_174028.jpg
中国で、インド人(?)が経営している、ステーキ屋さん。(牛食ってもえーんかい!)
現地エンジニア(中国人)が何やら、ウェートレス(中国人に)広東語で何やら、文句言ってる。
「この肉生焼けだ!」ってクレーム付けてる。。。
「おいおい、君たちミディアムで頼んだろ、 黙って食え! 」
疲れました。。。
やつらが日本に研修にきたら、激レアのステーキ食わしちゃる!
by soukichi_uchida | 2009-09-17 00:55 | その他 | Trackback | Comments(0)