二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:へんな日本語 ( 5 ) タグの人気記事
やすらで和の香り???
ぽんこつさーん、
久々、広州へんな日本語シリーズです(^o^/
---------------------------------------------------------------

一昨日より、奥さんが、僕の広州生活の監査にきてます。
ISOの監査より怖い!

本日は一段落して一日観光しました。
さんざん歩き回って、足が痛いということで、
足マッサージへ。

口コミ人気No.1 珠江新城 国門酒店 6階のマッサージ屋へ。

奥さんを連れていけるところですから、まともなマッサージです。
100分で168元。
ちょっと高めかな?

どこもそうですけど、
マッサージの開始前に、あれこれオプションを進めてきます。
僕は標準にして奥さんには、塩マッサージオプションを。

奥さん気持ちよさそうで、足もツルツルに。

とその時、マッサージ師のおばねーちゃんが、
「これなんて書いてあんねん?」
と塩マッサージの薬が入ってた袋を。

ん、、、んん?
b0098997_02120670.jpg
やすらで和の香り???
意味わからんことないけど、、
ホントはどう書きたかったんだろう?
「安らかな和の香り」かな?

裏面を見ると
b0098997_02172769.jpg

汗によゐべつっぱい肌を
さっぱり洗い上げ、
清潔ご気持ちの良い素肌に。

最初の一文、むちゃくちゃでんな。
最後のラインはおしい。
清潔「で」ーーー の「で」が入ってれば完璧なのに

あれだね、
 「エビフラ人」⇒ エビフライ とか
 「ンバ」⇒ ソバ と
同じノリですね。。。

日本料理屋でメニューの日本語間違ってると
その店の料理のクォリティーも疑ってしまいます。

これは大丈夫か?
俺やらなくてよかった~・・・
明日の朝奥さんの足腫れ上がってたりしないだろうな?

広州白雲区の会社ですね。
連絡しようかな。。。

へんな日本語、先輩方の記事はこちら
にほんブログ村 トラコミュ 海外で見つけたヘンな日本語・日本のものへ
海外で見つけたヘンな日本語・日本のもの

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村      にほんブログ村      にほんブログ村 


by soukichi_uchida | 2014-03-17 02:51 | その他 | Trackback | Comments(2)
中国人っぽい日本語を話す

中国で、日本語教師をやってる方には、くその役にもたたない話ですみません

中国人が話す日本語のイメージは、圧倒的に「ゼンジー北京」ですね。
「種も仕掛けも無いアルヨ~!」

でも、こんな日本語話してる中国人は、まずいません。
僕はたまに使いますけど、、、

他にも沢山ありますが、日常会話の中で気になるのは。

 「”」濁音が苦手
 「っ」「ッ」促音が苦手
 「の」使い方がおかしい

※もちろん、日本に行った事がないにも関わらず、驚くほど
 きれいな発音で正確な日本語話す人もいますね。

「わたしちゅく(中国)いた(行った)事あるよ。」
「赤い鉛筆」

※「の」に関しては、単純に「的(de)」を置き換えてるだけ、ってのも
 ありますが、食品のコピーやネーミングで、「日本っぽく」見せるために
 無意味に「の」を単語の間にはさんでる、ってのもあります。
 「味の経典」ってなんじゃ、それ?

その他、「全部」など、中国語と日本語の発音が似ている物は、どうしても
中国語よりの発音になってしまいます。
「ちゅえんぶぅ(quán bù)」

おい、それ「ぜんぶ」だろ?
そう「ちゅえんぶぅ」です。
いや、だから「ぜんぶ」だろ?
はい「ち”ゅえんぶぅ」です。 ⇒ 無限ループに入る。。。

中国語の学習が進むにつれて、文法なんかも見えてくると、より一層、
へんな日本語を話せるようになってきました。
頭の中で、日本語→中国語翻訳する、それをまた日本語に直す。
りっぱな、へんな日本語できあがりーー!

以前はね、一生懸命日本語を勉強している中国人には、話し方や、
書きかたがおかしい時には、やさしく直してあげたりしてたんですがね~。

あいつら、自分が話す日本語はいい加減でも、
外国人が間違った発音をすることが許せないみたい。
むっかつく~(`<

外国人と接する機会が多ければ、「相手が何を言わんとしているか?」
を察する能力が培われるんですがね。 普通は。
なんたって、中国は世界の中心ですから、そんな事必要ないんだな、こいつら。

だからね(なんでだからなんだ?)、僕も日本語話す中国人と話す時には、わざと
変な日本語で話してます。(もちろん相手選びますけど)

あ~、俺ってレベルひっくぅー。

んな事してて、お正月帰ったとき、
「ん、おまえ日本語おかしくなってきたぞ」
って言われました。。。

広州のオフィスには、日本人僕一人、日本語話せる中国人もいない。
丸一日、日本語を話さない時もある。(独り言のみ)

にほんこ、忘れたちゃたあるよ~

PS
 今度、生きるための道具としての日本語、なんてテーマで記事書きます。

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村       にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2014-01-20 17:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
上海最終日 福州路-若手二胡演奏家発掘??
金曜日から土曜日朝の徹夜カラオケ、広州→上海の疲れを残したまま、最後の日曜日。起きたら昼過ぎ。
このまま寝ててももったいないので、上海音楽書店のある、福州路へ。

この通りは、日本で言えば、神保町から駿河台下(いわゆる神田の本屋街)みたいな所。古書や漫画を扱う小さな店から、三省堂みたいな大きな店まで、本屋さんの密集地帯です。

この通りを、南に何本か離れた通りが、楽器屋さんが集まる、金陵東路。
b0098997_3221371.jpg
本屋と楽器屋、集まりやすいんですかね。
そういえば、ボストンのバークリーの近くもそんな感じだった記憶が。
b0098997_3114595.jpg
うーん、ワンピースにコナン。。。日本の漫画が人気なのはわかるけど、
怪しい???
b0098997_3115895.jpg
文具屋というか画材屋さんみたいな所とか、
b0098997_311305.jpg
神田の新星堂よりずーっと大きい、新華書店。

ここの音楽映像コーナーに突入
b0098997_312132.jpg
これは、教則系VCD/DVCコーナー。 民族音楽のコーナーに移動して、
いろいろと物色。
基本、宋飛が多い、ついで閔 惠芬。 まあ、垂涎物は沢山あるんですが、
今回は、若手(特に女性)演奏家のDVD(映像が必要)を物色。
さすがに、単独でDVD出せる若手はいないようで、何人かが集まっての
演奏会のものをいくつか発見。
今回は、2つ購入。 それでも1000円ぐらい。

■二胡名家师生音乐会:2的N次方
b0098997_3124124.jpg

■王永徳現場音楽会。
これは画像無し。
段皑皑 出てます。
 
これから伸びる(女性)若手演奏家を今のうちに見つけようプロジェクト。
すうさんを、プロジェクトリーダに推挙いたします。

※二胡よりも、古琴、古筝、琵琶のほうが、若くて、きれーなおねーさんのCD,DVDが沢山出てるような気がします。 の、、乗り換えるか???

●おまけ。 へんな日本語
同じ福州路の美容室(この言い方、死語だな、、)
b0098997_3122662.jpg
ヘアースタイルの設計?
設計=デザインなんだろうけど、「ヘアースタイルの設計」じゃあ、
ちょいと怖いよね。。設計されちゃうんだ。。。
せっかく「发型」をヘアースタイルに訳したんだから、
設計もデザインにしろよな~。 おしいっ!
by soukichi_uchida | 2012-07-09 04:00 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
見合上げて 「ごらん~」 韓国 「のり」 を~♪
(副題)おしいっ! これさえなければ完璧だったのに。

中国には何度も来ていますが、どうも中華料理は苦手な僕。
結果として、日本料理屋の利用率が高くなります。

日本料理屋を選ぶポイントの一つに、
「へんな・間違った日本語」を使ってないか、どうかです。

以前「五十嵐らん」さんの本見てたら、
エビフラ人」とか、「ンバ」とかって話があって、
大うけした記憶があります。

とにかく、メニューや看板に間違った日本語を使ってる店には、
日本人がいない、または日本人経営者ではない。 
ってことが判ります。
料理をたのんでみると、たいていの場合がっかりしますね。。

長い前置きでしたが、
秀越区、花園酒店裏通りにある、日式焼肉屋さん

黒毛和牛というのは、疑わしいけど、とっても美味しかった。
メニューの日本語にも間違いがなくて、安心してお肉を頼めました。

ちょっと残念だったのは、メニューの中に「タン塩」がなかったのと、
タレに「レモン塩だれ」が無かったこと。

レモンもらって、タレを自作いたしました。
トントロは、やっぱりこれじゃなくちゃね(^_^;;

で、飲めない僕にとっては、焼肉食べると、欲しくなるのが白飯。
ごはんを頼もうと、メニューをみると。
あった、あった、
お~、ごはんのおまけに、海苔がついてんのか。
いいね~、頼もう。

ん。。。。

ごらん、のり???
b0098997_2233766.jpg

ご覧、海苔??? 海苔を見ろってか???

ごはん、のり」だろーが、ぼけぇ~(怒

あ~あ、これさえなければ完璧だったのに、このお店。
残念、でも美味しかったぞ。

出てきた海苔は、韓国海苔でした(^_^;

タン塩なかった、、、、タン塩。。。。。
by soukichi_uchida | 2012-05-27 22:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
中国で見つけた、へんな日本語シリーズ
このネタ、カテゴライズせずにはいられません。

以前の記事 「 広州 琴行探し プロローグ 」でも紹介した、食パンの 「スープは植えます」とか、ネタにはこと欠きません。

このネタの師匠は、上海で日本語教師をされてる 「 ポンコツさん 」です。 本職だけあって、おもしろネタ満載です。

今日のネタは、これ
b0098997_04538.jpg
b0098997_051693.jpg
何をするものなのかは、分かるんだけど、何がいいたいんだろう???
珠江新城という所にある、JUSCOに併設の10元ショップで見つけました。

日本の100円ショップという考え方が、中国に逆輸入されて、10元ショップが沢山あります。 売ってる商品は、すべて Made in China。
もともとが、日本向けの製品なので、商品名や、説明が日本語のものが多く、日本語もちゃんとしてるのですが、こんなのもあるんですね。。。

10元といえば、日本円で約130円。 日本の方がやすいじゃん。
by soukichi_uchida | 2012-05-22 00:25 | その他 | Trackback | Comments(0)