二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
日本のスマホで Wechat Pay に挑戦 2(日本のスマホに)

今回は、いよいよ日本のスマホで、WeChat Pay(微信支付) に挑戦

日本のAndroid スマホに WeChat をインストールしても、
アプリの「本人」画面に、
マイウォレット(銭包)のメニューは出てきません。

アプリは Google Play からダウンロードした物だからダメなのか?と思い、中国で、ダウンロードしたapk で試したが、やはり出てこない。

誰かに、紅包を送ってもらい、それを受け取れば出てくるという情報をコメントでいただいていたので、中国のスマホから日本のスマホに、1元だけ紅包を送信。

b0098997_20035947.jpg
おおおお~
マイウォレット、出てきた~!!!!
b0098997_20180563.jpg
b0098997_20162597.jpg
あとは中国スマホでの登録作業と同じ。

唯一異なるのは、入力する電話番号は、日本のスマホ自身の物でなく、中国のスマホの電話番号。
SMSで承認コードが中国スマホに送られてくるけれど、日本には飛ばしてくれない。

これで、中国の銀行の口座を、日本のスマホの WeChat Pay への紐づけ完了。

ポイントは、
登録する電話番号は中国の番号と、
それで動いてるスマホが必要。
登録する銀行口座は中国の銀行

つまり、日本のスマホ単体ではどーにもならんという事。

ある程度中国での生活に慣れている人とか、僕のように元駐在員でなきゃ相当ハードルが高いですね。

●ホントに使えるか???

ファミリーマート(全家)と、空港の免税店で、なんの問題もなく使えました。

残る課題は、日本で使ってみるですね。
何処で使えるんだっけ?
ローソンは、AliPay 対応だったな。

次は、シェアチャリンコ、モバイク(摩拜单车)に挑戦


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2017-06-21 08:07 | その他 | Trackback | Comments(0)
日本のスマホで Wechat Pay に挑戦 1(まず中国スマホで)
以前
という記事を書きました。

目的は、中国のモバイル決済の一つ WeChat Pay(微信支付)の利用です。

結論から言って、
中国の銀行口座と、それに紐づけされた中国の電話番号が必要であり、単に WeChat をインストールしただけでは、この機能は使えません。
※↑↑↑違ってたら指摘願います

僕の場合、中国の銀行口座は持っているものの、昨年末に携帯番号の本人確認制への移行時に何もせず、放置していたため電話番号はロックされており、上記の条件の一つが欠落してました。

今回6月に上海に行った際に、電話番号を復活させ、銀行登録も変更したため、再度 WeChat Pay の導入に挑戦してみました、

まずは試しに、普通に中国の携帯でへの WeChat Pay の導入

これは、ごくスムーズに成功
中国人ではないので、パスポートによるID確認を行い、次に銀行カードの登録。
銀行カードは基本中国の銀行のデビットカード機能付きの物。 クレジットカードでも可能なようですが、日本のクレジットカードではだめでした
→外国人でも使えるという事ですね。

登録作業中、何度か銀行から確認のSMSが送られてきます。

そして、ついに下記の画面が表され、WeChat Pay の利用が可能に

※↓↓この画面は僕の物ではなく、微信のHPからの表示例
b0098997_09041131.jpg
さっそく、ファミリーマート(全家)で支払いの挑戦。
挑戦もなにも、普通に使えます。
QRコードを表示して、ピっとやるだけ。
※これで支払っても、ファミマのポイントカードにポイントが貯まるのが嬉しい。
b0098997_05544600.jpg

因みに、ランチで食べたマック(麦当劳)でも使えます。
b0098997_05545475.jpg
すでに、WeChat Pay を使ってる人には、当たり前のころなんだけど、嬉しくてつい、いろんな所で使ってしまった。。。

この後、シェアチャリンコ、モバイク(摩拜单车)の登録と利用にも挑戦し、難なく成功。これは別途レポしますね。

次は、いよいよ日本のスマホに挑戦

続く

――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2017-06-19 05:59 | その他 | Trackback | Comments(0)
日本で売ってる SIM フリータブレットを中国で使ってみた
という記事を書きました。

この時使ったスマホは ASUS の Zen Phone 2
快適に使えていたのですが、落っことして画面割れ・・
新規購入と同じ位修理費がかかる。

いろいろ悩んで、タブレットを購入。
またまた ASUSで、機種は Zen Pad 8 (P024)


前回は、スマホがサポートしている通信形式と、中国通信各社の形式をよく調べてから購入したのですが、今回は何も考えずに購入。
まあ、同じASUSだから大丈夫だろうと楽観。
b0098997_04313581.jpg
これに、日本国内では、IIJ Mimo のSIM を入れて使用。

中国ではどうするか?
1)中国联通 (China Unicom)のデータ通信SIMが
  まだ活きているので、これを利用 
b0098997_04430753.jpg
  SIMはちゃんと認識されて、4Gでの通信ができています。
  ※速度計測データはとってませんが、ストレスなく中国内ネット利用可能

  ただし、中国のSIM なので、金盾は超えられない。
  つまり、FaceBook や Twitter は使えない
  VPN の利用が必要です

2)もう一つは、アマゾンで購入可能な(香港中国联通) SIM
b0098997_04443942.jpg
中国から香港にローミングした状態で通信が行われる。
香港にはネット規制がないので、FaceBook, Twitter, Google が使えます
この SIM も難なく認識されて4G通信が可能です。

ということで、日本で売ってるタブレットも、中国のSIMを入れて使えてるという一つの例題でした。
ただし、スペックを調べもせずに購入して結果オーライだっただけで、電信など他の会社のSIM が使えるとは限りません。
よい子は、ちゃんと下調べしてからやってくださいね。



――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2017-06-05 05:13 | その他 | Trackback | Comments(1)