二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
蘇州レポート5( 運河の遊覧船 )
以前、弦堂さんから、「蘇州に行ったら、夜のネオンがきれいですよ」と薦められてました。
その時は、ネオンの意味を勘違いしちゃったんですが、、、

そこで一日目、琴行を回った後、 憧れの蘇州の運河の観光船に乗りました。

石路という昔からの商業の中心地から、旧市街をぐるっと半周。
行って帰って1時間ぐらいでした。
お代は、一人35元。 まあまあリーゾナブルか。
b0098997_254419.jpg
昼間、汚くて見るに耐えなかった運河の水も、夜になると、闇に覆い隠され、ライティングにより美しくデコレーションされます。
b0098997_2575845.jpg
b0098997_341916.jpg
船内の様子と、同行してくれた譚と、張。日曜日なので、そこそこ席も埋まります。
b0098997_323133.jpg
 靖先輩(去年の学生)と譚ちゃんで記念撮影。 う~ん、クーアイ(^o^/
b0098997_3242410.jpg

船の中には、中国の音楽が流れます。 聞いたことがある曲ばかり。。 どこへ行っても「ジャスミンの花」はお約束のように聞こえてきます。。

ということで、今回の蘇州レポートはひとまずこれでお終いです。

たぶん、この夏蘇州でも一番暑かった時期に、自分の体力、年齢を考えないハードの旅でしたが、楽しかった。。。
最近このブログも、二胡やるぞー、ではなく蘇州行くぞーになっちゃってますね。。
マイレージも貯まったことだし、また行くぞー!

次は 緑壇の二胡のレポートです。。 ⇒結論から行ってこれは偽物でした。。わはは。
by soukichi_uchida | 2010-08-25 03:40 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
蘇州レポート4( 太湖へ! )
蘇州での2日目、
蘇州農業職業技術学院の(日本語クラスの)大学生達は、夏の特別授業で、土日(半日)も、しごかれてました。。

蘇州での2日目は普通の月曜日、 学生はだれも付き合ってくれないと考えてました。  ところが、M先生から、
 「月曜日は授業を一日休んで、みんなで太湖に行こう!
との大号令!

授業が無いと喜ぶのは、どこの学生も同じ!
急遽、学生の有志と先生と僕、総勢15人で、太湖へ行く事になりました。

蘇州から太湖へはどうやって行くのか?
路線バスで2時間かけて行きます。。。
b0098997_130259.jpg
その路線バス、エアコンがありません。(全てではありませんが)

路線バスなので、蘇州のターミナルから一気に太湖に向かうのではなく、渋滞の市内をぐるぐる回った後、太湖に向かいます。途中、人民がガンガン乗り降りします。。 という訳で、太湖への2時間のうち、市内をトロトロ1時間です。

で、エアコンがない。 窓を開けてもたいして風が入ってこない。 
日が差す側はもーたいへん。 皆バスのなかで日傘をさします。。。
b0098997_23364191.jpg
バスの中で、みなグッタリ。
b0098997_23372745.jpg
ついに太湖(西山)に到着。 
b0098997_2350984.jpg
なんと、入場料は一人60元。 
東京の昭和記念公園だって入場料は、400円!
高すぎる! ターグイラ!
団体料金にするには、チョイ人数が足りない。。
さっそく、学生達が値段交渉を始めます。。(強いね中国の女性は。。)

一人45元まで下がりました。 ※それでも彼らの朝飯9回分です。。。

後で解ったことですが、この西山の公園の入場料には、
くじ引きで、もれなく乗馬とかゲームなんかがついてました。

いざ山頂(?)へ。 
40℃近い猛暑のなか、ゼーゼーいいながら(僕だけ?)歩きます。
ペットボトルの水は「お湯」になります。
b0098997_2355358.jpg
途中でパチリと一枚。 こいつら元気じゃ、、
b0098997_23582353.jpg
 山頂(?)で記念写真。 おじさんは完全にグロッキー。。。
b0098997_073037.jpg
周りは絶景。でも疲れ果てて、そんな余裕はおじさんには無し。

山を下りて公園へ、
乗馬上や、アスレチックで小娘どもは大喜び。。やっぱりこいつら元気じゃ。。。
b0098997_031314.jpg
ボートで太湖を疾走!。
b0098997_0415589.jpg
※これでも、太湖で船に乗って遊覧した事になりますね。。。

疲れ果てて戻ってきたバスターミナル。
お土産売り場のおばちゃんたちがうるさいのなんの。。

でも、果物売り場で売ってた桃(太湖名物)は、乾いた喉と疲れた体には絶品の甘さでした。。 あとて調べてみると、蟠桃いう種類の桃でした。
b0098997_047106.jpg
これは、また食べたい。。

帰りのバス。。 不運にもまたエアコン無しバス。。 完全に全員グロッキー

蘇州に戻って、
暑過ぎて、とてもお昼ご飯は食べられなかったので、
早めの夕食を学生達と。
b0098997_104732.jpg
美味しかったんだけど、、真夏に火鍋かよ~。 辛い、暑いで、またまた大汗かきました。。

-----
ちなみに、二胡の初級で必ずやる曲、「太湖船」。
学生達は、だれも知らなかった。。

思い描いていた、太湖。 
 まったりと、手漕ぎの遊覧船にのって、中国茶でも飲みながら、
 どこからとも流れてくる二胡の調べ。。。。
程遠いものでしたが、楽しい一日でした。。

---
おまけ。

皆と別れて、乗り物のは乗らずに、テクテクとホテルに戻りました。
金門路から景得路を経て、観前街のホテルに。。
やはり、琴行(二胡屋)がいっぱい。。 
b0098997_1145775.jpg
 
b0098997_1151394.jpg
夕方なので、店はそろそろ閉めるモードです。 それと、疲れ果ててて、店の中まで入る元気はなし。
次は行くぞ! 
by soukichi_uchida | 2010-08-23 00:10 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
蘇州レポート3(蘇州の琴行にて)
いよいよ、琴行レポートです

7月に卒業した靖と 現役学生の 譚と張の3人が暑い中付き合ってくれました。
東京も暑かったようですが、蘇州も暑いのなんのって、
昼間は出て歩くもんじゃありません。。。

今回は、行く店を絞って、2件に行きました。
寒山楽器(前回 緑檀の二胡がおいてあった)と、
うるさいオバチャンのいる正扬琴行 。

●まず寒山楽器へ
前回と同じく、店の中でマージャンやっとる。
※こんなん、日本じゃありえませんね。。。 普通これだけで、イメージダウンです。。

やはり、見た目よさげな二胡は3000元以上してる。
紫檀とか、いろいろ出してきて、ズータン、ズータンとか説明してくる。
前回の「緑壇と思われる」二胡もあった。
二胡は自社工房で作ってるとの事だった。

それぞれ、試奏。 どれも、なかなかいい音。(そう聞こえてしまう)
前回も出てきた「先生」って言われるオッチャンが塞馬を弾き出したので、
無謀にも、合わせて弾く。
オッチャン「おっ!」ってな顔になって、その後話しは盛り上がる。

やはり、「緑壇」と思われる二胡が気になる。
皮は今一だけど、鳴りがよく、高音もきれいに出る。

前回は2800元って行ってたのに、今回は「えっ?」というぐらい値下がり。下がりすぎでちょっと値段はいえません。 まあ、前回は吹っかけてきたんでしょう。 今回はそこそこ二胡できるやつで話も盛り上がったので、本当に近い価格だしてきたのでしょう。

このへんが、「緑壇と思われる」という理由です。

●次に、正扬琴行 へ
あいかわらず、オバチャンうるさい。
「あんた覚えてるよ」「2回も着て買ってかなかったよね」とか。。。

今回も散々話して、二胡見せてもらって、結局買わなかった。
でも、二胡はかなりしっかりしてるものがおいてある(と思う)。

偏八角や、楕円も置いてありなかなか興味深い

お店のオッチャンが二胡の先生らしくて、
「何か一緒に演奏しよう」って言ってくれたので、
中国ではお約束! 「北国の春」を一緒に演奏、それと良宵とか何曲かを演奏
あまり言葉は通じなくても、音楽って共通の話題でなんとかなるもんですねー。

二胡を弾く、お店のオッチャンと、それを見てる卒業生の靖ちゃん。 
b0098997_059453.jpg
お店の娘は古筝の先生との事。古筝に興味津々の文秀ちゃん(うしろ姿) 
b0098997_172422.jpg
で、結局このお店ではまた買わなかったんだよねー。。。
オバチャンごめん。 今度は買うわ!

で、結局寒山楽器に戻り、メッチャ安くなった「自称緑壇」を購入。
店のオッチャンは、一番いいケースつけてやるとのサービス。
でもそのケースが茶色地に金色の文字・模様で、、、持って歩くには、
ちょっと恥ずかしいケース。。。

この二胡のレポート、画像のUP は別途記事にします。

まとめ、
二胡を買うよりは、二胡屋のおっちゃんとの会話、一緒に演奏なんてのが一番楽しかった。 実際二胡買うなんてどーでもよくなってたのは暑さのせいかも、、、

次回は、以前蘇州1号を購入した宏成琴行の本店(三香路)と、もう一度民族楽器一廟にいきたいなー。
by soukichi_uchida | 2010-08-05 01:19 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
蘇州レポート2(戦闘準備 -> おみそれしました)
これまた、二胡に関係の無い、上海行きの飛行機の中での話し

隣の席のおねーさん。
着てる服とか、お化粧とか
席を立ったり座った時の挨拶程度の会話では、
日本人だか、中国人だか判らなかった。

でも、挙動から「たぶん中国人」と推定。

※中国に留学経験のある二胡仲間の金子ちゃんと
 以前二胡の購入をお願いした、留学経験があって、向こうで仕事してた
 町田さんたちj女の人は、 声をそろえて、
 「中国人かどうか見分けられます」ときっぱりと言い切ります。 
 そんなもんかいな??

そして、上海が近づいたとの機内アナウンスの後、
ガバっと立ち上がり荷物を降ろして、えらい勢いで、せっせとお化粧が始まりました。

その様子がおかしくて、
「戦闘準備開始? 彼氏上海で待ってるの?」
と聞くと。
「ちがいますよ~」 と流暢な日本語で
機内は超乾燥してて、向こう着いたら暑いのと湿気があるんで
それにあわせて直してるんです。 との返事
(お化粧しながら、 オイオイ、俺は空気かよ。。)

話を聞くと、もう日本で8年も仕事してるとの事。(中国人です)
どうりで、ファッションや化粧、話し方からは日本人か中国人かの識別は困難だったはずだ。。

仕事はなんと、「組込み系」のエンジニアだと!?
かなり僕と近い仕事でした。
当然、CとかLinuxとか共通の話題はある。

日本への留学経験はなく、中国で日本語を勉強して日本の会社に就職
したとの事。 勤めてる会社は、KM という一流メーカー。 
かなり能力のある人だ。
会社は家の近所(というか多摩川はさんだ川向こう)

上海人だというので、「どこの学校?」 って聞いたら、
「上海交通大」との事でした。

ひぇええ~! おみそれしました。
上海交通大いえば、超一流大
しかも彼女の推定年齢からすると、今のように大学の大量生産時代じゃなくてかなりの
難関だったはず。
さらに、家の会社の装置も沢山収めてるお得意様でんがな~。

勤めてる会社もKMさんだし、クライアントになったりなられたり、お仕事一緒にすることあるかもねー。
名詞を交換して、上海でバイバイでした。。

ということで、上海への入りと出、それぞれで、ピャオアンでクーアイな女性との出会いで気分は上々なオッサンでした。。 

次回以降はいよいよ、蘇州でのお話
by soukichi_uchida | 2010-08-04 22:27 | その他 | Trackback | Comments(0)
蘇州レポート1(上海 浦東空港の二胡娘)
行ってきました、蘇州。

もーんのすごく暑かった!
3日目は生命の危機を感じました。。。

今回の旅程は、
1日目: 上海入り。 
 1) 現地駐在員とお食事と情報交換
 2) 偽ファミマを探すが、見つからず、、、

2日目: 朝 蘇州へ移動
 1) お昼ごはんを去年の卒業生と
 2) 学校へ行き
 3) 現役学生と、去年の卒業生と一緒に景徳路の二胡屋さんへ
 4) 電気屋さんをブラブラ
 5) みんなで、運河の観光船に
 6) お好み焼き屋さんでお食事

3日目: 太湖へ(エアコンなしのバスで)
 1) その日の授業をお休みにして、皆で太湖へ、ハイキング
 2) 皆で火鍋
 3) 一人で、電気屋と琴行のある景徳路ブラブラ

4日目: 上海へ移動して、帰国

という感じでした。さすがに何回も行くと、ドタバタ感もなくなって時間的な余裕も出てきました。
------------------------------------------------------------

ということで、それぞれレポートしますが、
今回は記憶にもっとも新しい、帰国直前、上海浦東空港で出会った二胡を持った
かわいい女の子(学生?)のお話

蘇州で自分の買い物しかしてなかったので、空港の土産屋で家族へのお土産を物色。 ふと横を見ると二胡と思われるケースを担いだ女の子が。。。

それ二胡ですか? って聞いてみる
日本語、中国語、英語で話しかけて、結局は英語での会話となりました。

いろいろ聞いてみると、
日本に1年ぐらいいて、そのとき二胡を習ったらしい。
二胡暦は1年で、ビギナーレベルと言っていた。
ハワイに住んでるらしい。(確かに英語の発音はネイティブだった)

名前は、ユ・キョナ(yú qiǎo nà) ちゃん
ブログで紹介の了解を得てデジカメ撮影
b0098997_2265590.jpg
 うーん、笑顔がかわいい(^o^/

僕のブログと、まとめサイトの探し方を教えて、アドレス交換をして、
成田でバイバイ(彼女はトランジットでそのままハワイへ)

また会えたらいーなー。。。

ハワイで二胡を弾いてる娘がいたら、彼女です。
by soukichi_uchida | 2010-08-04 01:42 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)