二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
夏の二胡調整
久々の二胡話題 構造分析再開ですが、
ノーミソにリハビリが必要です。。 
書いてて、グダグダです。。。

<夏の季節ネタ>

梅雨場、夏場になると、皆さんもいろいろと工夫・調整されてると思います。

調整しなきゃいけない最大の要因は、湿度と暑さによる琴皮の伸びでしょう。
皮が伸びてしまうと何が起こるのかを考えてみましょう。
①の状態が皮の伸びもなく、最適に調整された状態だとします。
b0098997_236787.jpg
皮が伸びることにより、皮を押さえつけている駒の位置が下がる(沈み込む)。これによって、千斤と駒の頂点が作る角度が変わる(鈍角となる) これによって、弦にかかるテンションが下がってしまう。① ⇒ ②

この状態で、これまでと同じDとAを出すには、弦の巻きを強くしてテンションを上げることになる。③
結果として、弦から駒⇒皮にかかる力は皮が伸びる前と同じになる(たぶん)
b0098997_23252844.jpg
 しかし、なぜか、実際これだけの調整では、音質は元には戻らない。(でしょ?)

何が異なるのかと言えば、でも、千斤と駒の頂点の角度は変わってしまい。弦の振動系んp状態は①と②では異なってくる。
角度が変わるというのは、千斤、駒間の弦の長さが変わってくることを意味します(微々たるもんですが)

そこで、よくやるのが、「駒を換えてみる」です。
b0098997_23254099.jpg
駒の高さを高くすることにより、皮が伸びる前の状態①(千斤と駒の頂点の角度)を同じにする。
これにより、弦の振動系の条件は①と同じになる。 
比較的 ①と同じ音質を復活できるんじゃないかと思われる。
一見よさげに思えますが、 駒の体積が大きくなる、高くなる事による、音のエネルギーのロスもあるんじゃないかとも懸念されます

他の手としては、 「千斤の高さを低くする」つまり、弦を千斤で締め上げる。
これによって、弦のテンションと皮にかかる力を調節する。 千斤と駒の頂点の角度は①の状態に戻せる
b0098997_055025.jpg


などなど、いろいろと対策が考えられますが。
夏場・梅雨場の、ブモーっとした感じを、一番いいとき(っていつ?)に復活調整するには

・琴皮が振動するのに、最適な張力。
・駒と千斤の間の弦の最適な長さと張力。
このへんが、パラメータなんでしょうね。

----
追記
 琴の木材が湿気を吸い込んで、全体の響きを変えてしまうって事もあるのかな?
by soukichi_uchida | 2010-07-24 23:27 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
夏休み、再び蘇州へ
エコポイントを旅行券に換えて、再び蘇州行きを計画しています。 蘇州の生徒たちとメールのやり取りをやってますが、蘇州もものすごく暑いようです。 夜は大雨で、昼はギンギンに暑い。。
そんな中で、二胡が作られているんですね。。。

確かに、北京1号と蘇州1号の挙動が夏場になるとかなり異なります。

そういえば、大学が夏休みの間中、日本語クラスは特別授業があるそうです。 土日(半日)もやるそうです。。日本の大学生もがんばれや、このぐらい。

今回の目的は、
・前回見かけた緑檀の二胡がまだ売ってて、価格もあんなもんだったら買う
 (寒山楽器)
・うるさいオバチャンがいる正扬琴行、よさげな二胡が置いてあったのと、
 偏八角など面白そうなのも置いてあったので、いいのがあれば買う
・太湖に行って、買った二胡で太湖船を弾く(ウソ)。 ⇒ 観光
・木渎鎮観光
・電気屋さんが密集したところがあるようなので、山寨探し
・女子学生となかよくする。

といった感じです。 2日間あるけど全部できるかな~?
by soukichi_uchida | 2010-07-23 05:01 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(2)
Family Mert を探せ!
あっても不思議はないんですが、Φ国(の上海)にコンビニのパクリまであるそうな。。。

■Family Mart(中国名:全家) ⇒ Family Mert(中国名:全佳)
b0098997_42540100.jpg
 これタチ悪いよなー。確かにファミマのマートって、Mart と Mert は気にしてないもんなー。上海行った時に知らずに使ってたかもしれない。。

■LAWSON ⇒ LAWSQN
b0098997_427442.jpg
これは、いまいちレベル低い。 どうせやるなら、もうちょっとデザインがんばれや! しかも2階は KTV(中国カラオケ)じゃ! ガハハ

さっそく、Φ国 駐在員のT君に現地調査を依頼。
どこにあるのか? お店の中は? 等々。。。

そういえば、Φ国のファミマで、「日本では売っていない」スタバの「ビン入りコーヒー牛乳」を売ってました。 これがゲロ甘で、なかなか美味しい。 でも前回(5月)に行った時には見かけなかった。。
そもそも、このコーヒー牛乳を買ったのが Family Mart だったのか Family Mert だったのか? こ本当にスタバの製品だったのか? 全てが疑わしい。 
うーん、全てが信じられん。 
by soukichi_uchida | 2010-07-23 04:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
偽Pad レポート
おもしれぇ~ この 偽(山寨) Pad と、面白がっていたのですが、 これの CPU を作ってるメーカーが Φ国福建省のメーカーであることが分かると、ちょっとイヤな感じになりました。

CPUのメーカーは 瑞芯微電子(Rockchip)

以下スペックを見ると、既存技術の寄せ集めなんですが、これだけの物が作れる技術を持っている。 これにオリジナルのアイディアやデザインが出来るようになると、やられちゃいますね。。。 

で、仕様詳細

CPU : RockChip RK2080 という ARM(600MHz) + DSP(550MHz) の
  Dual Core。 Android や WinCE 等モバイル端末向けに開発された Multimedia 向け
  統合 Chip。 2GB 内臓メモリ

Memory: 256MB  

Display: 7Inch (800x480)タッチパネル
  自称TFT

I/O:
 Micro SD カードスロット(最大32GB利用可能)
 外部Interface( iPhone と同じタイプ)
  USB X2
  有線Lan
 内臓無線Lan(WiFi)

 内臓 カメラ: 1.3MPix web カメラ
 内臓 Audio Interface: イヤホンジャック、スピーカーx2、マイク

グラビティセンサ
 一応縦横の自動切換えができる

バッテリー: 自称リチウムイオン
  連続動作5時間と言ってるけど、使うとみるみる電池が減ってくのが分かる
  実際は2時間もてばいいほうか?

OS: Android Version 1.7 ⇒ Linux です

言語: Multi Language 対応なので、日本語表示できる
     別途 Android Market から 日本語入力 IME(Simeji)を入れる事で
     日本語入力もできる

●使用感
1. 立ち上がりがめっちゃ遅い(1分以上?) 
  完全にシャットダウンせずHibernate にしないとつらい
2. タッチスクリーン
  いまいちレスポンスが悪い、イラっときます
3. 画面
  自称TFTなんだけど、いまいち見づらい
  特に明るいところではつらい。 暗めの室内での利用を推奨!
4. 機能など
  Android そのもの。 Android のアプリはだいたいの物が使える
  結構サクサク動きます
  中身は Linux 。 Terminal emulator を入れると、Linux 端末として
  Linux コマンドが使える。 vi や telnet、ftp もフツーに使えます
5. 熱い!
 触れないほどじゃないけどホカホカします
 特に充電しながらだと、かなり熱くなります。 
 夏向きじゃないですね。

-------------------------------
全体像
偽iPhone の3倍ぐらいの大きさ、本物iPad に比べると小さい
b0098997_6332748.jpg
厚みはこんなもん
b0098997_6334885.jpg
箱 3G って書いてあるけど、電話は使えない
b0098997_6343660.jpg
付属品: USBケーブルと、USB 有線LANコネクタ
iPhone のコネクタと互換性があるみたい
b0098997_6345752.jpg
USBや有線Lanはこうやって使います
b0098997_6351167.jpg
 立ち上げ画面
b0098997_6354933.jpg
デスクトップ
b0098997_636694.jpg
画面は自動的に回転すっるが、レスポンス悪い
b0098997_6361995.jpg
有線Lanでネット接続し、Google へ。
Default ではモバイル画面になる
b0098997_6363215.jpg
TABの切り替えはこうやって 
b0098997_6364564.jpg
Google MAp に接続
b0098997_6365610.jpg
日本語入力
b0098997_6385987.jpg
MP3プレーヤーとして。(スピーカーの音はなかなかいい)
b0098997_6372349.jpg
b0098997_6374043.jpg
Terminal Emulator でLinux コマンドを使う 
b0098997_638162.jpg
フォトビューワ
b0098997_6391836.jpg
蘇州の大学で女子学生に囲まれてウハウハの僕。 本物のように人さし指と親指での拡大は出来ない。

●まとめ
実用としては、ちょっとねー。 
でも、680元で、この機能はお買い得でした。
最近国内でも販売され始めましたが、18000円ぐらいしてます。
確か、アキバオーでも販売してるとか。
まとめとしては、 Android を使ってみる、理解する、ハッキングするという意味ではとても役にたちました。

それと、カフェとかで使ってると、注目のまとです。
「おっ、iPad」 、[ん?]、「なんか違う」、「あれなんだ?」
ってね。
ガハハ、カイカンです。

Y上君、いいお土産をありがとー(^o^/
by soukichi_uchida | 2010-07-17 06:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
Made in Vietnum
いやぁ~、 いろいろあって、 二胡どころじゃない状態つづいてました。
この先もまだまだいろいろあるんですが、、、
その間にもレッスンはあったんですが、 先生はすぐ見抜きますね。。。 日々の練習してないと、即、演奏に現れます。。 
練習しなきゃ。。。

で、本題。

Made in Vietnum といっても、ダンガオ とか ダンホー とかの擦弦楽器の話じゃありません。

先日ベトナムから若いエンジニア ホアン君が研修にきてました。
そうそう、まだ結婚してから日が浅く、結婚式とかの写真をノートPCにたんまり入れてました。 
いかにもベトナムらしい水辺の家の前で船に二人で乗ってるシーンとか、砂漠みたいなところで撮ってるきれいな写真とか。 もちろん主役は奥さんです。
この辺は中国人と非常によく似てます。 結婚式のときに、やたらど派手かつきれーな写真を記念に残したがる。。
言葉も広東語はなんとなく解るなんていってましたね。

そうそう、写真の中で、新婦が二胡風の擦弦楽器を演奏してるふりをしてる物もありました。 彼女はそれを演奏できないといってましたが、 こういう写真で利用されるほど一般的というか民族にしみこんでるんですね。

ああ、、、
結局話しはそれてます。

今度こそ 本題 Made in Vietnum 

我が家のデジカメは、完全に娘に所有権が移ってしまい、お父さんは自由に使えなくなったんで、しかたなく近所のコジマで型落ちの安いやつを買いました。 ちょうどベトナムのホアン君が来てた時。
価格は8000円代。 でも 光学3倍で12万画素。 まあまあ使えます。

それを見たホアン君。
ホアン: 「それいくらでした?」
私:   「ん、8000円ちょいだよ」
ホアン: 「どこで売ってました、それ買いたいです」
などなどと会話があって、

私が買ったデジカメの箱を見てたら、
なんと、Made in Vietnum とのラベルが。。。。

それまで、超盛り上がってたホアン君。。

「しゅうぅうう~」 って音を立てて冷めてきました。。

その後、デジカメ買わないのか? って聞くと不機嫌になるホアン君でした。

ホアン君、安いのには訳があるんだよ。
最近は中国より、君の国に生産拠点がどんどんシフトしてるんだよー。。
by soukichi_uchida | 2010-07-17 03:17 | その他 | Trackback | Comments(0)