二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
タグ
カテゴリ
検索
<   2010年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧
皮を弦として考えてみると 見えてくるもの 2
>ポンポンと皮を叩いた時の音の違いが、弦の振動が駒から皮に伝わって
>音になった時にどう影響するかの答えは何も出てないな~。。。
の続きです。

駒を置いた状態で考えます。
駒をコンと叩くと出てくる音が G だとします。

弦の振動一回が、この「コン」に相当するとします。

弦がAの振動をしているとすれば、1秒間に440回 G の音が出ている事になります。 こうなると人間の耳に聞こえるメインの音はA、 もとのGの音は「味付け=音質」になります。

これを式で書くと
  Y(t) = A×sin( 2π・ωa・t ) × B×sin( 2π・ωb・t )
  ωa: 弦の 周波数、ωb: 駒(皮)を叩いた時の音の周波数
になると思われます。(いわゆる振幅変調)
※あまり自信なし。。。

これを絵で見てみましょう。
駒を コンコン と 1秒間に 440回叩きます。 一秒間に440回 G が鳴ります。
b0098997_346468.jpg
Aの振動はこの絵のように不連続ではないので、実際には、こんなんになったり 
b0098997_3495854.jpg
こうなったりします
b0098997_3505710.jpg
ちなみに上の絵は、皮を叩いたときの音が、Aに近い場合、下は離れている場合の模式図です。 A の音でもずいぶん趣が違ってきてますよね。

ここで、一つ解ったことは、 音質に影響を与えるのは、(整数)倍音だけじゃなくて、皮の厚さや張りに基づく音(皮の固有振動数?)が入ってるって事です。 
これは、二胡の個体による音の違いの要因の一つですね。

もし、どの二胡も、駒を置いて叩いた時の音がCとGだとした場合、
A の音を弾いた時に
 G が入っていれば 7th の音が入ってる。 ⇒ ブルージーな感じがする
 C が入っていれば Am。 ⇒ 悲しい感じがする。

二胡の音が、なんだか物悲しげってのは、こういう所に原因があるのかな???
なんちゃって、、
これは全く自信なし。
 
PS
 piano さんの二胡は CとGだそうです。
 全く自信はないのですが、僕の二胡(北京1号2号、蘇州1号)は駒を置いた状態でGに聞こえる気がします。 piano さんの4本、僕の3本で計7本での結果が、GまたはC。
これはひょっとして皮張り職人さんたちの秘伝に近づいたのかもしれません。

厚さもマチマチなのに、皮の張り具合はどうやって判断しているんだろう? という疑問がありましたが、コンコンって叩いてみて、GとかCが出れば、「こんなもんかな?」ってやってるんじゃないでしょうか?
二胡工房さんとこに何かかいてあるかな?
by soukichi_uchida | 2010-02-28 04:21 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
皮を弦として考えてみると 見えてくるもの。
piano さんの、皮を叩いた時の音の高さの違い報告から、モンモンと考えてました。

今回もクドクドと長いです。。

皮を叩いた時の音の高さの違いは、
皮の厚さと、張力で決まります。(太鼓と同じかな?)
絵にしてみるとこんな感じ 
b0098997_023115.jpg

同じ力で張られている場合、厚い皮の音は低い、同じ厚さの場合張る力が弱いと音は低くなります。
こうやってみると、弦と同じですね。

ここでまた、おかしなことを考え出しました。

皮を弦として考えてみます。
単純化するために、皮を面ではなく線としてとらえます。また、制振綿から後ろは振動しない物とすると、下図のように単純化されます。
b0098997_0301486.jpg
図中青い線を弦として考えます、赤矢印が圧力点(駒の位置)

駒が上下に振動する事により、弦には次の様な振動が発生します。 
b0098997_0361775.jpg
駒と制振綿の位置を変えると倍音の出方が異なってくる事が、容易に想像されます。  ※この図では、奇数の倍音(赤、オレンジ)が強くでています。

なかなか興味深い。。(自己満足)
 ⇒ 最適な駒の位置と制振綿の位置ってテーマになりそうです。

さらに突っ込んでみます。

上図の赤の矢印は駒からの力点ですが、あくまで「点」として考えています。駒も底面は点ではないので、無数の力点が存在します。これも単純化してみると、
b0098997_1195888.jpg
弦(駒の頂点)から、各力点までの距離と力がそれぞれ異なります。 つまり、それぞれの力点から発生する振動の、振幅、振動数(周波数)、位相がビミョーに異なります。
b0098997_1253317.jpg

もし、倍音が全く無く 基音A だけだとしても、 440Hz を中心にある幅を持った音が発生している事になります。きっと僕らの耳は平均値を聞いているんでしょう。
駒の底面の大きさ、小、中、大 でのイメージはこんな感じです。
b0098997_1534998.jpg
これに位相のずれも入るのもう少し複雑になります。
ここから、
小さい駒は(中心となる)音が大きく聞こえて、大きい駒は小さく聞こえる
大きな駒には、基音まわりだけでも倍音以外の多数の音が含まれている

ということが理解できました。

しかし、、ちょっと待てよ。

ポンポンと皮を叩いた時の音の違いが、弦の振動が駒から皮に伝わって音になった時にどう影響するかの答えは何も出てないな~。。。

まだまだ続く。。です
by soukichi_uchida | 2010-02-27 01:50 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
音質を考える 3
倍音と音質の関係まだまだ悩んでます。 

ネットでいろいろ検索しましたが、はっきりと書かれている、定量的に解説されているところは、なかなかありません。中でも綺麗にまとめられているのが。 以下3つ

音の種類と用語からの抜粋
【音質の表現】
明るい音と暗い音 
 イメージとしては、高域まで多く含む音をオーディオ装置で聞く時に、トーン・
 コントロールのTREBLEを上げた時に聞こえるような音を明るい音
 TREBLEを下げた時に聞こえるような音を暗い音と言います。
太い音と痩せた音
 イメージとしては上の逆で、低域まで多く含む音をオーディオ装置で聞く時に、
 トーン・コントロールのBASSを上げた時に聞こえるような音を太い音
 BASSを下げた時に聞こえるような音を痩せた音と言います。
素直な音と癖のある音 
 イメージとしては、平坦な特性のオーディオ装置にて聞いた音を素直な音
 あるところにフォルマントがある特性(長い筒を通して音を聴いた場合など)
 で聞いた音を癖のある音と言います。 

【Yahoo 知恵袋の質問に対するベストアンサー】
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422958574
 高音域10000~20000Hzの音を増やすと明るい・硬い・キンキン、
 20~250Hzくらいの低音域を増やすと暗い、重い、もわーっと

【簡単音楽講座 第4回 倍音の不思議 倍音と響きの関係】
 http://www.kcc.zaq.ne.jp/ono/ongakukohza/ongakukohza004.html
 強い音は明るく、弱い音は暗くなる

こういう情報と二胡の音質にどう結び付けるか? です。
さらに駒の評価にこれを結び付けたいと思ってます。

好き、嫌いとか趣向を抜きにした評価の基準ができるといいなー、と思ってますが、道は遠い。

ところで、こんな本がありました。
「楽器の物理学」買って勉強してみたいけど、 本に6000円は出せんわ。。
by soukichi_uchida | 2010-02-26 22:11 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(4)
弦がよじれてる
今日はコネタです。

弦がよじれる」 といっても、自然に弦がよじれるという話ではなく、
人為的なミスのお話。

皆さんも経験した事ある?。。。と思います。
ソコツ者の僕だけなのかな?

<本題>
弦を張り替える時、特に糸千斤の場合、千斤の張力を保持するために
弦は一本ずつ交換しますよね。

この時に陥りやすい(?)チョンボの話です。

新しい弦に交換して、
新しい弦の音を期待して弾いたとたん、音が出ない、チューニングも取れないって
経験ありませんか?

千斤の中で二本の弦がクロスしてしまっている事が原因です。

●正常
b0098997_2334519.jpg

●チョンボ
b0098997_2313762.jpg

気付かずに、チューニング取ろうとして、グイグイ琴軸まわすと、弦が弦を引っ張るので、弦が痛みます。
※オオバコでの草相撲状態ですね。。。 そういや、最近オオバコ見かけんなー

せっかく張り替えた弦を、外してまた付けるなんてやってると、
折れ目がついたりして、弦にも悪いし、なにより新品感が失せてしまいます。

弦の張り替えは、落ち着いて、弦をクロスさせないように注意しましょー

え”???

「そんなチョンボするのは、お前だけじゃ!」、ですって。。

僕は3回ほどやりました。
by soukichi_uchida | 2010-02-25 23:16 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
音質を考える 2
倍音を調整して波形を作れるソフトないかな~、なんて探していたら、ありました。 すばらしいソフトが。 効果音エディタ_D というソフト。 
b0098997_22373457.jpg
波形をフリーハンドで書いて、音を鳴らしてみたり、1~16までの倍音を組み合わせて波形を作ったりすることができます。
これは面白いソフトです。 皆さんもぜひダウンロードして使ってみてください。

で、これを、どう利用したかですが、、
まず、いつもの WaveSpectra (高速リアルタイム スペクトラムアナライザー)で、二胡の音(外弦A)をフーリエ変換します。 すると 440Hz を基音とする倍音構成が解ります。
b0098997_22423418.jpg
次に、このスペクトルを見ながら、効果音エディタ_Dで、各倍音の強度を上と同じ様に設定して行きます。
b0098997_2245213.jpg
このソフトこれだけで終わらず、合成した音を Wav ファイルとして保存できます。
保存したWavファイルを WaveSpectra にかけてフーリエ変換する。 
すると、、
b0098997_22483385.jpg
合成された波形と、フーリエ変換結果(倍音構成)が表示されます。 合成波形は、イビツですが、二胡の生音の波形とそこそこ似た形になっています(1周期に4つの山)。 音として鳴らしてみると、ただのサイン波や、ノコギリ波に比べて、かなり二胡に近い音です。

何がやりたいんじゃぁ! クドクドと! と思われるでしょうが、、、もうちょっと。

二胡(外弦A)に似た、倍音構成を持つ波形が作り出せた。
この波形の倍音構成を少しずつ変化させる事により、「音質」の異なる二胡の音が作り出せる。

これで、たとえば、「明るい」と思える音と「暗い」と思える音の違いは何か? が分析できるんじゃないかと考えています。

問題は、僕の耳が「明るい」「暗い」を聞き分けれるのか? です。。。

続く。。。


----------------------------------------------------
二胡やるぞー」、「まとめサイト」、「倉庫」で三位一体運営中
by soukichi_uchida | 2010-02-24 23:06 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
音質を考える 1
楽器の音質って何でしょう?
 ・厚い、 暗い、 柔か、 複雑、   湿った
 ・薄い、 明い、 硬い、 シンプル、 乾いた etc...
いろんな言い方がありますが、
違いの主な要因は、倍音構成の違いじゃないかと思います。

そこで、倍音について考えてみることにします。

まず、基本。
バイオリンや二胡等の擦弦楽器の波形は、ノコギリ波だといわれています。(シンセなんかをいじってる人はよく知ってますよね。)ノコギリ波とはこんな波形 ↓ 
b0098997_21214150.jpg
「ヂー」とか「ギー」という音です。 これをフーリエ級数展開すると、こうなります。
b0098997_21224312.jpg
基音となる数は数成分 Sin(t) と、2,3,4,5、、、倍の周波数成分から構成されていることが解ります。
実際にノコギリ波(440Hz)をフーリエ変換するとこうなります。
b0098997_23322387.jpg
数式とよく一致した成分と強度が見られます。
※通常は縦軸はdb、横軸は log スケールですが、解りやすくするために、リニア表示にしてます。

次に 二胡の外弦A(開放弦)を見てみましょう
b0098997_23332832.jpg
うーん。。。確かに、ノコギリ波っぽい波形ですね。フーリエ変換した結果は、ずいぶん上のノコギリ波と異なります。

機械的なコンピュータが作り出した「ヂー」っていう音のノコギリ波と二胡の音の違いはこれです。倍音の構成が大きく異なります。(あたりまえの話ですが。。。)

ここまでは、いいのですが、
太い音とか、細い音の違いってどうやって比べるか?
うーん、駒の底面関を変えながら比べてみるかなー。。。

--------------------------------------------------------------
二胡やるぞー」、「まとめサイト」、「倉庫」で三位一体運営中
by soukichi_uchida | 2010-02-23 23:44 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
「コブィズ」が来た!
S君がカザフスタンから、帰ってきました。

現地の楽器屋さんには、作り置きはせず、オーダーで、納期1ヵ月、価格はUS$500 ぐらいとの事でした。 約5万円、シャレで買える価格じゃないので、あきらめてました。
ところが、空港に、「お土産二胡」同様、「お土産コブィズ」が置いてあったので、これを購入してきてくれました。価格は1万円ぐらい。
※カザフの物価は日本とあまり変わらないという事ですので、1万円相当の「お土産コブィズ」ですね。。。

こんなかさばる物を、カザフから持って帰ってきてくれたS君、ありがと~(^O^/
ちなみに、カザフには日本からの直行便はなく、韓国経由で、週に2日しか飛んでないそうです。。。

会社で、みんなで見ていた時の意見は
 弓の木: 「よく、海でこんな木落ちてるよな」
 本体: 「小学校の机とか、椅子の廃材か?」(いつの小学校じゃい!)
でした。。(^_^::
みんな、ひでぇーよなー。 S君がんばって持ってきたのに。。。

本体画像
b0098997_19311045.jpg
使われてる木の種類は解りません。 軽く、密度のなさそうな木です。 本体と弓、(大きさ比較のために二胡弓と並べてあります)
b0098997_19321442.jpg
弓も弦も馬のシッポの毛です。 何の皮かは解らない皮の上に駒を立て、ここでの振動が上部のお椀で受けています。 
「駒」
b0098997_19482783.jpg
二胡と違い弦を横方向に振動させるため、バイオリン型の駒です。
「テールピース」が使われています。 
b0098997_19501374.jpg
何かの動物の爪か骨の様な物で作られています。
後ろから見たところ
b0098997_1952288.jpg
、、、、、、割れてるし、、、

で、どんな音するのか?
弾き方解りません。。。そもそも、どの音にチューニングすればいいか解らんし、弓には松脂つけていいものやらどうやらで、、、
しばらく。 観賞用です。。



------------------------------------------------------
二胡やるぞー」、「まとめサイト」、「倉庫」で三位一体運営中
by soukichi_uchida | 2010-02-23 20:18 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(2)
リグナムバイタ、蛇鱗木 
自分の無知さに赤面します。。

最強の木材 リグナムバイタ の記事で書いてた、「リグナムバイタ」てのは、いわゆる「緑檀」なんですね。

二胡工房さんで、緑檀の二胡作製に挑戦されてますし、 中国屋楽器さんでも緑檀の二胡を販売されてました(売買済)。 
緑檀の二胡、いぃ~色してます。 
いい香りもするそうです。 
中国屋楽器さんへの画像リンクです 
ほしい、、、

それと、蛇鱗木の二胡の記事の 蛇鱗木。 これは、スネークウッド とも呼ばれてる物なんですね。こんな木
b0098997_0182194.jpg
 なんと比重は1.09。 水に沈みます。。。

木材」び呼び方っていろいろあって混乱しますねー。
いまだに、なんとか紫檀、老紅木、紅木、よーわからん。。。(^_^;;
by soukichi_uchida | 2010-02-22 00:28 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(7)
花粉症と二胡
花粉症の季節です。

今年は少なく感じますが、はじまってます。。つらい。。

花粉症の人、松脂の粉って気になりません?

二胡弾いてると、けっこう松脂が粉塵化して舞いあがってます。
二胡を弾いてて、「ウェ~ックション」(おっさんくしゃみ)、
気がつくと、 お水が弓にベットリと。。 ギョエぇ~(゚д゚)!
※音出なくなります(^_^;;

あ”~、書いてて気持ちわるぅ~。。。

さらに、 ここんとこ、駒や千斤、琴窓作ったりで、ルーターで木材をブンブン削ってます。
小型の掃除機で吸いながら、やってますが、それでも細かい粉が部屋中に舞ってます。。。。

ダメだこりゃ。。。
by soukichi_uchida | 2010-02-21 19:43 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
音質って?
二胡の音(特に音質)に関して、僕も、みなさんもよく
厚い・薄い、明るい・暗い、硬い・柔ら、シンプル・複雑、乾いた・湿った
等々、いろんな言い方してますよね。
※まだあるかな?、、 艶が有る・無い、、とか

大別すると、
 ・厚い、 暗い、 柔か、 複雑、   湿った
 ・薄い、 明い、 硬い、 シンプル、 乾いた
じゃないかと思います。

周波数が同じ場合、違いは、倍音の成分比率だけだと思うんですがね、、
他の要因としては、エンべローブ(ADSR)も、人の耳が感じる「音質」には影響しているんじゃないかと思います。

この辺は、きっと詳しく調べている人がいるに違いありません。 
調べてみよー。 きっと何かが見えるはず。
by soukichi_uchida | 2010-02-21 17:53 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)