二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
タグ
カテゴリ
検索
<   2009年 11月 ( 79 )   > この月の画像一覧
パソコン(電脳)がキター! と お祈りパンダ
φ国にはなった草達からの情報です。(実話)
んー、1,2件の事ではありません。 

φ国の客先の弊社の装置(制御用のパソコン付き)を納めると。。。
外資、日系、民族系どの客先でも皆、装置そっちのけで、「パソコン(電脳)キター!」状態。。取説しようとしても、電脳のことしか目に入ってない。。。 
そうなんです、新しい装置を購入した事より、
「パソコン(電脳)キター!」」なんです。。。

「3rd ベンダのソフト入れたり、ネットつないだりすると、装置の制御は保障致しかねますよー」なんて話は聞く耳もたない。
で、何ヶ月後、装置の動きがおかしいって呼ばれて行くと、目も覆わんばかりの惨状。。。 どー見ても業務に関係の無い なんだか、訳分からんソフトがワラワラ入ってるし、ネット(外部)にゃつながってるし、、、
OSが入れ替わってるのまである(^_^;; そこまでやるか?
あげくの果ては、ウィルス感染。。 レアケースでは無く、かなりの高確率で、、、

ふつー、こうなると有償で何から何まで再インストールなんですが、「保証期間中だろ、金払わん」ですって、
保証期間中ならなんでもありかいっ!保証期間過ぎてても金はらわんくせにっ!

何なんだろーな? φ国だって、PCの普及率はかなり高いと思うんですが、そんなにPC珍しいんだろうか?

で、ちょい古ネタなんですが、そのころ見かけたウィルスが、「お祈りパンダ(熊猫焼香」。
画面上のアイコンが全て、線香3本持ってお祈りするパンダ)に変わっちまう。。
b0098997_23465352.jpg
このウィルス見た目は笑えるんですが、けっこう極悪なウィルスだそうです。 当初中文OSだけに感染するといわれていましたが、日本語、英文でも感染するように変異したようです。。
各アンチウィルスメーカーは対応を取っているといいますが、、、
あ、上のアイコンは大丈夫ですからね、イヤほんと、信じて(^_^;;

<勝手に社訓>
 国内では、
   人様にウィルスをぜーったいに感染させんじゃねー(損害賠償もんじゃ)!
 国外では、
   ぜーったいウィルスもらってくるんじゃねー!

いいね! Y君、S君、R君、K君 心してかかりなさい
もちろん君、もしくはメンバーの誰かが捕らえられ、 或いは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。 なお、この勝手に社訓は自動的に消滅する. ♪チャラ~ン♪ 
by soukichi_uchida | 2009-11-24 00:03 | その他 | Trackback | Comments(0)
千斤とチューニング
北京1号、2号は牛角千斤で、あまり気にならなかったのですが、蘇州1号を糸にして、この問題を思い出しました。

チューニングをやっていて、Dを合わせてAを合わせる、で、Dを見るとずれてて、Dを合わせる、Aを見るとまたずれてて、、、、、、って事ありますよね。

弦楽器やっている人は特に疑問もなく、この作業を繰り返しますが、二胡の初心者は、内弦合わせて、外弦合わせて、「ハイお終い」、で音あってない。という人をよく見かけます。

2本の弦が「千斤(糸)」と「駒」を共有している事がこの原因です。

まず、糸千斤ですが、
千斤が2本の弦を一緒に引張り下げている。逆に言えば、弦が千斤を引張り上げている。
弦のチューニングを変える事により、弦のテンションが変わる。
結果、千斤にかかる力が変わる。
例えば、チューニングを高くすると、テンションは高くなり千斤を引張り上げる力が強くなる
b0098997_23223562.jpg
どちらか一方のチューニングを変えるだけで、千斤全体にかかる力が変わります。
千斤全体にかかる力が変わる事により、千斤が緩んだり、伸びたりします。
結果一方の弦のチューニングまで変わってしまう。
千斤の巻きがいい加減だったり、伸び縮みしやすい材質だとこの傾向が加速されます。

次に、駒
駒は2本の弦により下向きの力がかかっている
これも上と同じく、チューニングを変えると駒にかかる力も変わる。
b0098997_2323112.jpg
一方の弦のチューニングを変えると、駒全体にかかる力も変わる。
だから、もう一方のチューニングが変わってしまう。

あ”~、もっと簡単に書けんもんかいなー、ダラダラと、うっとぉしー。。。

牛角固定千斤を使っていると、あまりこれが気にならないのは、チューニングに愛する影響の大きさは、「千斤」>「駒」なんでしょう。

チューニングの容易さだけでなく、音程の安定度という意味では、やはり固定千斤使った方がいいんじゃないかと思います。 
そういう意味では、名刺堂さんの固定千斤はお勧めです。。
b0098997_23314859.jpg

by soukichi_uchida | 2009-11-23 23:32 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
墜胡
へぇ~、こんなのもあるんだ。 墜胡(zhuì hú) ですって。
構造的には、二胡と同じ、いわゆる「胡琴」なんですが、なんと「指板」があります。

賈鵬新(ジャー・パンシン)さんのHPの 「胡琴とは」 の中に解説がありました。

見た目、棹がすっごく長く、演奏するのは大変そうです。以下 You Tube より



基本は二弦なようですが、三弦のもあります。

どなたか、指板のある、二胡作ってくれませんかー?
長い歴史の中で、絶対に誰かやってると思うんですが、なんらかの理由で定着しなかったんでしょうねー、きっと
by soukichi_uchida | 2009-11-22 20:55 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
すげぇ~ 駒、駒、駒だらけじゃぁ~
こんなすごいブログ(中国語)見つけました。

pongshuguang的相册

写真中心なので、中国語で書かれたブログですが、画像だけでも十分楽し、、、いや勉強になります。

とにかく、 駒、駒、駒、駒だらけです。。 全 151種!

駒だけかと思ったら、修理・調整・材質比較 なんでもありです。。
だけじゃ無かった。。。 二胡を作る道具、材質、工程まで。。


情報の宝庫です。。

駒に関しては、こんな事やったり、
b0098997_1805090.jpg
こんな材料使ったり、
b0098997_1823480.jpg
こんなの作ってみたり、
b0098997_1835497.jpg
もーワクワク物です。。
ただ、ちょっと接続が重いのが難点です。
上のバイオリン型の駒とっても気になるぞー!

そいうや、誰か作ってなかったけ? 達人さんだっけ? 平野さんだっけ? あ~思い出せん。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-22 18:11 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
新型二胡を求めて 3
新型二胡を求めて 1で紹介した、この ↓ タイプの二胡が、日本にも入ってきてるみたいです。
b0098997_1552313.jpg
蘭華堂さんの 「一本限定二胡」紫檀六角形高級二胡 作者: 辜存雄(江西)、

中国屋楽器さん 「特別高級品二胡」(販売済) で、紹介・販売されてます。 
二胡高級品コレクションW 紫檀二胡※中国屋楽器さんの許可を得て画像を掲載
b0098997_22404695.jpg
これを購入した人コメントくれると嬉しいなー。

どちらも共通して、後ろに「竪長の穴」がある。

蘭華堂さんのは、琴托から琴皮(下部)にかけてカバーあり。
中国屋楽器さんのは、琴托もちょっと変わってるぞ?

うーん気になる。。
by soukichi_uchida | 2009-11-22 16:37 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
控制綿のナゼ?4 (番外編)
間違った 控制綿の付け方

なんか、音がおかしいな? と思って見たら、「控制綿がただそこにあるだけ」みたいなスカスカな状態な人がよくいます。こんな感じ、 
b0098997_3221557.jpg
駒から下の弦の振動が全く押さえられてません。これじゃあ、控制綿としての役割を全然果たしてませんね。 ダメダメ です。

一方で、こんなのは、そういませんが、ギチギチに控制綿を詰め込んでる状態。
b0098997_352524.jpg
超極端な話し、弦が下から持ち上げられて、駒んとこで弦がビビる、皮が押し下げられて、駒の下に隙間ができてしまう。ふつーこんなのは無いですね。 実は、いろいろ試してた時の私です。。。

スカスカにならず、ギチギチ過ぎない、 適切な控制綿の高さというか、弦と皮に対する圧力ってのもありそうですね。
by soukichi_uchida | 2009-11-22 03:48 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
金属音の原因は?2
蘇州1号をバラシた時にこんな写真撮ってました。
b0098997_19121349.jpg
にしても、見えない所はこんなもんですねー。底のフックも、木ネジだったし。。
で、目に着くのは琴托の中に、ドーンと入っている「重り」、どーりで、ずっしり感があるわけだ。 「まあ、これで結構弾きやすいからいーかー」と思いつつ
ふと気が付いた。

この琴托だって、琴筒とくっついて、二胡全体の響きになんらかの関与をしてるはず。 こんなところに金属がドーンと入ってて、しかも琴筒と接触するよーな入り方してたら、まずいんじゃないかいな?(接触してないかもしれないけど。)
こーいうのも、金属音の一つの原因じゃないかと思う。

新・二胡苦悶之謳の達人さんの「二胡のオペ」みたいに、やってみたいなー。
琴托をもう少し掘りこんで、重りと琴托が接触しないようにしてみる。。。

なんて、ド不器用な私がやると、取り返しがつかなくなるよーな、 薄いゴム板でもはさんでみるか。。。

※備忘録
友人の蘇州2号を組み立てて、調整してたら、なんだか音程が不安定、いろいろと調べてたら、琴棹が、しっかり(琴筒の底に)刺さってない。 数ミリだが浮いている。。。 問題外なチョンボでした。。。
二胡をバラシた時の要注意点でした。。
by soukichi_uchida | 2009-11-21 19:22 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
控制綿のナゼ?3 (中間報告) 深まる謎?
結論から言うと、惨敗! 「弦にだけ控制綿」じゃだめです。。
でも、得られる物はありました。

とりあえず、 
・控制綿有
・弦にだけ控制綿
・控制綿無

で軽く試してみました。
今後は、それぞれの音をD3,A3,D4,A4,~で鳴らし、これらをマイクで拾い、スペクトルアナライザ(FFT)して音の成分違いを見てみようと思ってます。

ただ、こんな事やらなくっても、耳で聞いただけで、違いは明白でした。
だいたい予測の通りなのですが、

・控制綿無
 特に高音部で、イヤな音(キンキン)が聞こえます。 このことを皆「雑音」って
 呼んでいるんでしょう。しかも、なんとなく琴筒から、残響音が聞こえる感じで、
 全体にペラペラ感があります。
 何も付けて無いんだからしかたがない。

・弦にだけ控制綿
 確かに、明確に効果があります。イヤなキンキン音(たぶんN+1倍の倍音?)
 は 確実に消え
てくれます。高音部を弾いても、この「雑音」は出てこない。
 ただし、弦を固めのゴムなどでガッチリと押さえてやらないと、効果はあり
 ません
でした。 問題は、やはり「なんとなく筒での残響感ありで、ペラペラ
 しかも、音でかくて、固い!(うるさい感あり)

・控制綿有
 これが、ふつーなんでしょうけど、 弦だけに比べると、はまろやかーで、
 厚みが出てくる。


以上から、想像できるのは、
控制綿は2つの役割を果たしている。
1つ目は、 駒から後ろの弦の振動をおさえ、不必要な振動を駒から琴皮に
 伝えない様にしている。
2つ目は、音量を抑ええつつ、皮の振動を非対称にして、倍音構成を複雑に
 し、 音にまろやかさを与えている


やはり、「弦にだけ控制綿」ていう考え方はだめなのか?音が大きいというのは、捨てがたい。
「なんとなく残響感、ペラペラ感」の要因を分析すれば、対策も見えてくるはずだ、、
やはり、ちゃんと分析しなきゃダメですな。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-21 18:48 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
幻の越前ガニ と 二胡
ぜんぜん二胡に関係のない話しを強引に二胡に結びつける

今朝、ワイフの実家から、蟹が送られてきました。

蟹と言えば、「上海蟹」、こないだ二胡を買いに行った時に食ったぞ。
(まず二胡話題 1回)

地元の人は いいもん知ってるんですよねー。
越前ガニ のメス で、セイコガニ(背負い子蟹)。 越前ガニといえば、ドーンと足が大きくって、ズルっつ足を抜いて食べるって印象なんですが、この蟹は雌なので、足が小さい、見た目にも派手さが無いので、雄のようにN万円てな値段が付かないんです。 なので、都市圏にはあまり出回らず、だいたいが地元で消費されます。 ※漁獲高維持のために漁期が制限(たしか、11月~1月)されてて、食べれるのは短期間。

で、との特徴なんですが、赤い「外子(そとこ)」とオレンジ色の「内子(うちこ)」これが絶品です。 特に内子は一度食べたら病みつきです。。。
b0098997_17554715.jpg

最近は通販でも手に入りますので、ぜひ一度お試しあれ。

で、越前といえば、福井県。 福井では、この蟹の事とセイコガニと呼びますが、お隣の石川県では、香箱蟹 (こうばこがに)と呼ばれています。 んで、お互いに、セイコの方が美味いとか、いや、こうばだ! なんて言ってます。。。
どっちも、ずわい蟹のメスなんですけどね。。。

福井の二胡関連情報ですが、
李丹(Li Dan) さんが福井と拠点に活動(教室、演奏、二胡販売)されてますね。
また、メジャーデビューされた、野沢香苗さんは福井出身だそうです。
なんとお店(琴行)もあって、十三堂楽器さんの支店があります。(まだやってんのかな?)

ふー、これで、二胡話題2つ目。。。

ということで、「幻の越前ガニ と 二胡」 でした。
by soukichi_uchida | 2009-11-21 18:04 | その他 | Trackback | Comments(3)
タグ を整理しました。(記事100件達成記念)
これまで、タグの設定をいいかげんにやってた物で、記事が増えてきて自分でも訳わからんよーになってました。

そこで、タグ を整理・見直しをして、記事を閲覧しやすくしました。

今のところタグの種類は
・改良・改造
・構造分析
・中国旅行
・奏法分析
・琴行 情報
・φ国情報
・二胡その他
・二胡コレクション
・蘇州農業職業技術院
・新型二胡

です

例えば、( タグ )欄の 「改良・改造」 をクリックすると、二胡の改良・改造にタグ設定された記事の一覧が表示されます。 
あたりまえの事やっただけなんですが、、ご利用願います
by soukichi_uchida | 2009-11-21 01:38 | その他 | Trackback | Comments(0)