二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
タグ
カテゴリ
検索
<   2009年 11月 ( 79 )   > この月の画像一覧
チェロの力学
いやー、まいった。 チェロ で私と似たような、(似てるなんておこがましい)、
ものすごいハイレベルな分析をされてる方がいました。
(せ、せめて発想だけは同じだといわせてくれぇ~)

手作り楽器 工房Minehara さん
b0098997_21102727.jpg
このHPにて、 
弦楽器の力学―チェロの力学
  ―「世界初 ウルフキラーの振動解析」 -ウルフキラーの振動解析 

という解説をされています。 

仙豆 10壺 謹呈!
b0098997_2114435.jpg
で、ものすご過ぎて、理解できません。。 数式沢山でてくるし。
これ以外にも、「バイオリンの音が出る仕組み」等、とても参考になる解説を行われています。
数式おっかけなくても、絵だけを見てても、それなりに勉強になります。
※自称エンジニアと言っておきながら、なさけない。。 だって、数式おっかける根性がもうないんですもの(^_^;;

理解できた事は、やはり駒からテールピースまでの間の弦は振動する。これがウルフトーンの要因である。 しかし、やみくもにウルフキラーを付けるのではなく、科学的な解析により、付けるべき弦と位置を求め、効果を検証されている。という事です。
そういう意味では、とりあえず、微調整器具を駒の下に思いつきで両方の弦に付けてみて、大失敗してる私って何? あ~恥ずかしい。。

でもメゲずに、どシロート二胡分析はつづくのでした。。。

追記:
技術屋さんとしては、こんなの大好きです。 こういう科学的な分析をしない(できない)で、技だとかノウハウだってぇのは嫌いです。 科学で分析できない、残った所が技なんです。。それも時間が解決する、と思う。
参考: 職人の匠の技とテクノロジー
by soukichi_uchida | 2009-11-30 21:14 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
控制綿のナゼ? 7(結果報告 ウルフキラー代用)
娘とヨメがいなくなったので、ちょいと音鳴らしてみました。。。

なんじゃあ~?これわ~!。

鉛筆を弱音器として使った時の音ありますよね。 
あの音になっちまった(^_^;;


大失敗!

なんで? セッティングが悪いのだろうか? まるで、駒の振動まで押さえてしまっているような。。
抑え過ぎなんだろうか?

確かに、駒の下側の弦の振動を完全に抑え込んでしまうと、駒の上側の振動にも影響するのかもしれない。
微調整器具では、代用にならないということか?


こーなりゃ、本物買ってみるしかないな? 
近くの楽器屋にはバイオリンも置いてあったな買ってこよう。

失敗を繰り返し、真実に近づくのか、「やっぱり控制綿で十分だ」という事になるのか、謎が謎を呼び発散してしまうのか? 道はまだまだ遠そうです。
by soukichi_uchida | 2009-11-29 22:37 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
控制綿のナゼ? 6(ウルフキラー代用)
「ウルフキラー」が頭から離れない、
でも釣り具屋さんまで行くのもめんどくさい、
ましてやバイオリンのウルフキラーなんて高くて買えないし。 
なんかないかなー? なんて考えていて、ヒラメキました。 こんなのどーでしょー?
b0098997_17171066.jpg

微調整器具を駒の下、 控制綿の上に取り付けます。

ウルフキラー対策にもなるし、微調整もできる、一石二鳥じゃ??
お、俺って天才?

駒の下の弦の振動を押さえる事が目的ならば、これで十分役に立つんじゃないかと思う。

これの注意点・問題点は、
1) 2つの微調整器具がお互いに接触しない事
2) 微調整器具が琴皮に接触しない事
でしょう。

で、その効果は?
試そうとしたら、なぜか、娘とヨメが私の部屋で、試験勉強を始めちゃいました。。なんでやねん、なんでワシの部屋でやるんじゃい? 
あっちいけー、なんて言えない。。。(^_^;;
by soukichi_uchida | 2009-11-29 17:27 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)
中国 二胡ポータルサイト?
これは、なかなか便利。
曲、譜面、動画、「二胡新聞」なんてのもある。
中国語読めたら、なかなか使える WEBサイトです。

b0098997_532054.jpg


これは、使えます!

注意!: 中国のWEBを回っていると、結構な頻度で、ウィルスチェックに引っ掛かります。
      安全対策は、自己責任でお願いします。
      ↑ のサイトは今のところ 20091129現在 大丈夫みたいです
by soukichi_uchida | 2009-11-29 05:33 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
控制綿のナゼ? 5 (ウルフキラー)
うじゃうじゃ考えてたら、バイオリンとかチェロの世界じゃあたりまえの話だったんですね。駒の後ろに付けて、いわゆるウルフ音を押さえる器具が、わんさか存在してました。
こんなの ↓
b0098997_201536.jpg
じゃなくて、、これ ↓
b0098997_213380.jpg
楽器への取り付けはこんな感じです。
b0098997_2152144.jpg
その効果としては、駒から後ろの弦の振動や反射をこれでブロックしてるんじゃないかと思われる。バイオリンの周辺機器だと高いんだろーなー、きっと。 一個N千円かな?
控制綿のナゼ?で推測してたこれ↓ 
b0098997_2173642.jpg
での、緑の破線を上記のウルフキラー達は押さえこんでいるんだろう。 「控制綿のナゼ」シリーズでの推測がだんだん裏付けられてきたぞ!
やはり、控制綿は 「ウルフキラー」としての役割と、「琴皮の振動調整(音量と、倍音構成)」2つの役割を果たしているんだ。

なにか代わりになるものは無いかと探してたら、、
マイッタ、、、「 二胡好き 」のベンさんたら、、すでにやってるじゃないですかー(^_^;;

もひとつ裏技教えます! ウルフ音対策♪
で、「釣り用の重り」で実験されてました。 効果アリとの事です。

うぉ~、さっそくやってみよう! ベンさんありがとー(^o^/
by soukichi_uchida | 2009-11-29 02:33 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
ミニチュア二胡の大改造! ⇒ 仙豆5粒!
久々に、大喜び笑いしちゃいました。 ガハハハハ(^o^/

二胡ぶろさんたら、凄過ぎっ! 
ミニチュア二胡ん所で、二胡ぶろさんが、飾りのチビ二胡
b0098997_052818.jpg
を改造されてるのを紹介しましたが、
なんと、二胡ぶろさん! その改造過程を自身のブログ「二胡ぶろ」にて紹介して下さいました。

なな、なんと 達人さんの 新・二胡苦悶之謳を参考にされて、あのチビ二胡にマジで皮張りをされてます。

ここまでくると、二胡ぶろさんも、二胡 を製作する 「 りーべんれん(日本人)?」の方々の仲間入りですねー。

仙豆 5粒!! 
b0098997_047274.jpg

by soukichi_uchida | 2009-11-29 00:54 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
なんだかね~
09年7月ごろ、φ国行きの機内での、新型インフルチェック

当時の国内感染者数の公式発表は100人以下?でした。
現地の「草」達からの情報と、ぜっんぜん違ってた。。

入国者をかなり、ヒステリックにチェックしてた感あり。
あれは、対外的なポーズだったんじゃないかと思う。

だいたい、現地じゃ誰もマスクもなんもしてない。
「グォワー、ペッ」とか「片鼻チン」は、相変わらずみかけるし。。

で、7月の事、後ろの席にゲホゲホいってる、ガキンチョいた、というだけで、が知人が2名空港で拉致されました。。。
b0098997_15343959.jpg
でも、このCA、結構美人じゃないか? け、検査してください。
by soukichi_uchida | 2009-11-28 15:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
お祈りパンダ(熊猫焼香)にご注意!
こんなアイコンがあなたのPC に現れたら、即病院行きです。
b0098997_303358.jpg


●gif アニメーションバージョン
b0098997_257242.gif
 リアル過ぎっ!

↑↑↑↑ これは、ただの画像です。 安全です、いやホント

Anti Virus Free 9.0.709 DB Version 270.14.83/2529 にてチェック済
by soukichi_uchida | 2009-11-28 03:02 | その他 | Trackback | Comments(0)
仙豆の誤った用法
全くの身内ネタです。 二胡に関係なしっ!

先日、φ国に出張した Sヲ君。 ( ↓↓↓ Sヲ君 in SH●NGH●I )
b0098997_0394335.jpg
あっちで「 仙豆 」を購入したそーな。
b0098997_5423986.jpg
で、 とても大事なお仕事直前に、 「 元気回復! 」 と 一錠服用
でも、彼は元々バカみたいに元気なやつなんです。

元々の元気さで、大切なお仕事は 大成功! えらいぞ Sヲ君! 

しかし、お仕事が終わったころに、仙豆の効果がメキメキと。。。

   神龍登場!
b0098997_0541654.jpg


困ってしまった、Sヲ君。。。 
願いは叶うのか~?




仙豆は、用法用量を正しく守ってご使用ください。


そもそも、その「仙豆」は本物か?
へんなもん、確かめもせずに飲むと、命にかかわりまっせ ('<

by soukichi_uchida | 2009-11-28 00:55 | その他 | Trackback | Comments(1)
究極の駒再び! バイオリンの駒との比較
駒ね、、いきなり「究極の駒」なんて打って出たんですが、奥が深すぎて、頓挫しいてました。 たまたまバイオリンの駒の解説をネットで見かけたので、二胡駒との比較と考察を行ってみました。

バイオリンの駒ってすごいんですねー。 びっくりしました。 
まず、「調整」するのは当たり前、各元ごとに高さを調整する。 削ることが当たり前のようです。またバイオリン本体の中の支柱との位置関係等々これまたおもしろそーなパーツです。
ここで初めて知った用語が「駒の振動エネルギー変換」です。駒はこれを実施する「駒の振動エネルギー変換機構」なんだそうです。
b0098997_2255469.jpg

その仕組みとしては、バイオリンは演奏を見て判るように、バイオリン本体(弦の張)に対して水平に近い角度で弓が当てられます。 (逆に二胡は、琴皮に対して垂直に近い角度。)この弓の動きを黒い矢印とする。この力は縦方向(青)横方向(赤)の力に分けられる。 このままだと、駒からバイオリン本体に伝わる振動は、青のままで、非常に小さな物になり、赤の力は捨てられてしまう事になる
ところが、 この駒は、青と赤の力を利用して、左右に小さくに回転運動を行う。 そうする事により、一見ムダと思われた、横方向の振動が効率よく、縦の振動に変換(緑)される。 との事です。

これは何かにヒントになるに違いない。


二胡ではどうか?
棹(琴桿) と 弓の角度で書いた様に、二胡は元々、琴皮に対して垂直に近い角度で弓が移動している。 つまり元々縦方向の力のほうが大きい。
b0098997_2324269.jpg
言い換えると、正しく弓を使っていれば、その力は元々効率よく駒から皮に伝わっている。
しかし、小さいながらも横方向(赤)の力も存在している。駒の小ささを考えると、この力は、たぶん捨てられている。
この力を捨てることなく、利用する事はできないのだろうか?

 もし二胡の駒が回転しているとすれば、縦の力は分散されて小さくなってしまい逆効果となる。
このタイプ
b0098997_23205964.jpg
の駒は、バイオリンを意識して作られていると思われるが、正しい運弓をしている限りは、あまり意味がないのかもしれない。(むしろ左右の弦の力を分ける事が主目的だろう。)一方で、、多少タコな運弓をしても、力が捨てられる事なく、効率よく力を皮に伝えてくれるのかもしれない。しかし、バイオリンと二胡の駒の大きさの差を見るとそれほど大きな効果があるとは思えない。

んー、ダメか?

逆(ネガティブ)に考えてみる。 この横の力(振動)は、駒を左右に動かす力となる。 これが雑音の要因となったり、音の不安定さになったりしてはいないだろうか?
この効果の影響が大きいとすれば、駒を回転させて、縦の力を多少ムダにしても、音質の向上にはつながるのかもしれない。

結局は机上の妄想に終わってしまた。。。

究極の駒への道は遠い。。。

二胡用のこんな駒もありますが、、、
b0098997_23391271.jpg

by soukichi_uchida | 2009-11-27 23:40 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)