二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
カテゴリ:二胡うんちく( 205 )
駒のベンチマーク
駒を自作したり、削ったりして楽しんでる皆さん。

僕の経験ですが、
いろいろ試行錯誤して、なんとか気に入った音がでる駒ができた。
でも、
  「元の音ってどんなだったけ?」
  「本当にに前より良くなったんかいな?」
  「あれれっ?、これとあれの違いはなんっだったけ???」

結果、試作駒の屍累々なんて、
こんな経験ないですか?

そこで、
駒を評価する上で、その性能を評価する指標(ベンチマーク)
必要じゃないかと考えています。

現状、駒の性能の評価は、個人の主観というとてもあいまいな
ものになっています。
要因としては、

1.対象となる二胡本体(含む弦)の個体差がある
2.弾き手のレベル、技法にも差がある
3.評価する音域もひとそれぞれ
4.音の聞き取り方にも個人差・趣向がある


「じゃあどうすればいいか?」を考えてみましょう。
きっといい答えは出ないと思いますが、、、

1.二胡本体の個体差

 ん~、いきなり困った。。
 二胡は、天然物を使った手作り製品。個体差も大きい。
 どないすんねん?

 業界として、駒評価用のリファレンス二胡なんてのを
 作ってはどうでしょうね?
 ※西野さん、お願い(^_^;; 

 仲間内で複数の駒の評価をやる場合は、どれか一つの二胡に固定して
 やるしかないでしょう。

 ここでは、
 駒と二胡との相性というのは別の問題としておきましょう。 

2.弾き手のレベル、技法にも差がある

 演奏が上手い下手ではなく、全音域に渡って
 きちんと二胡の音が出せる事が重要でしょう。 

 開放弦はそれほどではありませんが、
 ポジションが上がるにつれて、
 人によって、音質がずいぶん異なります。
 
 やれる人は、ビブラートをかけていない状態でも
 ハイポジションで、ノイズの少ない音がだせています。
 主な要因は運弓、弓の角度にあると思います

 駒の評価をするには、
 2,3、4と ポジションを上げて行っても
 ノイズに埋もれたカスカスの音を出さない腕が必要ですな。

3.評価する音域

 適当な場所で音をだして、良いとか悪いではなく
 評価を行うには、どこと、どこの音で判断するかを決めておく
 必要があるでしょう。


 もちろん、それだけで全ての評価になるとは思えませんが、
 Aさんがやっても、Bさんがやっても、必ず ここと、ここの音は試している。 
 という事が重要です

4.音の聴き取りかた

 これは、聴力の個人差や、趣向が入るのでとても厄介です。
 ここは機械にたよりましょう。

 効果な録音機器や、スペクトルアナライザを使わなくても
 そこそこの分析ができます。
 以前に紹介した WaveSpectra が使えます。
b0098997_23132491.jpg
 これを使って、音の大きさ(dB)や周波数分布(倍音構成:分布と強度)
 S/N比 などを駒の物理的特性を調べることができます。

5.その他

 レスポンスなんてのもあるでしょう。
 反応が良いとか悪いとか、音の立ち上がりがいいとか。

 ・アタック音に対するレスポンス
 ・音の変化に対するレスポンス

 など、二胡その物に起因するところもあると思いますが、
 駒によるレスポンス性ってのもあると思います。

 これも感覚で捉えずに数値化、視覚化できればいいと思います。

 まず、何をどうやって調べればいいんだろう??
 別途考えてみたいと思います。

-------------------------
駒のベンチマーク。 これも難しいテーマですね(^_^;;

アイディア募集中
by soukichi_uchida | 2011-12-15 23:24 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
究極の駒再び 内田駒!?
いや、、、こんな事になるとは、想像だにしませんでした。

「究極の駒: 二胡の力を最大限に引き出す駒」 というテーマにおいて、
光舜堂の西野さんが、僕と同様の方向性を見出されました。(側面の形状)
b0098997_356066.jpg

僕が先駆者だということで、なな、なんと「内田駒」なんて、こっ恥ずかしい名前まで付いちゃいました(^_^;;

西野さんがこのテーマに取り組んでくださる事により

・豊富な素材で、木工のプロにより、僕なんかより
 ずーっと効率よく駒の試作が出来る。
・何種類もの二胡で実験・評価ができる
・光瞬堂に集う多くの人に評価してもらえる

というメリットがあります。

現在、Jimmy さんはじめ、何人かの方に試用してもらっているそうで、
評価はなかなか上々なようです。

僕も一ついただきました。
以前、自作したものを試した時にも実感しましたが、
「なんじゃ~こりゃ」というぐらい音大きくなり、音質も変わります。
※好き嫌いはあるかもしれません。

まだまだ改良の余地はあります。

・音のインピーダンスを考慮した素材の選別
・弦の横方向の振動も利用する
などなど、、

先が楽しみです。
by soukichi_uchida | 2011-12-11 03:56 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(6)
DNA 鑑定による木材の産地検証
はじめにこれだけは、書いておきます。
最終的には、自分で試してみて、使いやすくて、お気に入りの音がでれば、二胡の原材料はなんだっていいと思ってます。 
でもね、、、、高いお金を出して買った物、「騙されたんじゃないだろーか?」、「なんとか紫檀って書いてあるけど、ほんまかいな?」という不安はつきまといます。
特に二胡の産地は、パクリや偽物で悪名高いあの国です。 

※といいながら、やたら偽物ケータイを集めてる私も私なんですが、、、(^_^;;

で、本題。
以前から、二胡で使われてる木材の鑑定に、自分が関係する分析機器が使えないものかなー?と考えてました。 二胡弦のように金属でできているものは、以前特集したように元素分析を行うことができたのですが、木材という有機物質ではなかなかいいアイディアが浮かびませんでした。

手持ちの分析機器では、木材中の有害物質を見つけるってのは出来るんですが、、、木材の鑑定までは困難。
でも、DNA鑑定ならなんとかなるんじゃないか?と考えてました。

で、今日仕事がらみて、ググッていたら、こんなのが引っかかりました。

オーストラリアのアデレード大で、違法伐採や産地偽装対策として、DNA鑑定による木材産地の検証システムを開発してて、実用段階であるとの記事です。
詳細はこちら ↓↓↓↓
DNAによる木材産地認定~違法伐採対策の切り札になるか?

また、日本では 住友林業さんが「DNAによる木材製品識別法」を開発、
森林総研が「炭素同位体による産地判別
を開発しているとの事です。

木材のトレービリティーを求めて、世界中の科学者が研究を進めているようです。
食品の様に、直接人体に影響が無いにしても、木材に関しては、それだけ違法伐採や産地偽装が多いってことなんでしょう。

さて、産地がφ国の二胡は、トレーサビリティーとは程遠い製品です。(言い過ぎかな?) 原材料はおろか、 なんとか工房の製品とか言われても、それさえ疑わしい。。。

前述のDNA鑑定、どれだけデータベースが充実しているかにもよりますが、二胡の木材の鑑定に利用可能でしょーね。 特に、絶滅危惧種に指定されてる木材なんかは、データベースに入っているでしょうから、「これは、~ではない」 という鑑定は容易だと思われます。

あ”~、やってみたい! 
以前行った価格帯分析では、高級と言われる高価な木材をうたっている二胡ほど価格の分布が広いという結果が出ています(偏差値がでかい)。 徳に、なんとか紫檀
b0098997_2392911.jpg
でも、DNA鑑定なんてやるスキルも、機材も持っていません。 残念っ!
by soukichi_uchida | 2011-07-30 02:59 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
二胡弦の質/価格を考える 2
二胡弦の価格、 確かに、高価な金属を使っていれば高くなるでしょう。
でも、元素分析の結果から、同じような成分の弦でも大きな価格差があることが分かりました。

前回の記事では、
「いかに丁寧に作っているか、丁寧に仕上げているか」が価格の差」
じゃないかと考えました。

丁寧につくる、丁寧に仕上げる、さらに品質管理にはコスト(工数)がかかります。
これが価格に反映されているわけです。

じゃあ、なぜこうする必要があのか?
音質に反映されるからでしょう。 あとは耐久性ってのもあるかな。

では、丁寧につくる、丁寧に仕上げるとはどういう事か?を考えてみましょう。

理想の弦とは、
 1) 弦の断面は真円
 2) 弦の成分に偏析が無い
 3) 全長に渡均一の太さ(直径)
と仮定して起きましょう。
なぜこうじゃなきゃいけないのか?に関しては、とりあえず置いておきます。

※1)と3)は若干疑問がありますが、後にこのへんも考えてみます。

◆まず 外弦に関して、 1)を考えてみます。
※内弦には巻線があるので、別のファクターが入ってきます。

「弦の断面が真円である事」とは言うまでもなく、
b0098997_320540.jpg
ですね。

通常、弦のような線材は、丸棒を機械でアメのように、ビヨーンと伸ばして作られています。(これは知ったかぶりです。。。)

この過程で、こんなのが出来てしまうこともあるんじゃないかと想像されます。
b0098997_326427.jpg
b0098997_3262764.jpg
b0098997_326108.jpg
もちろん、日本の最高工業技術ではこんな事は無いでしょう。 
丁寧に作るとは、こんな事にならないように、
 ・いい機械を使う
 ・いい職人さんが仕事する
 ・しっかりと品質検査を行う
という事でしょう。

◆次に、3) 材質に偏析が無いこと。

弦の元素分析を行った時に、多くの弦にはステンレス(SUS)が使われていることが分かりました。 鉄を主成分として、クロムとニッケルの合金で、硬さや耐久性の調整でマンガンとかモリブデンなんかの混ぜ物が入ってたりします。 SUSの360とか、成分毎にしっかり管理されていて、ちゃんとした物を使っていれば、成分の偏析や、異物混入などは決してないと思われます。
でも、、いいかげんな物を使うと、こんなの
b0098997_3534330.jpg
とか、こんなの
b0098997_354387.jpg
があるんじゃないかと想像されます。

続く。。。
by soukichi_uchida | 2011-03-27 04:02 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
二胡弦の質/価格を考えてみる 1
計画停電で、仕事になりません。。
会社の敷地は道路を隔てて2区画あって、それぞれが異なるグループです。
当然、停電の時間帯が異なる、グループは1番違いなので、これまた大変。。。
片方にメインサーバがあるので、そっちが死ぬと、停電してなくてもこっちは死んだも同然。。 お手上げです。。。

ということで、停電のあいだは、(仕事以外の事など)いろいろ考える。。。

で、以前の予告してた二胡弦の質に対する考察です。

以前行った元素分析では、二胡弦の成分と、価格の間に明確な相関は見出せませんでした。あるとすれば、内弦の巻線が高価な金属を使っているかどうかだったと思います。

じゃあ、価格の差はなんなんだ?

元素分析シリーズのところでも書きましたが、
いかに丁寧に作っているか、丁寧に仕上げているか」が価格の差だと思います。

丁寧だから、高いのか?

たしかに、一本仕上げるのにかかる工数は、いいかげんに作られたものよりはかかります。

だから、高いのか?

そりゃそーなんですが、

工数がかかっている分、いい音がする、 はずです。。。。。

そのへんを次回から、いつもの図解で書いていきたいと思います。
by soukichi_uchida | 2011-03-23 23:04 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
練習・分析再開!
おかしなもので、
仕事が平穏な時は、生活面全てにおいて、だら~っとしてしまい。 二胡に対するモチベーションも落ちてました。そんな時に、教室が閉鎖になったりして、ますますモチベーションが低下。。。

で、仕事が新しく展開して、ガンガン忙しくなる、トラブルも発生してくる、 なんだか、そんな時の方が、仕事以外の事にも元気が出てきます。

ということで、途切れがちですが、二胡連を真面目に再開してます。

まあ、ブランクが長いと、腕の劣化が激しいのなんの、前の教室の練習曲を1番からやり直してますが、低い番号台でも、ボロボロです。。
曲なんかとてもとても、、、

もとのレベルが高いわけじゃないんですが、そこに戻るまでのリハビリが大変です。

それと、分析系のネタ
再び「二胡弦」の事を考えています。

以前 弦の元素分析を行いましたが、 価格と弦の成分の関連性はあまり見つかりませんでした。
じゃあ、価格の差は何なんだろう? という疑問がムラムラと湧いてます。

そのへんを記事にしようかなー、なんて考えてます。
by soukichi_uchida | 2011-03-16 23:07 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
台風で、、
モチベーションも少しずつ戻ってきて、(ちょっとだけど)毎日練習
(というか音だし程度)をやってます。

で、、、昨日の事。
二胡を弾いたとたん、
「え”???、なんじゃぁ~?」
前日とガラっと音質が違ってる。。。。

日曜日までは、激暑だったけど、それなりにカラっとしてました。
それが、昨日は福井から抜けた台風が、関東を縦断してました。
気温は下がったけど、湿気でジトジト。。。

こんなに影響でるんですね。。。

これまで、夏場はシリカゲルを入れたケースに二胡をしまってましたが、
今年はあまりの暑さに吊るしてました。

それまで乾燥してたので、一気に湿気を吸い込んだんでしょう。。
皮、琴筒、弓の毛、全てが温度と湿気の影響受けるんですね。。

四季の環境の変化によって、伸び縮み、水分の変化があって、
・楽器は熟成していくのか?
・ただ単に、劣化してくのか?

あ、それと、松脂。
使ってない松脂の上に本が一冊のっかってました。
なんと、それがお煎餅のようになってました。

きっと松脂にも、チョコのように、夏用とか冬用ってのかあるんじゃないでしょうか?
詳しい人コメント願います。
by soukichi_uchida | 2010-09-09 23:46 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(7)
夏の二胡調整
久々の二胡話題 構造分析再開ですが、
ノーミソにリハビリが必要です。。 
書いてて、グダグダです。。。

<夏の季節ネタ>

梅雨場、夏場になると、皆さんもいろいろと工夫・調整されてると思います。

調整しなきゃいけない最大の要因は、湿度と暑さによる琴皮の伸びでしょう。
皮が伸びてしまうと何が起こるのかを考えてみましょう。
①の状態が皮の伸びもなく、最適に調整された状態だとします。
b0098997_236787.jpg
皮が伸びることにより、皮を押さえつけている駒の位置が下がる(沈み込む)。これによって、千斤と駒の頂点が作る角度が変わる(鈍角となる) これによって、弦にかかるテンションが下がってしまう。① ⇒ ②

この状態で、これまでと同じDとAを出すには、弦の巻きを強くしてテンションを上げることになる。③
結果として、弦から駒⇒皮にかかる力は皮が伸びる前と同じになる(たぶん)
b0098997_23252844.jpg
 しかし、なぜか、実際これだけの調整では、音質は元には戻らない。(でしょ?)

何が異なるのかと言えば、でも、千斤と駒の頂点の角度は変わってしまい。弦の振動系んp状態は①と②では異なってくる。
角度が変わるというのは、千斤、駒間の弦の長さが変わってくることを意味します(微々たるもんですが)

そこで、よくやるのが、「駒を換えてみる」です。
b0098997_23254099.jpg
駒の高さを高くすることにより、皮が伸びる前の状態①(千斤と駒の頂点の角度)を同じにする。
これにより、弦の振動系の条件は①と同じになる。 
比較的 ①と同じ音質を復活できるんじゃないかと思われる。
一見よさげに思えますが、 駒の体積が大きくなる、高くなる事による、音のエネルギーのロスもあるんじゃないかとも懸念されます

他の手としては、 「千斤の高さを低くする」つまり、弦を千斤で締め上げる。
これによって、弦のテンションと皮にかかる力を調節する。 千斤と駒の頂点の角度は①の状態に戻せる
b0098997_055025.jpg


などなど、いろいろと対策が考えられますが。
夏場・梅雨場の、ブモーっとした感じを、一番いいとき(っていつ?)に復活調整するには

・琴皮が振動するのに、最適な張力。
・駒と千斤の間の弦の最適な長さと張力。
このへんが、パラメータなんでしょうね。

----
追記
 琴の木材が湿気を吸い込んで、全体の響きを変えてしまうって事もあるのかな?
by soukichi_uchida | 2010-07-24 23:27 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
(工事中)千斤とビブラートの関係
たまたま、なんですが、こんな事考えてるときに、生ジャーさんのビブラートを見てしまいました。
b0098997_21155172.jpg
b0098997_21185039.jpg
b0098997_2116930.jpg


b0098997_21205129.jpg
b0098997_2121398.jpg

by soukichi_uchida | 2010-05-16 21:23 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
ちょっと勇気のいる調整
これも高音からのスピンアウト ねた かな?

超音波検診って、やった事あります?

お腹に、ゼリーみたいなのを縫って、センサーでお腹をぐりぐりやりますよね。
センサーからは超音波が出て、体から跳ね返ってくる超音波を拾っています。

なんで、お腹にあのヌルヌルを塗るのかというと、お腹とセンサーの間に空気が入らないようにするためです。
なんで、空気があってはいけないか? 
よく出てくる、音のインピーダンスの問題です。
センサーとお腹の間に「空気」があると、センサーからお腹に、お腹からセンサーにエコーが伝わりにくくなります。

これを二胡に置き換えます。
センサーの部分が駒、お腹が皮に相当します。

駒と皮の間に空気があると、弦の振動が皮に伝わりにくくなる、つまり弦の振動エネルギーが「ロス」されます。

この対策としては、このブログの最初のころに書いていたように、駒の底面にRをつけて、できる限り駒と皮が接触する面積を稼ごうという手があります。
実際、高い駒を買うと、底面にR がついているものもあります。
※ 単に、加工精度が悪いだけなのかもしれませんが。。。

ところが、これはマクロな対策であって、接触する駒と皮をミクロの目で見ると、加工されているとはいえ、天然物です。表面は凸凹しているはずです。こんな感じ↓ 
b0098997_422673.jpg
隙間の部分は非常に音が通りにくくなっているはずです。
そこで登場するのが、超音波検診のゼリーです。
この手の物を駒と皮の間に塗ることによって、両者の隙間はなくなり、全ての音が駒から皮に伝わるようになります。(きっと) つまり、エネルギーのロスを減らせる。
b0098997_2141070.jpg
超音波検診の超音波では、効果があるからやっているのでしょうけど、可聴範囲の音ではどのぐらい効果があるのかは解りません。 でも、A4,A5の高次倍音になると、可聴範囲ギリギリまたはそれ以上の周波数なので、超音波検診に近い効果が得られるのではないかと思われます。

やってみたいんですがね、、、、
駒と皮の間に、何かを塗るって、、何を?
あまりやりたくないですよね。。
誰かやる?

たいした効果が得られないかもしれない。しかも、極一部分とはいえ、皮のど真ん中に、皮にどんな影響があるかも解らない。。。 勇気いりますよね。。。

そういえば、どこかで、
一度駒を装着したら、あまり取り外しをせず、長く付けたまなにする。そうすることによって、駒と皮がなじみ一体化していい音がするようになる。
なんて話を聞いたことがあります。
そのときは。「何いってんねん」と思いましたが、今考えると、なじんで隙間がなくなってくるって事を言っているのかもしれませんね。

でも、駒はいろいろ試したいし。。
by soukichi_uchida | 2010-05-12 04:43 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)