二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
タグ
カテゴリ
検索
2009年 11月 08日 ( 11 )
二胡に付けるマスコット
女の人は、かわいいの付けてたりしますねー。

私は、おっさん のくせに、こんなん ↓ 二胡に付けてます。

北京1号用 生茶のパンダ
b0098997_1822396.jpg

北京2号用 しんちゃん
b0098997_18223241.jpg


これ、洗濯バサミ型 弱音器を使ってない時に挟んでおくのに便利です。。

んー、蘇州1号には、何つけるかなー。 
by soukichi_uchida | 2009-11-08 18:26 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
我的二胡 北京 2号 (六角)
北京1号から、1年後。 やっぱり、二胡は六角形だよねー。 という事で、またまた北京の町田さんにお願い。受け取ってみると、 六角であることと、琴窓が異なる以外は、北京1号と構造は同じ。 六角なのに、琴托は北京のカマボコ型という、ちょっと珍しい形のものでした。

北京一号と比べて、音は小さめです。 特に、外弦の開放弦がキンキンしてました。でもいろいろ調整して、弾きこんでるうちに、けっこう鳴るようになってきて、今ではこいつがお気に入りです。 手間がかかる子ほどかわいいというか、、

全体像
b0098997_1861366.jpg
琴筒
b0098997_1874442.jpg
b0098997_1893872.jpg
琴窓
b0098997_18112535.jpg
その他の構造は北京1号と全く同じ。
by soukichi_uchida | 2009-11-08 18:13 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
我的二胡 北京1号
現在 今回購入した1本を入れて3本の二胡を所有しています。
現地での価格帯は 3000~4000元です

実は、この前に 2本持っていました。
―2 号: 組み立てキットの高胡、
―1 号: 蛇皮プリントの二胡(7千円 元じゃないですよ 円)
       → 近所の散髪屋さんに寄贈
 0号: トーアさんで購入(4万円)六角蘇州タイプ 
       → 二胡教室の 二胡持ってない人に売りました
       ※元気にしてるかなー?大事にされてるかなー? 

そして、 少し真面目に二胡を練習始めて、購入したのがこれ。
・北京1号(八角形・黒檀 满瑞兴乐器行)

北京で仕事してた、日本人の漂亮的おねーさん 町田さんにお願いして購入。
彼女は、二胡は経験がないけど、バイオリン経験がある元楽器屋の娘で、楽器に関しては知識があり、経験から、それなりの目利きをしてくれました。いい出物がでるまで、何度のお店に足を運んで選んでくれたそうです。

そして、一時帰国された時に、正式に持ち出しの申請を行って日本に持ち込み。

老師や、楽器屋さんに見せると、口々に、国内では 15~20万円 する二胡だとの事でした。ただ共通して、皮がちょっと残念だねー、といわれてしまいます。。。
でも、最初から(明るく大きな音で)結構鳴る二胡でした。 大正解でした。

楽器の選択は、「自分の目で見て触って」が私の信条でしたが、ダメ元で頼んで大成功!町田さんありがとー(^o^/ です。

でも、思わぬ弊害が、、、 二胡の物ごころがついて、始めに持った二胡がこれです。 私の二胡の音の原点はこれになってしまってます。 北京1号と比べてどーかっていう。 いいもんだか、悪いもんだか。。。

全体像
b0098997_1729555.jpg
b0098997_17312015.jpg
琴筒
b0098997_18162892.jpg
琴窓 共鳴筒が中にあります。
b0098997_17361037.jpg
千斤マーカー。 千斤はこの範囲に付けるといい音でますよって、心遣い。 牛骨埋め込み。
b0098997_17393771.jpg
千斤の適正な位置(音の波長から考えてみる)を裏付ける位置です。

 
by soukichi_uchida | 2009-11-08 17:44 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
女子学生と蘇州観光・二胡購入
学校での授業の後は、日本語の勉強になるって事で、3人の女子学生(ボランティア)がおじさんに半日付き合ってくれました。

いやー、半日で、観光もやって、二胡屋まわって、てのは、無謀でした。。
どっちも中途半端になって、彼女たちに苦労をかけさせました。。

さあ出発だ!右から、靖ちゃん、邱ちゃん、おっさん二人飛ばして、顧ちゃんです
b0098997_15313274.jpg
どうやら、蘇州の市民は200元出すと、蘇州の世界遺産の年間フリーパスってのがもらえるそうで、しっかりこれを利用。 で、まずは、学校近くの西園へ。
b0098997_1615619.jpg

b0098997_1614336.jpg
いきなり迷う、次はどこへ?時間との戦いだ
b0098997_1633347.jpg
お昼を食べた後、獅子林到着
b0098997_1610812.jpg
b0098997_16102683.jpg
ギャルに囲まれて、おじさん幸せ(^o^/
b0098997_16111611.jpg
左下は、通りがかりの 謎の中国人。 広州出身
(ドラゴン柄の下品なスタジャンが素敵!)
b0098997_16153120.jpg
そして、ヘロヘロになってたどり着いた二胡屋さん、、、選ぶ気力が。。
by soukichi_uchida | 2009-11-08 16:16 | その他 | Trackback | Comments(0)
蘇州農業職業技術院にて(授業風景) 2009
今回も授業に乱入、2コマ分、お話をさせていただきました。

関心したのは、「おはようございます」 というあいさつに、元気な大きな声で返事した事。大きな声を出す事は、重要です。 先生方のしこみの良さがうかがえます。

話しの内容は、日ごろ私が中国人エンジニアと付き合ってる中で、思っている事。 中国人じゃなくても、仕事をやってく上で重要な事などを、助手のS君と。

お題は、「没有问题 真的 大问题」 です。 
いいかげんに、「問題ありません」って言わない。 ちゃんと報連相しないと、後で大変な事になるよ。 ってお話を、実例を交えて。 

それと 長い時間調査した事や、多くの量の情報を、たった5分で行う プレゼンテーションのまとめ方。 なんて お話もやりました。  
理解できたかなー? お給料に直結するよー、なんて話すると、ぐっと食らいついて来たねー。  さすが、中国です。
b0098997_1505292.jpg

b0098997_152963.jpg

by soukichi_uchida | 2009-11-08 15:02 | その他 | Trackback | Comments(0)
蘇州農業職業技術院にて(熱烈歓迎会) 2009
またまた、蘇州農業職業技術院を訪問。 
日本語いっきゅうクラブの女の子達とお食事会。  日本の事には興味深々。 
いま皆が興味があるのは、北海道と温泉だそーな。  なんで?

みんなで集合写真。 
みんな若くて、元気で、 目がキラキラしてて、クーアイだぁー!
b0098997_14305572.jpg
この学校は全寮制だそーで、残った食事は、当然お持ち帰り(打包 ダーパオ)です。
b0098997_1431831.jpg
日本人の女性の先生(上原さん)が二胡を持っていらっしゃったので、拝借。 調子に乗って二胡弾いちゃいました。
b0098997_14324032.jpg
なんといっても二胡の本場、蘇州です。「二胡弾ける子いる?」とか「家族に二胡やってる人いる?」とか、事前調査をやってから、演奏。 
お題は、「草原情歌」、「塞馬」、「千の風に。。」 でした。 
上手い下手より、日本人が二胡やってる事の驚きが大きいようでした。 私の右にいるのが、上原先生。 前にお会いした時より 1.5倍ほど成長(横)されてて、最初上原先生とは判りませんでした。 すみませーん。
by soukichi_uchida | 2009-11-08 14:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
板胡 君 ありがとー(^o^/
成田対策で買った 板胡君ですが、元値が 1000元以上の物で、けっこういい物手に入れたと思ってます。ちょっとハマリそーな気がしてます。

ただ、一旦バラバラにしてるので、組み立てや、弦の張はこれでいいのがどーか? そもそも二胡弦を張っていいものかどーか??? 内外弦のチューニングは? 駒は二胡と同じもんでいーのかー? なんて。。

音、でけぇ~! でも なかなか いい音します。 

とにかく、こいつは構造的にちょっと面白いもんがあります・
全体図、 おおっ 板だー!
b0098997_495210.jpg
裏面
b0098997_41334100.jpg
 こ、この千斤(っていうのか?)上駒 はー! すてきっ! しかも移動千斤じゃ!
b0098997_4135728.jpg
 なるほど、糸巻きは棹の中に入っているのか。フムフム 
b0098997_4152781.jpg
この千斤と糸巻きでこーなる
b0098997_4174296.jpg
 この仕組み二胡にも応用して 欲しいぞぉー! 
by soukichi_uchida | 2009-11-08 04:20 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
3000元と880元 二胡の比較
今回購入した二つの二胡と、私なりの(たいした事のない)経験から 高い二胡と安い二胡の比較を行ってみます。 多くの教則本やWEBで「いい二胡の選び方」の解説が行われてますので、
ここは、私の独断と偏見で、、
※音のよしあしはちょっと、ここでは おいときます。。。

1.棹の材質、質量感
 高い二胡の棹は、なんだか密度が高い感じがします。 琴筒と合わせてこ
 の密度の差が重さに反映されてます。指でコンコンとはじくと、その差は
 歴然です。 案外この差が一番大きいよーな気がします

2.重さの違い
 琴托に鉛をどっさり入れられたら、判断つかなくなってしまいますが、 安いのと
 高いのでは、木の材質の違いが重さに反映されてます。
 高いのは、金額とともに、重さがズッシリと乗っかってきますね。。。

3.塗りの有無と量
 塗りたくってテカテカしてるのは、やっぱり安物感がありますね。
 塗ってあっても、薄ーく塗ってあるほうが高いし、塗りなしがもっといい。

その他、
1.木の種類によって、いろいろあるんでしょうが、私は材質が違えば、
  違う種類の楽器だと考えてるので、好き嫌いの範ちゅうだと思います。

2.見た目で判るのは、まず鱗ですよね。 大きさとか、粒のそろいとか。 
 ※蘇州の学校の女子学生が気を利かせて誰かに聞いてきてくれた情報では、
  白い部分が多い方がいいって話だけど、裏はとれてません。
  皮の厚い、薄いは、見た目じゃあんまり判りません。。。(私には)

3.糸巻きとか琴頭の白いところが、骨かプラか。
 これは論外ですね。。

うだうだ言っても、どんな楽器でもそーですが、
最後は二胡を構えて、弾いた時のフィーリングというか相性ですね。。
by soukichi_uchida | 2009-11-08 03:45 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
蘇州で購入した二胡 2
お次は、 お土産用の二胡 値札は 880元だった。 でも見た目はけっこうましだ。 
塗りはちょっと大め。
国内だとけっこういい値段で売れるんじゃないかな?

音は、自分用に買ったのより大きい、けど、ペラペラした軽い感じがする。
でも、なかなかいい音するぞ。 あまり育てる余地がなく、出来上がってる感あり。

写真だけだと、高い(とっても3000元)のと、あんまり差が判らない。
b0098997_2515749.jpg
b0098997_252644.jpg
b0098997_2522467.jpg
シリアルが無い!
b0098997_2523279.jpg
鱗のつぶはけっこうそろってる
b0098997_2524735.jpg
うーん、高いのにはない彫が入ってる。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-08 02:55 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
蘇州で購入した二胡 1
今回は 結果的に、二本購入しています。
自分用 とS 君のお母さんお土産用。

ところで、二胡の写真を撮るのって、結構難しいですね。写真がへたな私には難易度が高いです。。。

まずは、私の二胡 
蘇州宏成琴行 紫檀(たぶん)です
持った感じが「ずっしり感」あり、うろこ大き目、琴棹固く重い感じ
塗り有りで、よく見ると細部の仕上げ感の甘さあり。。

全体図
b0098997_4231144.jpg

b0098997_4233834.jpg
琴筒(シリアルNo.あり)
b0098997_285368.jpg
鱗は1号機2号機北京製より大きい
b0098997_210592.jpg
b0098997_2115521.jpg
材質、作者、メーカーの刻印
b0098997_2134661.jpg

ここが 大不満
購入時、確認してなかった事を大反省。
確かに、手作りだって事はわかるけど、、もうちょっとキレイに仕上げろよー
b0098997_229184.jpg
 これは無いな~ ネジは無いだろネジわ~、 自分で付け替えたるわい、こんなもん(`< ムカムカ
b0098997_2304354.jpg


で、音はというと、一応お店で何本か弾き比べた中では、一番気にいってます。でも、やっぱり新しい二胡なんで、いろいろと調整やって育てる必要ありです。。

次の記事の お土産二胡の方が、音も大きくって、出来上がってる感があるのは、なんだか悔しいぞ!
by soukichi_uchida | 2009-11-08 02:36 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)