二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
うっち~ の二胡調整・超入門勉強会 at 広州
先週、広州に出張した際、広州の二胡友さんたちと、
二胡の調整・超入門勉強会やってきました。

内容としては、上海とほぼ同じく
1.二胡絃の変え方、
2.千斤の巻き方、
3.制振綿の効果と、位置による音の違いの体験
4.駒を替えたら音も変わるのを体験

でした。
上海との違いは、僕が実演するだけでなく、
参加者にも実際にやってもらったということです。

参加者は、
Hさんと、Kさんの2名。

お二人は同じ先生について二胡を習っているそうです。
先生は、 Daniel Xia さんという広州在住、広西省の京劇の一家の出身だそうです。

こちらの方の先生なんですが、お二人の紹介した二胡は、
北京タイプの六角二胡。
うち、一台は、宋飛モデルでした。

ただ、べらぼうな価格の二胡ではなく、それぞれ1万元以内の
物と価格のバランスが取れたいい二胡です。
センセ、良心的ですね。

お二人の二胡です。
b0098997_01241207.jpg
僕の北京2号と同じだ~(^0^/

さて、今回も教材は、
二胡やるぞー、まとめサイトの
千斤の巻き方と絃の巻き方ページ

絃の交換に初挑戦するKさん
b0098997_01290672.jpg
そして、千斤に挑戦するHさん
b0098997_01320257.jpg
その後は、制振綿をいろいろいじくって、
駒を替えたりして、音色が変わるのを体験してもらいました。

Hさんの二胡の駒を、松節の駒(10元ぐらいだったかな?)に変えたら、すごくいい音になったので、そのまま使ってもらうことにしました。

たのしい時間はあっという間に、過ぎてしまいます。
広州での約束が別にあったので、3時間ほどで引き上げてきました。Kさんの二胡は、もう少し千斤の巻数増やせばよかったかな~? という思いも。
ただ、Kさんは理系女(リケジョ)だそうで、手先もけっこう器用。自分でやってみるという力強いお言葉が!
加油~!! です。

ギター、なんかは皆自分で絃を替えたりしますが、
二胡じゃ、自分で替えるものではない。
先生か、楽器屋にやってもらう物と考えてる人が多いな~、
と上海、広州の勉強会で感じました。

絃を、変えてみるだけでも、いろんな事が見えてくるんで、やってみよ~!
ですね。

8月には、上海で前回参加できなかった人達と、また勉強会予定です。


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2015-07-12 01:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/24680234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 広東省、無形文化遺産 「中山舞... 広州行き 海南航空機、火災報知... >>