二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
中国国内線 遅延の最大の要因は航空会社自身にあった、とさ・・・
現在 北京首都空港ターミナル2。
22:00発の上海虹橋行きを待ってます。
すでに、1時間遅れるとのアナウンスが・・・
今日のうちに飛べるのか。

特に、この時期が酷いのですが、年間を通して、中国の国内線の遅延は慢性化しています。

2014年の正常運行率は68.37%だそうです。


元ネタはこちら

中国民用航空局のHPでの発表

民航局布《2014年全国民航航班运行效率告》


最近、僕は幸運にも大幅な遅延には出くわしていませんが、

先日西安から広州に戻った相棒1号は、

土曜の夕方の便だったのに、広州に着いたのは翌日・日曜日の朝だったそうです。

また、ある駐在員は11時間の遅延を経験しました。


空港で聞く、遅延やキャンセルの理由は、

「天候」と「流量規制」です。


空港に行くと、常に流れてるこのアナウンス。


しかし、こういう報道が、中国国営CCTVで、


2014年民航正常率68.37% 公司自身原因航班延首要因素

http://finance.chinanews.com/shipin/2015/05-27/news572843.shtml

b0098997_02364411.jpg
b0098997_02365837.jpg


航空会社自身が、

航空機遅延の主要因だって。。。。


やっぱりね・・・


確かに、このところの広東省の気候(激雨、激雷)では遅延やキャンセルも仕方がないと思いますが、それだけじゃないだろーと思ってました。


2年前、きんぺーちゃんが、

「なんじゃあ、このざまわ~ (`<

と激怒したあとの数か月間は、

遅延は激減しました。

でも、すぐに元に戻ってしまった。


きちんとした仕事を継続する事ができない、

直ぐに手抜きをする、勝手に手順を変えるなどなど・・・

これぞ、チャイナクオリティーでんな。


・関連記事

 やれば出来るじゃん!

 やっぱダメか中国国内線 & 機内食比較

 遅れるぐらいならキャンセルだっ! やっぱダメか 中国国内線


日本人指導員がいなくなると、すぐに品質が落ちる日本料理屋とか、日系製造業とか身近にもありますね。


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2015-05-29 22:52 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/24531566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パスポートを無くした話 エピロ... 西安レポ ラスト お洒落なプロ... >>