二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
子供を使った物乞いの恐怖、というか辛い ((+_+));
今日はちょっとまじめなお話し。

中国全土に、いろんなカテゴリの物乞いがいますよね。

1)障害や奇形などを売り物にする
2)子供や親
3)音楽(楽器、歌)
等々、、、
※3)は1)と絡むことが多い

この10年間の経済発展で、物乞いの数減ったのかな? どこかにちゃんとした統計値があればいいのですが、皮膚感覚では、あまり減ってないと思います。

で、とにかく見てて一番つらいのが、子供を使った物乞い。

今日も、上海地下鉄の中で見かけました。

この子供は、実はレンタル子供であり、誘拐された、売られた子供であるという噂もあります。事実、会社の近くで見かける子供と母親の組み合わせの物乞いは、子供が日替わりだったりします。 
「あれっ、こないだの子と違うじゃん」

レンタルにせよ、本物にせよ、子供をだしに使っているのは同じです。

※こういう事に着目していると、中国人達は嫌がります。きっと自国の恥部を見られているような気がするんでしょう。
こういう考えは、中国人の差別意識ってのにも繋がっています。

さて、「タイトルの子供を使った物乞いの恐怖」
4,5年前蘇州での事です。

小さな子供の花売りでした。

「おじちゃん花買って~」
みたいなこと言って近寄ってきます。

同行の中国人からは、
「相手にしないで」
と言われました。

立ち去ろうとすると、追いかけてきて
足にすがり付いてくる。
4,5歳の子供二人。
おねーちゃんと、弟か。。。

これは、辛かった、マジで。
振りほどきながら、こちらも涙目になった。

しかたがないので、
ポケットから小銭をばらまいて、
泣きながら逃げました。

あの時の事は忘れられません。

でも、後で同行した中国人から、
「あれであの子たちは今日一日の稼ぎゲットです」
とも言われました。

なんだかね~
子供を使うってのは、ホントに悪辣だよな。
子供を持ってる親も心エグるようなやり方です。

こういう手法を使ってる連中も悪辣だけど、
こういう環境を作り出してるのはこの国。

国として、なんとかしようという気は全くないでしょう、きっと。
隠したい恥部だと思ってるだけです。

きっと、APECなんかの「外国人」があつまる大きなイベントがあると、どこかに強制収容されて、隠されているんでしょうね。

この国は、本当に社会主義国家なのか?
何が問題なのか?どうすべきか? いろいろ考えは浮かびますが、今回もこれで締めくくり。

きんぺー君の打ち出してる
「社会主義の核心的価値観」
b0098997_01265836.jpg
民主、自由、平等、公正、絵に描いた餅にならないように。 とにかく子供を使った物乞いがいなくなるような、社会づくりしよーよ、きんぺー君。


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


by soukichi_uchida | 2014-11-20 01:35 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/23762203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< i-Scooter 登場! 初体験、中国の花屋さんの凄技 ... >>