二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
やれば出来るじゃん!
中国の飛行機、国際線の遅れはそれほどないのですが、
国内線に関しては、空港(広州)で暴動が起きるほど、
酷い物でした。

その事は「広州レポート3 暴(重力)寸前 」12年4月でも
触れています。
b0098997_01302313.jpg
確かに、僕も最長6時間の遅れを経験しました。

ところが、ここ半年ほど、
大都市間(広州1-上海、広州ー北京、北京ー広州)ですが、
大きな後れを経験してません。
長くても30分です。

なんでや?
 単に、日頃の行いがいいからラッキーだった?
 夏も過ぎて、天候が安定しているから?

どうやら、
国家主席の 近平ちゃんが、

「 なんなんだ、このザマわー!
 なんとかせんかいっ!(怒 」

と激怒してから、
大きな遅れが無くなったんだそうです。

航空システムの構造的、機構的なもんだいじゃなくて、

やれば、できるじゃん

やる気なかっただけですね。

それまでは、朝の一本がN時間遅れると
その後の便もその遅れを単純に引き継ぎ、
もし遅れが重なると、後に行けば行くほど
遅延が積算されてく。

空港の地上勤務者にとって、 
遅れは自分のせいじゃなく、自分には責任はない。
客(人民)なんか待たせときゃいいんだ!
だったんですね。

いつまでこれが続くのか???


――――――――――――――――――――
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ
にほんブログ村      にほんブログ村      にほんブログ村 


by soukichi_uchida | 2014-03-06 01:34 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/22200590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お気に入りの店が無くなって行く... 夏の思い出「北海」その2 ベト... >>