二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
單志淵老師が スペクトルアナライザを!?
「二胡制作與維修─單志淵老師 」だそうです。

二胡の制作と修理をやる人だそうです。
日本の立川あたりにも、たしかそんな人が、、、、

動画を見る限り、本体の製造から、皮張りまで全てやっているように見えます。

で、この動画を見てて驚いたのが、
作成過程で、スペアナ使って、周波数分析やってる事。
b0098997_817066.jpg
やっぱ、やる事やってるんですね。
この人の二胡、試して見たいな。
会って話もしてみたい。 何をどう分析してるのか?

でも、この人の二胡は高いんでしょうね。 
動画を見る限り、一個一個手作りだし。
※皮張りは、二個一組じゃなく、一個づつ。

二胡造りも、職人技から技術への昇華。 して欲しい。
せめて80%ぐらいは。 
コストも下がる。

で、その動画へのリンクです。


◆◆追記◆◆
姓の表記が、「单」ではなく、「單」なので、本土ではなく、香港か台湾じゃないかと思ってましたが。 
この人は、台湾人(タイワンレン)のようです。

http://www.hkco.org/old/BIG5/archive_pe_31th_17_07_tc.asp
で紹介されてます。

而目前國內臺灣藝術大學中國音樂系樂器製作老師單志淵已經研究改良胡琴數十年,將非保育類動物皮混合塑膠,發展複合材料,實際應用於二胡琴筒的改良,已經研發出非常接近蛇皮音色的人工二胡,一般人已經聽不出差異性。單老師說:“礙于大家對人工皮認知不同,以及心理因素,接受度很低,因此目前還沒有上市的打算。”

「台湾艺术大学中国音乐」の乐器制作老师だそうです。
数十年も二胡の改良に取り組んでいて、人工皮の研究を行なっている。
でもまだまだ、みんなに受入られるものは出来てなくて、販売にはいたってないとの事。
◆◆◆◆◆◆
by soukichi_uchida | 2012-07-16 08:24 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18621553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Music China 2012 中華創意奇觀 馬尾胡琴 >>