二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡の価格を再考する。 その2
大衆楽器としての、二胡の適正価格とは?

まず、二胡を大衆楽器だ!と置づけます。
けっして、バイオリンやチェロの世界の楽器では無い。
※音大に二胡専門の学科も無いしね。(あっても超レア)

大衆楽器とは? なんて定義も必要ですが、
まあ、ギターとか、キーボードみたいなもんだと考えましょう。

電車に乗ると、一人や二人はいますよね。
ギターやキーボード担いでる子。

それぞれ、大卒初任給(20万円ぐらい)も出すと、
相当良い物が買えます。

キーボードなんて、20万円も出すと、そりゃもう
けっこうな代物が手に入ります。

学生で、このクラスが欲しい場合は、いっしょうけんめい
バイトします。
僕が学生の頃もそうでした。

うちの娘は、バンドでキーボードやってて、たまに親父に
補助をおねだりに来ます。
こっちも興味があるので、ツイツイお小遣いあげたりしてしまいます。
嫁には、甘いと叱られますが、、、
最近買った、Nord Electro3 こいつはすごい!面白い!
特にオルガンの音がイイネ(^o^/
約15万円です。

と、話がそれましたが、
ギターも、キボードも、4万円も出せば、
初心者には十分な品質と音がでる製品が手に入ります。

※最近買った、4万円のアコギには、ビックリです。
 楽器作りの進化には驚かされました。

さて、10万円クラスとなるとどうなるか?

これは、もう中級以上のアマチュアバンドで十分使える
レベルです。

※ここで、中級以上とは?
 ライブ聞いてて、不安感がなく、ちゃんとノレる演奏をする
 レベルのバンドやユニット。

そう、このへんなんです。
大衆楽器の価格帯って。

4万円が初心者・入門
10万円が中級
20万円で、マニアの領域に入っていく。
それ以上、プロ用

二胡の価格も、このへんに落ち着いて欲しい。

そうじゃなきゃ、若い人は買えないでしょう?
いきなり50万円の二胡なんて。

お金もってる、おっさんや、おばはん、ジジ、ババだけが
ターゲットじゃ無いよね。

じゃないか、、
二胡教室の生徒の平均年齢考えると。。。
逆の見方すると、二胡は、若者には手が出ない価格帯に
なってしまってるのかもしれない。

とにかく、僕の世代はがんばっても、そんなに二胡の将来に
貢献出来る期間は短いし。そんなに伸びないし。。。

だから、
・そこそこの品質(音質も含む)で、
・弾きやすく、
・不安・不信を抱くことなく
若い人や、学生が、手頃に、ちょっとがんばって買える価格帯の二胡が
必要だと思ってます。

いいんじゃない、これで。
だって、N十万円もする高い二胡持ってて、
その二胡が持つパフォーマンス引き出せている人、いったいどれだけいる?

王根興の二胡なんて、プロを目指す人かプロ、それと一部のマニア用で
いいんです。
300元の二胡だって、広州の黄老師が弾くと、いい音してまっせ。

※ああ、黄老師ちゃん、はやく会いたいヨ~。
  課題曲練習しとくからね~ 
   おっとと、、また話がそれた。。。。

このまま
 ・日本の価格設定で、
 ・さらに価格が高騰
するようだと、
せっかく日本の若手演奏家が伸びてきてるのに、
後に若い人が続かなくなっちゃうんじゃないかと危惧してます。

何十万円も出すんなら、他にヤりたい事、やれる事いっぱいあるもんね。
ギターだったら、手頃な値段で買えるしね。
まさしく、今の中国の若者がそうです。

それでも、いいから、おっさん、おばはん、ジジババ相手に
目先の利益を追求するってのが、
日本の「二胡販売業界」なら、そんなもん、無くなっちまえ、、
いずれそうなる。。
と強く思うな。

二胡の販売は、ボランティアじゃなくて、
営利だって事は、十分理解してますよ。
中国の価格そのままで販売しろとは言ってない。

でも、やりすぎると、市場が無くなっちゃうよ。
by soukichi_uchida | 2012-07-15 05:15 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18608197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しみ at 2012-07-15 07:00 x
あぁ、なるほど、ソレガシのことを言っているのね。総論賛成、各論反対かな笑
Commented by soukichi_uchida at 2012-07-15 07:56
え? 誰?
Commented by すぅ at 2012-07-18 23:13 x
だいたい回りで二胡弾く年齢層は、30台~50台の人が多いいと思います。理由はいろいろとあると思います。若い頃は、ロック、ポップス志向だったり、最近は映画の影響かスイングジャズも見直されています。蛇足ですが、僕が先日、二胡合宿したところは「スイングガールズ」のリハをしたところだそうで当日は、どこかの女子中学生たちが合宿してました。
話しはそれましたが楽器の値段て重要ですよね?やはり5万円でもそこそこ使える楽器かどうかで状況はかなり違いますよね?若い人たちは高すぎるとやってみたいと思っても手がだせないですもんねー
やはり、二胡を広げるべく良い二胡の普及をしないと日本に二胡を根付かせるのは難しいのではないかと思います。
今度、じっくりお話ししましょう。
Commented by soukichi_uchida at 2012-07-19 00:12
安くて、(そこそこ)良い二胡必要ですね。 
で、これを実現するには、
1)そんな二胡を作る技術(素材の選択も含めて)を確立する。
2)現地3千元の二胡を、現地に近い価格で売る方法を考える。
の両面が必要でしょう。
困難だけれども、できない話しじゃ無いと思う。
若者とビンボーなおっさんに愛の手を!
<< 踊るおばさん(上海 婁山関路站にて) 二胡の価格を再考する。 その1.5 >>