二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
西漢南越王博物館 (2千年前の楽器達)
日曜日、疲れがたまってるので、一日寝てたかったのに、
上海に続き、広州でも、ハウスクリーニングのおばちゃんにたたき起こされた。 
ドアに 「Do Not Disturb」ってカード掛けてあるんだけど。。、

「いつまでも、寝てないで、掃除するからどっか行け! 」
みたいな事言われて、しぶしぶとおでかけ。

で、以前から行こうと考えていた、
「西漢南越王博物館」って所に行ってきました。
b0098997_23393267.jpg
b0098997_23394777.jpg
2000年以上前に、秦の始皇帝が死んで、秦国が崩壊した後に、秦国の将軍だったやつが、今の広州からベトナムの一部までをシメて、「おれが王様だ!」といって出来た国だそうです。 都は今の広州。
これが、その王様  ⇓⇓⇓ 
b0098997_0333351.jpg
2000年前、ベトナムは中国の一部だったんですね。
 ※だから、ベトナムだけじゃなくて、近隣地域は、ぜーんぶ、
  もともと中国のもんじゃあ!のけのけ~! って態度なんだな。

ところで、中国語で「ベトナム」は、「越南」。
広東語とベトナム語は、素人耳には、とてもよく似ているように聞こえる。
どうも、ベトナム人と広東語を話す中国人は、そのまま会話できるなんて話も。
九州と東北の方言ぐらいの差じゃないかって思えます。

さて、この「西漢南越王博物館」、王墓が発掘されたのが1983年、
博物館が出来たのが1988年。
  ※よかったね~、文革の後で。。。 
ありがちなハリボテ博物館と違って、なかなかしっかり出来てます。 
中高時代を奈良県で過ごした、博物館マニアのうっち~の目にも
見ごたえがある博物館でした。
広州にお出かけの際はお勧めの博物館です。

2000年以上前に、こんなに高度な文明が開花してた事に驚き。
中でも圧巻は、とても保存状態の良い、王墓の石室。 
内部の探検も出来るようになってます。
※レプリカ(偽的)では無く、本物だそうです??
b0098997_23402772.jpg
b0098997_23403952.jpg

-------------------------------
さて、ここからが本題。

展示物の中に、当時の楽器コーナーってのがありました。
2000年前にはどんな楽器があったのか、興味津々。

太鼓や、鉾などの打楽器、
笛や笙などの吹奏楽器
古琴や、いまの琴の原型だろうと思われる、弾弦楽器
なんかはあるのですが、二胡の原型となるような擦弦楽器はありませんでした。

確かに、奈良の博物館を見てても、二胡に通じる楽器はありません。
擦弦楽器ってのは、意外と歴史が浅いのかもしれません。

このへんの事は、光舜堂「うっち~らいぶらり~」の貸し出し本を見ると詳しく
解説されてます。 うっち~らいぶらり、書籍の方も活用してください。

古琴
b0098997_004764.jpg
今の古琴に比べるとずいぶん小さい。コンパクトでいいな~、これなら欲しい。
b0098997_005996.jpg

ブリッジを多数配置した、現在の琴の原型と思われる琴。 なかなか凝った造りです。
b0098997_024427.jpg
b0098997_025634.jpg


どんな音がするのだろう、鳴らしてみたいな~、なんて思ってたら、こんなのがありました。
b0098997_072772.jpg
パソコン画面での楽器紹介。それぞれの楽器の音は聞けるのですが、どうも嘘くさい。
BGMに二胡つかうなよっ! この時代無かったんだからさっ!
by soukichi_uchida | 2012-06-19 00:39 | その他 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18461469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぅ at 2012-06-19 19:51 x
映画のレッドクリフで諸葛了孔明と周瑜がひいていた古琴は、現代の形でしたが、ドラマ三国志(Three Kingdam)で孔明が弾いていた古琴一番下の写真のものでした。ちなみに「琴」は、間にブリッジのないもので、「箏」はあるもの、ということで分けているそうです。なので、二胡は琴族になるらしいです。
Commented by ずえだ at 2012-06-20 00:20 x
博物館内の写真が撮れるなんてさすが中国。
その人型棺の中にはミイラが入っているの?

京都より奈良が好き!奈良に行ったとき正倉院に入れなくて遠くから眺めただけの悲しい記憶があるわ~(TT)

Commented by soukichi_uchida at 2012-06-23 00:29
すうさん> 三国志の時代は、南越から200年?ぐらい後です。 その間に、古琴に大きな変化があったとは思えないので、レッドクリフの時代考証がいい加減だったってことなんでしょうね。 まあ、ストーリー的にはどうでもいいことですが、マニア的には、面白いネタですた。(^o^/
Commented by soukichi_uchida at 2012-06-23 00:36
ずえ> おお~、ずえさーん! 
そう、ここの博物館は、いくら写真とってても、何も言われなかった。。
他のところでは、めっちゃ叱られたりします。
ここのは、ほとんどレプリカなんでしょう。 だからOK。
奈良ね、うっち~は高校まで奈良県でした。 田舎なんですよね、根本が。。 だけど、都市化した京都とは違った味があるのも確かだねー。
<< 広州でかゆ手レッスン その4 ... ある実験: チャイナフレーバーの謎 >>