二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
見合上げて 「ごらん~」 韓国 「のり」 を~♪
(副題)おしいっ! これさえなければ完璧だったのに。

中国には何度も来ていますが、どうも中華料理は苦手な僕。
結果として、日本料理屋の利用率が高くなります。

日本料理屋を選ぶポイントの一つに、
「へんな・間違った日本語」を使ってないか、どうかです。

以前「五十嵐らん」さんの本見てたら、
エビフラ人」とか、「ンバ」とかって話があって、
大うけした記憶があります。

とにかく、メニューや看板に間違った日本語を使ってる店には、
日本人がいない、または日本人経営者ではない。 
ってことが判ります。
料理をたのんでみると、たいていの場合がっかりしますね。。

長い前置きでしたが、
秀越区、花園酒店裏通りにある、日式焼肉屋さん

黒毛和牛というのは、疑わしいけど、とっても美味しかった。
メニューの日本語にも間違いがなくて、安心してお肉を頼めました。

ちょっと残念だったのは、メニューの中に「タン塩」がなかったのと、
タレに「レモン塩だれ」が無かったこと。

レモンもらって、タレを自作いたしました。
トントロは、やっぱりこれじゃなくちゃね(^_^;;

で、飲めない僕にとっては、焼肉食べると、欲しくなるのが白飯。
ごはんを頼もうと、メニューをみると。
あった、あった、
お~、ごはんのおまけに、海苔がついてんのか。
いいね~、頼もう。

ん。。。。

ごらん、のり???
b0098997_2233766.jpg

ご覧、海苔??? 海苔を見ろってか???

ごはん、のり」だろーが、ぼけぇ~(怒

あ~あ、これさえなければ完璧だったのに、このお店。
残念、でも美味しかったぞ。

出てきた海苔は、韓国海苔でした(^_^;

タン塩なかった、、、、タン塩。。。。。
by soukichi_uchida | 2012-05-27 22:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18355450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 広州でかゆ手レッスン その1 予告、 広州でかゆ手レッスン >>