二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
広州 琴行探し その1 
石橋楽器(金陵東路店)の記事の人気がなぜか高いみたいです。
今度店に行ったら、「二胡も販売したら~」なんて言ってみます。
石橋さんがちゃんと二胡仕入れてくれたら、安心して買えるよな~、
なんて思ってしまいます。

で、本題、、、 の前に。

天河地区へ行く地下鉄のシャトル地下鉄(こんなのがあるんです、、ちょっと歩くのがだるい時便利)の中で、二胡を持ってる親子づれを見かけました。
子供は、中学生か高校生ぐらいの女の子。 (これから練習い行くところかな?)
4月半ばに中国にきて、もうすぐ1ヶ月。 その間、町でみかけた、二胡ケースを担いだ普通の人(物乞いではない)、見たのは、たったの三人です。 
3/13億 の確率???
嬉しくて、声をかけようと思ったら、目的駅に到着。 
残念。 娘クーアイだったのに。。

で、やっと本題。

広州天河購書中心(広州天河ブックセンター)という巨大な本屋さんの地下一階のドーンと音楽総合フロアがあって、CD,DVD,書籍、楽譜、それと楽器を取り揃えています。 どれもピアノ(钢琴)にもっとも力をいれているようですが、それぞれに民族楽器のコーナーもちゃんとあります。 ここがたぶん、卓越琴行。

・まず、書籍コーナー。
ブックセンターに併設の楽器屋だけあって、書籍も豊富。 二胡関係の本、楽譜、教則本も沢山おいてあります。
b0098997_1441959.jpg
 楽譜を読みふけるおっさん。。。買えないから、必死で暗譜しているのか? ここでも二胡に関わってる人間発見。 でも、おっさんには声かけないし。。。
教則本は、(日本にいても)ろくに練習もしないのに、これ以上持っていてもしょーがないので、楽譜と、書籍を物色。
こんなんありました。
b0098997_1511845.jpg
二胡芸術・江南文化: ほとんど写真はなく、あっても白黒。 読めたらおもしろそうだったのに、、、
民族楽器: いろんな楽器の生産行程を軽く紹介してます。 でも、いくら探しても「二胡」に関しての記述が無い! 四胡とかはあるのに、、、(怒!  二胡は民族楽器じゃないんかいっ! 
なんの楽器かは判りませんが、魚(鮭?)の皮を使ったものもありました。
180元もするので、購入は断念(そもそも二胡の記述ないし)

・次にCD/DVDコーナー
b0098997_241273.jpg
教則関係中心です。 宋飛さん、人気高いですね~。 

あれも、これもと思ったのですが、日用品も買わなきゃいけないので、ぐっと我慢して、これを購入。
b0098997_2133581.jpg
最易上手(So Easy Playing)なんて軽い本。
中国曲、外国曲、流行曲まで幅広く、ギッチリと譜面が詰め込まれてます。CD付。
おおっ、天空之城とか、菊花台とか女人花とかもあるじゃん。 いいねっ!
まあ、こんな本があるということは、二胡を趣味にしてる人もあるって事なんだ。

・いよいよ楽器コーナー
ピアノの展示に力が入ってます。 YAMAHAと聞いたことない地元と思われるピアノを展示。 おかまいなしに、試奏可能。
僕のさわってた反対側にいた、店員のねーちゃんが、聞き覚えのある曲のイントロを、、、女人花だ! 思わず、メロディーを入れる。 向こうも気が付いたみたいで、ちょっとの間軽くセッション。 やっぱ、こういう時って嬉しいよね。 音楽って言葉いらないんだ、って実感です。

で、ようやく民族楽器コーナー
ピアノ売り場と、ギター売り場の間にひっそりと、民族楽器の売り場があります。
b0098997_254760.jpg
二胡、古琴、笛、フルス等、幅広く民族楽器を取り揃えています。
ほとんどの客は、ギターかピアノに流れてる中で、一人だけ笛を試吹きしてる客がいました。でも全体としては、民族楽器を展示してるだけ、って感じです。
二胡は、
b0098997_374767.jpg

ほとんどの物が、蘇州の虎丘楽器(蘇州民族楽器一廠の別名?)のものでした。
価格帯は、やはり4~5百元の、練習・お土産二胡と、3000~4000元クラスの2カテゴリに分かれます。

ただし、、、3000以上クラスのものが、蘇州、上海ではそのクラスの物とは思えない代物でした。 そう、ここは広州。 上海からは、1000K以上離れた、南方の地です。 どうやら価格帯も異なっているようです。
これが、広州全体でそうなのか、どうかは明日、長江琴行など他の楽器屋さんを回ると明らかになると思います。ちなみに、香港、シンガポールの価格帯は、日本のように、本土のN倍になってるそうです。

この店の二胡は、ちょっと試弾しようという気にはなれませんでした。

でも、1時間千円ぐらいでレッスンをやってくれるとの話もあり、ちょいと抑えておきたい店です。

その2に続く
by soukichi_uchida | 2012-05-13 03:19 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18281762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 広州 琴行探し その2 だめ... 広州 琴行探し プロローグ >>