二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
南京東路の日が暮れて
上海音楽書店がある福州路から、上海民族楽器一厂の出店がある南京東路があります。といっても、この店は南京東路の一番端っこ(外灘より)にあるので、南京東路を端から端まで歩くことになります。

ここで、訂正、業務連絡を一つ。
以前に、この店に行った時、店が閉まってて、いかにも「もうやってません」という雰囲気だったので、琵琶の「教授さん」に、「もうあの店ないよ」なんてガセネタ伝えてしまいました。 やってます。(やる気はあまりなさそうだけど。。。)
じみさん、教授さんにお会いすることがあったら、「やってる」と伝えて下さい。
b0098997_2344481.jpg
これまで気がつかなかったのですが、上海の「上」が傾いてます。 わざとかな、、、それとも、ヨタってるだけ?

アンテナショップ的な位置づけ(勝手に想像)なので、楽器の品ぞろえはあまりよくありません。
古琴、琵琶、二胡と取り扱い製品がほぼ均等に陳列してあります。

4~500元ぐらいの、練習(お土産)二胡と、3000元ぐらいの二胡がつるしてあります。3000元程度の老紅木と紫檀をちょろちょろっと、試弾きさせてもらいました。 けっこういい音です。 (店内の音響もいいんですがね。。)

実は、ここに店に行く目的は、二胡そのものよりは、ミニチュア二胡なんです。
すでに持ってる100元程度の(演奏可能な)ミニチュア二胡以外になにかあるかな~? なんて物色すると、ありました、ありました。
もう、ミニチュア二胡とは呼べない位の、1/3スケールぐらい(高胡より二まわりぐらい小さい)のミニチュア二胡が。 値段はなんと420元。
マニアとしては垂涎なんですが、
タイグイラ~! 
あっちのお土産二胡と同じぐらいの値段じゃんか? 200元なら買うぞ!
って言ったら、 店のおっさん
「ほれほれ、皮は本物だぜ」 なんて感じのこといってるし、、、
「じゃあ、CITESとらなきゃ持って帰れないじゃん、」
なんて、突っ込みは辞めときました。

あー、お金持ってなくてよかった。 持ってたら、思わず衝動買いです。危ない危ない(^_^;;
------
店を後にして、地下鉄の駅に向かって、南京東路をダラダラと歩いてると。
Apple直営店になにやら、人だかりが。 今日は中国での iPhone4 の正式販売日(たぶん)
b0098997_303648.jpg
大卒ひと月分以上の価格でも、買うやつがいっぱいいるんですね。
※日本に置き換えると、iPhoneに20万円近く出して、買うかな?

----
■おまけ、
最低な日本人(俺のこと)と役割分担のプライド対決

南京東路は、日本でいうと、銀座をホコ天にしてるような処。観光客も沢山集まります。観光客をカモにしようと、とくに日本人だとみると、いろんなのが声かけてきます。
・トモタチ、トモタチ
・トッケイ、カパン、ニセモノ、ニセモノ
・マッサージ、オンナオンナとか。
この辺は全くの無視か、プヨン、プヨンとか言って追い払います。

たちが悪いのは、日本領事館なんかも注意喚起しているこれ、
「私たち、ニホンコのベンキョしています、ニホン人の人とお話がしていれす」
「いっしょに食事でもしませんか?」とか、「お茶でも飲みにいきませんか?」

これにだまされる人多い様です。
お茶を飲んだだけで、400元。 食事に行くと数千元吹っかけられる。
あとで、彼女たちに、ペイバックされます。

こいつらを、おちょくる、うっち~。
ぶらぶら歩いてると、来ましたきました。
結構かわいい女の子のふたりづれ。
お誘いは、食事でした。

「あ”~、飯なんていらねーよ」なんて答えると、
こいつドシロートじゃないと気がついた二人、
「マッサージ、マッサージ来てきて、見るだけ、見るだけ」とか言ってくる。
だれが、行くかボケっ! と思いながら。
「お前ら二人ならいーぞ、いくらだ~」と切り返す。
※じっさいには、中国語でもっとエグイ事を言う。。

ここで、彼女たちのプライドが踏みにじられます。
彼女たちの役割は、客引きであって、けっして実行部隊ではない。
私たちは、そんな連中とは一線を画しているという、訳のわからんプライド。

そこをぐりぐりと、しつこくえぐります。
ついに激怒し始める。
おケツに一発蹴りいれられて、さっさと、バイバイです。

あー、おもしろかった。
蘇州の学生たちみたいに、まじめに勉強せんかい、こらっ! です。

※ちなみに、こんな連中がいるから、蘇州の観光地で、まじめな学生たちが、日本語の勉強のために、日本人に声をかけても、ケンモホロロな対応されて、悲しい思いをしてるんです。

※良い子は、こんなおちょくり遊びはしないように。 ケガします。



 
by soukichi_uchida | 2012-05-08 03:32 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18257120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じみ at 2012-05-08 07:03 x
業務連絡了解しますたッ!
<< 広州レポート4 東莞すご過ぎ 上海音楽書店(福州路店) >>