二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
蘇州 寒山寺のお土産二胡屋さんで
中国に来て、初の二胡関連レポートです

昨日、21日の土曜日。 上海に来て初めての週末。
かなり疲れてきたので、ゆっくり休もうとおもってましたが、
こちらに来たての駐在員と出張者がヒマそうだったので、
彼らをさそって、新幹線で蘇州日帰り観光してきました。

もちろん、蘇州の学校の学生たちにも声をかけて。
僕のよーな、おっさんには飽きてるけど、新しくて若い日本人となると人も集まります。わらわらと7人も集まりました(^_^;

鐘が鳴るなり寒山寺。
b0098997_324558.jpg
ここの観光後、以前から気になってた、寒山寺前の琴行。
b0098997_34372.jpg

その名も 「蘇州二胡」!!!
よくまあ、こんな恥ずかしげもなく、こんな名前つけるよな~。。
水晶やら、扇子やら、楽器以外のものも売ってるし、いかにもお土産二胡屋さんです。

どんなもんかと店にはいってみると、
店頭につるしの二胡は、200~400元程度。 見た目にも触る気もしません。
高いので、800元です。(老紅木?と黒檀)
こいつらは、鳴らしてみると、そこそこいい音でてます。
まあ、こんなもん。

店のおやじも、最初は日本人だとみるとテキトーな事いって売りつけようとしてましたが、チョロチョロっと音出しして、かるく演奏すると、その後は何も言わなくなりました。
ふつうの二胡屋のおやじとマニアの会話に移行。

で、ふと店の奥のショーケースを見ると、
「げげげっ!」
王国兴 と 陆林生 の二胡がぁ~
b0098997_362191.jpg
b0098997_364338.jpg
真的(チェンダ)王国兴???? って聞くと

「チェンダ、チェンダ、ここに王国兴って刻印があるだろ~」との返事

物は、紫檀と黒檀でした。
うーんまじかよ、と思いながら試奏を。

どへっ、いー音するじゃん。

どれも、皮はちょっと薄めだけど、適度な張り具合。
こんな店ではだれも高い二胡は買わないだろーから、ショーケースで何年も寝てたに違いない。
皮にもうっすらと埃が、、、

価格帯は、5000~6000元でした。

こんなお土産二胡屋というか、お土産屋で、
これは、本物か、偽物か?

ここは、中国だし、なんでもありなんですが、
本物、偽物論は別にして、
・まず見た目でしっかりしている。
・二胡を構えた時の重さ(単なる重さではなく、手応えなど)
・音の鳴り、音色
など、景徳路の琴行の数千元の二胡と遜色のない、それ以上の物でした。

まあ、王国兴と陆林生の名前を冠した二胡が現地で、5000~6000元という現実。

うーん、まいったね。。。
量産の本物、よくできた偽物、などなど頭のなかをいろんなことが駆け巡ります。 今度いった時に、2000元ぐらいに値引きできたら、かってもいいかな~なんて考えてしまいます。

まあ、先は長いんで、焦らずに。。。
奥が深いぜ、中国。
by soukichi_uchida | 2012-04-22 03:34 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/18174161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぅ at 2012-04-22 23:18 x
あらー、いつのまに上海へ逝っちゃったんですねー!わたしも寒山寺に行ったときに寄りましたが、お金に抜け目ないかの国の方が放置してるわけないだろうと決めつけてました。たぶん99%偽物???
Commented by うっちー at 2012-04-24 00:11 x
そーでんな。 そこそこよく出来た偽物でしょう。 でも、こんなのがゴロゴロころがってんだ。。。 やっぱ奥が深いっす。
近々広州情報をレポートします。
<< iPad3! なんじゃこりゃ >>