二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
F と Gを検証する
比較的(というか、とても)皮の張りが硬い、北京2号と蘇州1号を題材に。

駒と弦を外した状態で、琴皮を指でコンコンとたたいてみる。

絶対音感はないので、その音の高さを耳で聞きとって、
「ん~~」と口ずさみながら、チューナーで音程を確認。

んん、、Fじゃなくて B♭???

おかしい、全然違うじゃん。

しかし良く考えてみると
B♭(2)は約 233Hz、F(3)は、466Hzで倍音の関係にあります。

耳で聞きとっていたのはB♭(2)の方で、やはりFは出ているですね。

これは2台ともそうです。

チューナーのサウンドをFにして音を鳴らしながら、
皮をコンコンコンと連続して叩くと、たしかにFに聞こえてきます。

※そう思えば、そう思えるんだ~。

調整の目安とするんだから、「これはFだ」と思い込むことにします。
※これ重要。。。(^_^;;

これをベースに駒を乗っけて、弦を張った時の音を聞いて調整する。

F が Gになるように、駒の高さや、千斤の高さを調整していく。

ということで、
まずは、皮がキンキンに貼ってある(と思われる北京2号)に着手

こいつは、皮を叩く場所で、音程が異なります。
つまり皮が均一に貼られていないんじゃないかと思われます。

ムカつきながらも、中心部分はなんとか F っぽいので、ここをベースに調整に着手。

駒は、駒の繰り抜き実験に使用した、
楠、繰り抜き無し、内田駒形状(前後非対称)駒を私用。
底面から弦までの距離は、高くもなく、低くもないレベル。

これで、千斤の高さを変えて実験を行うわけですが、
もし G という音に皮の張りを持っていくのに、とんでも無い圧力が必要
つまり、千斤の高さが(5mm以下とか)極端に低くする必要がある場合、
今回の「FとG」という考え方そのものが間違っていることになります。

逆に、一般的な高さ(指一本分ぐらい)であれば、
F と G という音程が本当にいいのか? という話は別にして、
考え方そのものは間違っていないことになります。

で、北京2号で試してみると、ちょいと低めだけれども、
皮のコンコン音は F から G に変わりました。
音が変わる臨界点があるようです。

つまり、図中緑の矢印区間が微調整の範囲になると思われます。
b0098997_4183691.jpg
この微調整で何が変わってくるかは、実験を継続します。

ここまでの実験で言えることは、
  千斤の高さは G±αとなる力が皮にかかる高さ
  千斤の位置は、駒からの距離が 38.5cm±α となる位置
だと考えています。
結局 ±α の調節は必要なんです。

繰り返しになりますが、
ヘソとなる所もなしに、闇雲に調整するよりは、
何がしかのヘソを持って調整することが出来るんじゃないかと思います。

ただし、「ヘソ」の考え方が間違っていなければの話です。
良い子はマネしないほうがいいかもね。
皮に取り返しのつかないダメージを与えているかもしれません。

あ、駒はどーなったって? 
今回の千斤の話は、駒に密接に関係してるので、きっと何かの役にたつと思いますよー。
by soukichi_uchida | 2012-02-18 04:25 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17822632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia_no at 2012-02-21 11:57 x
以前、駒も弦もつけたままですが、皮を叩いて、音の高さを比べて遊んでいましたが、
ちゃんと、研究できたら、新品がこのぐらいで、皮が育っていい音色のピークがこの音あたりで、これになったら皮は寿命ですよ~というところがあるような気がします。

でもどんな二胡でも右手 
弾き手 命なのが二胡の宿命でしょうか~笑
Commented by nisino at 2012-02-21 12:08 x
あの!Fは出来上がった時の新品の時の音だそうですよ。でも何でFが良いのかは教わりませんでした。李十三さんと、毛さんと劉継紅さんが、皆Fと言うのですが、薄い皮は、比較的コントロールできますが、厚い皮は、ぬれている時の音と、乾いた時の音の差が大きいようです。最後の締め加減が問題です。
ぬれている時に乾いた時の音を想像しながら張らなければいけないので、これは単に偶然良い物はFになっていると言うしかないようです。皮一枚一枚がちじ診率が違いますから、その上、胴の大きさも少しづつ違いますからね。敢えてFに出来るとは思えないのですよ。私が未熟なのかもしれませんが、王さんの二胡14台ぐらいは弾いたのですが、Fは一台も無かったと思います、理由は完全な新品では無かったというのも有るかもしれませんが。
Commented by 鏡深 at 2012-02-23 10:31 x
周波数が倍になったら、単純にオクターブが変わるだけだと思ってたのだけど。。。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/TR4.HTM

今度、木材を探すために今の仕事を辞めようと思います。大きい材料が掘り出せれば良いのだけど。。。
<< 無錫-蘇州へ、そして。。。 1 無錫 梅村に何かが出来てるみたい >>