二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
マジンガー駒の謎に挑む!
本題に入る前に、
マジンガー駒。 なかなか評判がよく、興味のある人も多いので、中国の現地エンジニアにマジンガー駒を20個ぐらい買っとくように依頼しました。 入手したところで、欲しい人への配布方法考えます。(実費はくださいね。。。)

さて、本題。
3つ前の記事 「作りました」で、

軽い駒~重い駒で、くり抜きの有り無し駒を作成しました。
それを、内田駒改良プロジェクト その2 (分析条件)の条件で試してみました。
弾き手は、我が愛しの、3000年前からの宿敵ずえだ~老師(^o^/

いつものように、音をPCに取り込んで分析しようとしてますが、これがなかなか困難。 
そこで耳で聞いた感覚での評価レポートを。。。

駒の材質は、「作りました」で報告した。
 黒檀   (気乾比重 :0.85-1.09)
 リオグランデバリサンダー (気乾比重 :0.75)
 楢(ナラ)  (気乾比重 :0.67)
これに加えて、
 楠 (気乾比重 : 0.52)
も作成して評価。

それぞれの駒の重さを後日測定したのですが、メモを会社においてきてしまったので、後日追記します。

駒の大きさ、形状はほぼ同一にしています
b0098997_0183863.jpg

まず、くり抜き無しの駒での比較ですが、

軽い駒 : 音が硬くて、音は大きい 
重い駒 : こもった音(まろやかともいう)で、音が小さい


という傾向がはっきりと聞いて取れました。 
このへんは、知ってる人には、なにを今更な話なんでしょうけど、僕には新鮮な実験でした。

黒檀やバリサンダーの塊でできた駒は、使い物になりません。
楢や楠は、形状がアレなんで、光舜堂 ウチダ駒に近い音になります。

とにかく、形状と体積が同じ場合、駒の「重さ」が音質を決める要因であることが判明。

次に、くり抜きを行った駒ですが、
その効果は、「駒の重さの調整だ」ということが分かりました。

元々軽い、楠や楢では、
  音質、音量ともに、大きな変化はなく。
一方、重い、バリと黒檀は、
  くり抜きの有無で、音質、音量ともに大きな変化がありました。
  くり抜くことによって、音は固めで、音量もアップ。


  ※その後、家に帰って、くり抜きを削り込めば削り込むほど効果が
    あることを実感。 そこそこ使える駒になりました。

この実験結果は、今後の究極の駒作りの大きな要素になると思います。

え”、、、?
「究極の駒っていつ出来るんだ?」 ですって、、、
いや~、、美味しんぼの究極のメニューだって、ビックコミックスピリッツでまだ連載してるじゃないですか。
N十年はかかりまんがな。。。。。

光舜堂で西野さんが、具現化されたウチダ駒は、究極の駒の一つの形です。
興味のあるかたは、光舜堂へ。
Jimmy さんが、ばっちり、あなたの二胡に合わせた調整してくれます。
あ、、、次週から西野さん復活でしたね~
by soukichi_uchida | 2012-02-14 00:22 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17797714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これは、大発見かも。。。。(予告) 千斤の調整に挑む1 >>