二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
千斤の調整に挑む1

沙皮さんの二胡講座第 「千斤」 とても勉強になりました。

そこで、千斤の調整について少し考えてみました。

千斤の調整に関わる、可変パラメータは
 ・千斤の位置
 ・千斤の高さ
 ・駒の高さ

です。

弦の材質、太さも、パラメータですが、これは一旦装着してしまうと、固定値となってしまいますので、今回の考察からは除外します。

上記の可変パラメータによるアウトプットは、
いろんな力が、各パーツにかかっていますが、
 ・弦にかかる張力と
 ・皮にかかる圧力

の2つに集約されてると思います。
b0098997_22271981.jpg
この最適値を求めるのが、千斤の調整ではないかと思います。

最適値を求める事により
 ・その二胡や弦が持つ最大限のパフォーマンスが引き出せる。
 ・雑音が低減する
はずです。

じゃあ、どうやっってその最適値を求めるのか?

むずかし~な~。。。。

長考に入ります。。。。

■追記

ところで、 以前の記事 千斤の適正な位置(音の波長から考えてみる) で導き出した、駒から千斤までの長さ、38.5Cm.

人によって、手の大きさが違うし、その長さじゃしんどいんじゃないの? 
なんて意見もあるんですが、 琴筒から、千斤の距離じゃないですからね。 
駒 から 千斤の距離です。
これで、千斤の位置を決めると、結構低い位置ですよ。
手指と足がとっても短い僕の場合でも、肘から小指のまんなかあたりです。

38.5Cm ってのは、あくまで、目安で、
気温・湿度(つまり音速に依存)や、二胡の個体差によっていいところがあるはずです。このあたりでいいところを探してみてくださいね~。
あくまで、自己責任でね。。。(闇雲に、人のいうこと信じないよーに)
by soukichi_uchida | 2012-02-13 23:23 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17797332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マジンガー駒の謎に挑む! 沙皮さんの二胡講座第 「千斤」... >>