二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
上海 金陵東路 楽悠琴行(乐悠琴行)にて
話は戻りますが、先々週上海に出張した時の事、

楽悠琴行で、駒選びをしていたら、
日本人のオバちゃま集団が、お店を覗き込んで恐る恐る御入店。

最初は勇気いりますよね、初めてのお店に、しかも外国で。

話しかけてみると、
いくつかのブログで、ここのお店が紹介されているのを見つけて
上海旅行のついでにお店に立ち寄られたようでした。
※どっかの教室のイベントで上海来たのかな??

今回の目的は、弓や駒を買いにきたご様子。
駒の種類が沢山あることに驚いていたようで、
「どんな駒がいいんでしょうか? 」という相談に、 
これ↓↓↓↓を推薦。
b0098997_033479.jpg
こいつは、10月の Music China で見つけた、油分が多い「赤松」の駒です
どんな二胡でも、そこそこの鳴りを引き出してくれます。

オバちゃまたちは、店員と多少なりともコミュニケーションがとれてる日本人の
僕がいたので、安心したのか、二胡および二胡関連グッズまみれのお店でかなりハイテンションに。

気がついたら、
みんな、弓とか駒をそれぞれ別個に買ってる。。
  「纏めて買って、値引き交渉したほうがいいですよ」
とアドバイスしましたが
後の祭りでした。

でも、その事に気がついたお店の老板は、彼女たちに、二胡弦とか、いろいろオマケをつけてあげてました。

最後に、老板とオバちゃま達と記念撮影を。
b0098997_0352146.jpg
「ブログに載せますから」といって撮影した写真なので、「顔出し」いいですよね。
ダンナに内緒で上海に来てて、顔出しはマズイとか、問題あれば連絡下さい。
ボカシ入れます。

すこしはお役に立てたかな?
関東近辺の二胡愛好家の方々なので、光舜堂も宣伝しておきました。 
by soukichi_uchida | 2012-01-26 00:39 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17683874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すう at 2012-01-26 16:36 x
ここの店、2年前に心弦の御学友たちと嫁とで行きました。斑竹弓と寿康弓と駒買いました。日本に比べると安いな~と思っていたら、うちの嫁が値下げ交渉したら、あっという間に5割引になりました。恐るべしうちの嫁!
Commented by soukichi_uchida at 2012-01-28 12:17
わはは、中国人は値切ってなんぼですからね~。 広東地区では、広東語しゃべってるやつと、標準語しゃべってるやつと、外国語喋ってるやつで売値がことなったりします。 10倍ぐらいちがうかな~
Commented by すう at 2012-01-28 16:46 x
諸般の事情があるにしても、日本は高過ぎっ!
でも、それでも売れるっていうことは需要と供給の問題なのかな?
自分もよく買うし...
<< 穴の目的? 合体!  >>