二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
合体! 
マジンガー駒、 この駒の効果には、かなりショックを受けました。
いままで、考えてきたことは、
  「いったいなんだったんだぁあ~」
ちゅーぐらいに。

でも、このアイディアはぜひ、「究極の駒作」に取り込まねば、
ということで、こんなん作って見ました。

マジンガー駒と、ウチダ駒を がったぁ~い! 

(左側は、元祖マジンガー駒)
b0098997_217121.jpg
側面から見ると、
b0098997_21112022.jpg
形状は、マジンガーになってませんが、側面から中身をくり抜いた、
ウチダ駒形状。
b0098997_21131268.jpg
マジンガーの加工精度と比べると、出来は「おこちゃまレベル」です (^_^;;

素材は楢の枝の年輪の中心部分。 けっこう硬い素材です。

さて、どんな音がするのやら?
ホントは、音を取り込んで、定量的な分析を行うべきなんですが、、
とりあえず、ファーストインプレッションとしては、

なんだか イイカンジ~! (^o^/

蘇州1号、北京2号(六角)ともに、よく鳴ります、高音も延びる。(気がする)

しかし、なんなんだろ~?
このくり抜きの効果は???

体積は同じで、中身を抜いているんだから、
駒全体の質量が減って、密度は低くなってる。

このへんに、何かヒントがありそうです。
取り組むべきテーマの一つです。

道は、まだまだ遠い。。。。

-----
ところで、すうさんから、「タオバオでマジンガー駒売ってるよ」という情報を貰って、ここから情報を手繰っていったら、マジンガー駒のメーカーらしき所にたどり着きました。
ここ ↓↓↓↓
河北省饶阳县弘场民族乐器厂(河北省饒陽縣弘場民族樂器廠)

アリババで、1個40元、10~49個だと25元、50個以上で20元で卸してます。
在庫 10000個だって、、こんなの、よく10000個もつくったよな~

正式名称は、小叶紫檀镂空二胡码子(小葉紫檀鏤空二胡碼子) なんだって。
訳すと、小葉紫檀の透かし彫りの二胡の駒

日本じゃ、やっぱ「マジンガー駒」って呼ぼうよね~

それにしても、河北省といい武漢といい、、このあたりから革新的な二胡とか配件(部品)なんかが、出てきてる気がします。
by soukichi_uchida | 2012-01-24 21:54 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17676885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nisino at 2012-01-25 17:09 x
このマジンガー?駒、多分究極でしょう。

と言うのは、太棹の三味線の駒がこの形状です。
以前から作ろうとはしていたのですが、、、やられましたね。

三味線の駒は、水牛の角をお湯で蒸して、圧縮してあります。

なおかつ前から見ても抜いてあり、四本の柱状態とも言えます。

一文目から、21文目まで有り、曲によって、また皮の状態によって、駒を取り換えます、たまには演奏途中でも入れ替えたりします。重さが影響していると思われます。

今度、密度の高い木でこの形を作ってみます。
或いは、木を圧縮しても良いと思います。

中抜きはレーザーを使えば比較的楽にきれいに行きますよ。

高いものにはなりますが。
Commented by soukichi_uchida at 2012-01-26 00:13
そうですね、密度の高い木じゃないと、この駒の実現は困難でしょうね。 駒全体の密度調整も密度がもともと高いから意味がある。
中抜きは、れ、レーザーですかぁ~、そんなん一般人じゃ無理です。。、、、、まてよ、会社にあったな、高出力のレーザー。。。うぷぷ
<< 上海 金陵東路 楽悠琴行(乐悠... 「阿修羅男爵!?」 駒 >>