二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
無錫の反撃
もう無錫で作った二胡を「蘇州二胡」とは呼ばせないぞ!

「無錫梅村出產的二胡不再冠“蘇州”名」

なんてことを、無錫の「萬其興」さん達二胡関係者が言ってるそうです。
梅村の二胡創意園の建設もその一貫。

まあ、劉天華も、阿炳も無錫生まれなのに、楽器本体は蘇州、
 蘇州、蘇州 ~、、、 なんて
無錫で二胡作ってる人たちは気分悪いんでしょうね。
この記事(翻訳)を斜め読みすると、

“無錫の多くの二胡の師父たちは蘇州で二胡作りを学んだ、
だから、(無錫で作ってても)二胡はみんな「蘇州」製だと言われてしまう“


なんて事が書いてあります。
※蘇州で学んだって事は認めてるんですよね~(^_^;;

そのうち「無錫二胡」ってのが、日本の琴行の店頭にも並ぶんでしょう。

ちなみに、
無錫梅村の二胡創意園、現地の知人に調べてもらってるんですが、作ってんだか、どーだか、分からんそうです。
こんなんがありました、 工事と内装工事の入札の公募

昨年10月に着工予定のようです。
3月に行けたら、現地調査してきますわ・・・

PS
千葉ディズニーランド(CDL)じゃ、イヤだよね。
蘇州でいいじゃん、地理関係も東京・千葉みたいなもんだし。。

日本で売る時に、「蘇州夜曲」と「無錫旅情」とどっちが名が通っているか? なんて考えたりして。 メーカーにオーダーする時のオプションで、「無錫」の刻印にするか、「蘇州」にするかなんてあったりしてね。
ビジネス的にはあり得るわな。。。

日本の琴行さん、「無錫二胡」を売り出すなら、「無錫キャンペーン」をやってからの方がいいかも。 
できが同じ二胡で、無錫と蘇州を並べられたら、やっぱ蘇州選びません?
by soukichi_uchida | 2012-01-13 20:16 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17608112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一日一駒! 王根興が.... >>