二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
板二胡 (板胡じゃないよ)
絲竹の事を、ネットで調べてました。 
絲竹では、ベースとなるメロディの事を「板」といい、
装飾音や、ちょっとしたアドリブの事を 花を加える(加花)というそうです。

って、この話、昔S老師に聞いたよな。。。 最近記憶力が、、、

話は絲竹の事じゃなくて、、、
検索の過程で、「板」つながりで、 「板二胡」ってのが検索ででてきました。

「何だ~?」と思ってクリックして、びっくり(゚д゚)!
b0098997_2357968.jpg
 いぃ~音。

我楽(www.56.com) の動画 板二胡与乐队--《曙光》
途中に出てくる、低音板二胡も、素敵です。

YouTube の動画 Morning Twilight 曙光

b0098997_0422536.jpg
琴筒、でかいな。
板で、二胡に近い音域、音質出すには、このぐらいの大きさがいるんだろうな、きっと。

駒小さく、中心より上部に位置してる。申し訳程度の控制綿。
琴皮の部分が、「板」ってことは、「駒」の材質や形状も違ってくるんだろうな~。
妄想は広がる。。。。
by soukichi_uchida | 2011-12-30 00:49 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17489751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nisino at 2011-12-30 10:55 x
これは桐の板ですね、板胡と同じだと思います。

桐は張力が大きくないですから、比較的蛇皮の音に近いのだと思います。
以前桐と桜と胡桃の積層材でやってみたことが有ります。
かなり良い音なのですが、このくらいに大きくしないと、ボリュームだ出ないのでしょうね、私のは普通の二胡に張ったものですから、音は比較的小さかったです。胴を大きくするのを考えていませんでした。
これからの可能性として、スプルスのおわん状の局面の物で、C字孔を作ったものが多分決定打になるとは想像しています。
蛇皮より楽ですから、比較的安くもできると思います。

その時に、必要なのは、棹の形状(胴内部)の研究でしょうね。

今魂柱の役を完全には果たしていませんから。

まだまだやる事沢山ありますね。

ご協力お願いします。
<< 内田駒改良プロジェクト その4... 内田駒改良プロジェクト その... >>