二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
内田駒改良プロジェクト その3(FFTスペクトルの見方)
実際の分析に入る前に、グダグダと書いてますが、もうちょっと我慢してください

今回は、FFTされたスペクトルの見方です。

ちょっと復習します。
二胡の音をパソコンに取り込んで、FFT(フーリエ変換)すると、音の中に含まれる周波数成分とそれぞれの強度が分かリます。 これをチャートで表すと、こうなります。(クリックで拡大)
b0098997_19315735.jpg
内弦の開放弦のスペクトルです。 左端の矢印の所が、D3 293Hz です。 D3 に対して倍音が沢山出ているのが分かります。

スペクトル全体を見やすくするために、縦軸も横軸も対数(LOG)で表されています。(縦軸は dB )
強度(縦軸)が1違うと10倍違うということに注意してください。
対数表示じゃないスペクトルは、こんなのになります。
b0098997_19535576.jpg
ちょいと見難いですね。高次の倍音が出てても、読み取れないなんてことになります。

ということで、今後は前者(対数)スペクトルを使って分析を行ないます。

西野二胡(シャム柿)にウチダ駒をつけた時のスペクトルを原点として、変更を加えたものが、これとどう違うのか?という比較を行なっていきます。

さあ、これからが、大変だ。。。 




 
by soukichi_uchida | 2011-12-29 20:17 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17488067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 板二胡 (板胡じゃないよ) 内田駒改良プロジェクト その... >>