二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
究極の駒再び 内田駒!?
いや、、、こんな事になるとは、想像だにしませんでした。

「究極の駒: 二胡の力を最大限に引き出す駒」 というテーマにおいて、
光舜堂の西野さんが、僕と同様の方向性を見出されました。(側面の形状)
b0098997_356066.jpg

僕が先駆者だということで、なな、なんと「内田駒」なんて、こっ恥ずかしい名前まで付いちゃいました(^_^;;

西野さんがこのテーマに取り組んでくださる事により

・豊富な素材で、木工のプロにより、僕なんかより
 ずーっと効率よく駒の試作が出来る。
・何種類もの二胡で実験・評価ができる
・光瞬堂に集う多くの人に評価してもらえる

というメリットがあります。

現在、Jimmy さんはじめ、何人かの方に試用してもらっているそうで、
評価はなかなか上々なようです。

僕も一ついただきました。
以前、自作したものを試した時にも実感しましたが、
「なんじゃ~こりゃ」というぐらい音大きくなり、音質も変わります。
※好き嫌いはあるかもしれません。

まだまだ改良の余地はあります。

・音のインピーダンスを考慮した素材の選別
・弦の横方向の振動も利用する
などなど、、

先が楽しみです。
by soukichi_uchida | 2011-12-11 03:56 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/17276926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こばやし at 2011-12-14 15:42 x
僕も西野さんに教えてもらって、この形状の駒使ってます。いいですね!
Commented by soukichi_uchida at 2011-12-14 21:05
お~、こばやさん。 福井はそろそろ雪ですかね。 カニがおいしい季節ですね~。 駒、まだまだ進化させるつもりです。 乞うご期待です! アイディアあれば書き込み願います
Commented by キャプテン.Erhu.Kirk at 2011-12-17 16:03 x
西野さんのブログも拝見しておりますが、『ウチダ駒』の発明者と言う事で大いに注目しております!自分は現在UKEの演奏&自作をやっておりますが、何れ二胡も自作したいと考えておりますので。今後とも勉強させてもらいますね!(^_^.)
Commented by nisino at 2011-12-19 17:45 x
遅ればせながら、ウチダ駒は究極の形に近いと思います。

私は単なる制作者ですから、これを最初に考え出した内田さんは凄いです。
私のはバイオリン駒の形を考えていて出来上がったものですから、邪道ですね。
材料も、形もまだもう少し詰めることができると思います。
今までの駒のように、小さければ良く鳴るという考えは無くなるかもしれません、質量の問題と密度でしょうか。

それから、人様のコメント出失礼ですが、キャプテンさん、是非二胡作りにも参加して下さい。
Commented by ほぉ at 2011-12-21 17:58 x
うっちーさーんっ!

あ、あのぅ、、、光しゅん堂の、しゅんの字、、、
舜なんです、、、瞬ではなく。。。
Commented by soukichi_uchida at 2011-12-21 22:30
どぉへぇ~! す、すみません、修正しまーす。
<< 蘇州 山塘街へ 2 二胡連再開 >>