二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
2011・5 蘇州、無錫レポート4(錫恵公園へ)

阿炳記念館で、ちょっとがっかりしつつも、気持ちを切り替えて、「阿炳の墓」と「天下第二泉」のある、錫恵公園へ。 ここでは、無錫名物「泥人形」を購入予定。

錫恵公園は、無錫の街中から3Kぐらい西に、太湖寄りにある。

ここで、ウンチクを一つ。

無錫、錫恵公園。 「錫」って字が使われてます。 この錫は、Sn の錫そのもの。最近では、鉛フリー半田なんかで使われてます。
無錫は、その昔は錫の産地だったそうです。元々の名前は「有錫」だって。
それが、ムチャクチャに錫を採取しすぎて、錫が無くなってしまって、地名も「無錫」になったんだとさ。
時代としては、司馬遷の『史記』の時代。1800年ぐらい前の時代。

うーん、今だって、似たような事やってません? φ国さん。

で、錫恵公園。 の入り口。
b0098997_2325128.jpg
参道(??でいいかな) に沿って、古い建物がならび、お土産屋が入ってる。 少し歩くと、入場チケット売り場が。 タダじゃねーのか、、。 ロープーウェイで山の上まで登れるらしい。 これはパス。 
中国でロープーウェイに乗る勇気はまだ有りません。。。(^_^;;

参道を歩いていると、なんと小さな琴行が。
ぼっろくて安そうな、二胡や琴が置いてある。(値札無し)
二胡を手にとって、チョロロっと弾いてみると、店のおっさんが、 「おやっ!」 てな顔でこっち見る。
二胡教えます。1時間45元」なんて張り紙が、、習ってみとうかと思いましたが、S君と靖ちゃんを待たせるとわるいので、ぐっと堪えて、先に進む。

数分あるくと、二泉にたどり着く。
b0098997_22594956.jpg
「こっ、ここが二泉映月が作曲された所かぁ~」 とドキドキぢながら中へ。
どっどぉ~んと 「天下第二泉」の文字が。
b0098997_23144129.jpg
この文字がある壁の前に池があるけど、これは天下第二泉じゃ無い。紛らわしいぜ。 振り向けば、本物が!
「こっ、ここじゃぁ~」
b0098997_23214994.jpg
「ん、、、、、、、」
「なんじゃこれ??」小さな井戸のようなのが、二つ。。。
b0098997_2325142.jpg
中を覗くと、、、
b0098997_2327695.jpg
、、、、、まあこんなモンでしょう。 ちょっとだけ水のこってるのね。。

阿炳のお墓編に続く
by soukichi_uchida | 2011-05-14 23:30 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/15538978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2011・5 蘇州、無錫レポ... 2011・5 蘇州、無錫レポート3 >>