二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
蘇州レポート4( 太湖へ! )
蘇州での2日目、
蘇州農業職業技術学院の(日本語クラスの)大学生達は、夏の特別授業で、土日(半日)も、しごかれてました。。

蘇州での2日目は普通の月曜日、 学生はだれも付き合ってくれないと考えてました。  ところが、M先生から、
 「月曜日は授業を一日休んで、みんなで太湖に行こう!
との大号令!

授業が無いと喜ぶのは、どこの学生も同じ!
急遽、学生の有志と先生と僕、総勢15人で、太湖へ行く事になりました。

蘇州から太湖へはどうやって行くのか?
路線バスで2時間かけて行きます。。。
b0098997_130259.jpg
その路線バス、エアコンがありません。(全てではありませんが)

路線バスなので、蘇州のターミナルから一気に太湖に向かうのではなく、渋滞の市内をぐるぐる回った後、太湖に向かいます。途中、人民がガンガン乗り降りします。。 という訳で、太湖への2時間のうち、市内をトロトロ1時間です。

で、エアコンがない。 窓を開けてもたいして風が入ってこない。 
日が差す側はもーたいへん。 皆バスのなかで日傘をさします。。。
b0098997_23364191.jpg
バスの中で、みなグッタリ。
b0098997_23372745.jpg
ついに太湖(西山)に到着。 
b0098997_2350984.jpg
なんと、入場料は一人60元。 
東京の昭和記念公園だって入場料は、400円!
高すぎる! ターグイラ!
団体料金にするには、チョイ人数が足りない。。
さっそく、学生達が値段交渉を始めます。。(強いね中国の女性は。。)

一人45元まで下がりました。 ※それでも彼らの朝飯9回分です。。。

後で解ったことですが、この西山の公園の入場料には、
くじ引きで、もれなく乗馬とかゲームなんかがついてました。

いざ山頂(?)へ。 
40℃近い猛暑のなか、ゼーゼーいいながら(僕だけ?)歩きます。
ペットボトルの水は「お湯」になります。
b0098997_2355358.jpg
途中でパチリと一枚。 こいつら元気じゃ、、
b0098997_23582353.jpg
 山頂(?)で記念写真。 おじさんは完全にグロッキー。。。
b0098997_073037.jpg
周りは絶景。でも疲れ果てて、そんな余裕はおじさんには無し。

山を下りて公園へ、
乗馬上や、アスレチックで小娘どもは大喜び。。やっぱりこいつら元気じゃ。。。
b0098997_031314.jpg
ボートで太湖を疾走!。
b0098997_0415589.jpg
※これでも、太湖で船に乗って遊覧した事になりますね。。。

疲れ果てて戻ってきたバスターミナル。
お土産売り場のおばちゃんたちがうるさいのなんの。。

でも、果物売り場で売ってた桃(太湖名物)は、乾いた喉と疲れた体には絶品の甘さでした。。 あとて調べてみると、蟠桃いう種類の桃でした。
b0098997_047106.jpg
これは、また食べたい。。

帰りのバス。。 不運にもまたエアコン無しバス。。 完全に全員グロッキー

蘇州に戻って、
暑過ぎて、とてもお昼ご飯は食べられなかったので、
早めの夕食を学生達と。
b0098997_104732.jpg
美味しかったんだけど、、真夏に火鍋かよ~。 辛い、暑いで、またまた大汗かきました。。

-----
ちなみに、二胡の初級で必ずやる曲、「太湖船」。
学生達は、だれも知らなかった。。

思い描いていた、太湖。 
 まったりと、手漕ぎの遊覧船にのって、中国茶でも飲みながら、
 どこからとも流れてくる二胡の調べ。。。。
程遠いものでしたが、楽しい一日でした。。

---
おまけ。

皆と別れて、乗り物のは乗らずに、テクテクとホテルに戻りました。
金門路から景得路を経て、観前街のホテルに。。
やはり、琴行(二胡屋)がいっぱい。。 
b0098997_1145775.jpg
 
b0098997_1151394.jpg
夕方なので、店はそろそろ閉めるモードです。 それと、疲れ果ててて、店の中まで入る元気はなし。
次は行くぞ! 
by soukichi_uchida | 2010-08-23 00:10 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13824859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蘇州レポート5( 運河の遊覧船 ) 蘇州レポート3(蘇州の琴行にて) >>