二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
蘇州レポート3(蘇州の琴行にて)
いよいよ、琴行レポートです

7月に卒業した靖と 現役学生の 譚と張の3人が暑い中付き合ってくれました。
東京も暑かったようですが、蘇州も暑いのなんのって、
昼間は出て歩くもんじゃありません。。。

今回は、行く店を絞って、2件に行きました。
寒山楽器(前回 緑檀の二胡がおいてあった)と、
うるさいオバチャンのいる正扬琴行 。

●まず寒山楽器へ
前回と同じく、店の中でマージャンやっとる。
※こんなん、日本じゃありえませんね。。。 普通これだけで、イメージダウンです。。

やはり、見た目よさげな二胡は3000元以上してる。
紫檀とか、いろいろ出してきて、ズータン、ズータンとか説明してくる。
前回の「緑壇と思われる」二胡もあった。
二胡は自社工房で作ってるとの事だった。

それぞれ、試奏。 どれも、なかなかいい音。(そう聞こえてしまう)
前回も出てきた「先生」って言われるオッチャンが塞馬を弾き出したので、
無謀にも、合わせて弾く。
オッチャン「おっ!」ってな顔になって、その後話しは盛り上がる。

やはり、「緑壇」と思われる二胡が気になる。
皮は今一だけど、鳴りがよく、高音もきれいに出る。

前回は2800元って行ってたのに、今回は「えっ?」というぐらい値下がり。下がりすぎでちょっと値段はいえません。 まあ、前回は吹っかけてきたんでしょう。 今回はそこそこ二胡できるやつで話も盛り上がったので、本当に近い価格だしてきたのでしょう。

このへんが、「緑壇と思われる」という理由です。

●次に、正扬琴行 へ
あいかわらず、オバチャンうるさい。
「あんた覚えてるよ」「2回も着て買ってかなかったよね」とか。。。

今回も散々話して、二胡見せてもらって、結局買わなかった。
でも、二胡はかなりしっかりしてるものがおいてある(と思う)。

偏八角や、楕円も置いてありなかなか興味深い

お店のオッチャンが二胡の先生らしくて、
「何か一緒に演奏しよう」って言ってくれたので、
中国ではお約束! 「北国の春」を一緒に演奏、それと良宵とか何曲かを演奏
あまり言葉は通じなくても、音楽って共通の話題でなんとかなるもんですねー。

二胡を弾く、お店のオッチャンと、それを見てる卒業生の靖ちゃん。 
b0098997_059453.jpg
お店の娘は古筝の先生との事。古筝に興味津々の文秀ちゃん(うしろ姿) 
b0098997_172422.jpg
で、結局このお店ではまた買わなかったんだよねー。。。
オバチャンごめん。 今度は買うわ!

で、結局寒山楽器に戻り、メッチャ安くなった「自称緑壇」を購入。
店のオッチャンは、一番いいケースつけてやるとのサービス。
でもそのケースが茶色地に金色の文字・模様で、、、持って歩くには、
ちょっと恥ずかしいケース。。。

この二胡のレポート、画像のUP は別途記事にします。

まとめ、
二胡を買うよりは、二胡屋のおっちゃんとの会話、一緒に演奏なんてのが一番楽しかった。 実際二胡買うなんてどーでもよくなってたのは暑さのせいかも、、、

次回は、以前蘇州1号を購入した宏成琴行の本店(三香路)と、もう一度民族楽器一廟にいきたいなー。
by soukichi_uchida | 2010-08-05 01:19 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13709961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-08-08 10:58 x
緑壇の音色はいかがですか?
白檀のは試弾した事があります。いい音色でいい香りで
弾いてて癒される音色と香りで1台置いておきたいな~という
物でした
高額で諦めましたが~~

色々、お店を回って選んで納得して買えるのなら
欲しいですね~

楕円とかの音色はいかがでしたか?
<< 蘇州レポート4( 太湖へ! ) 蘇州レポート2(戦闘準備 -&... >>