二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
偽Pad レポート
おもしれぇ~ この 偽(山寨) Pad と、面白がっていたのですが、 これの CPU を作ってるメーカーが Φ国福建省のメーカーであることが分かると、ちょっとイヤな感じになりました。

CPUのメーカーは 瑞芯微電子(Rockchip)

以下スペックを見ると、既存技術の寄せ集めなんですが、これだけの物が作れる技術を持っている。 これにオリジナルのアイディアやデザインが出来るようになると、やられちゃいますね。。。 

で、仕様詳細

CPU : RockChip RK2080 という ARM(600MHz) + DSP(550MHz) の
  Dual Core。 Android や WinCE 等モバイル端末向けに開発された Multimedia 向け
  統合 Chip。 2GB 内臓メモリ

Memory: 256MB  

Display: 7Inch (800x480)タッチパネル
  自称TFT

I/O:
 Micro SD カードスロット(最大32GB利用可能)
 外部Interface( iPhone と同じタイプ)
  USB X2
  有線Lan
 内臓無線Lan(WiFi)

 内臓 カメラ: 1.3MPix web カメラ
 内臓 Audio Interface: イヤホンジャック、スピーカーx2、マイク

グラビティセンサ
 一応縦横の自動切換えができる

バッテリー: 自称リチウムイオン
  連続動作5時間と言ってるけど、使うとみるみる電池が減ってくのが分かる
  実際は2時間もてばいいほうか?

OS: Android Version 1.7 ⇒ Linux です

言語: Multi Language 対応なので、日本語表示できる
     別途 Android Market から 日本語入力 IME(Simeji)を入れる事で
     日本語入力もできる

●使用感
1. 立ち上がりがめっちゃ遅い(1分以上?) 
  完全にシャットダウンせずHibernate にしないとつらい
2. タッチスクリーン
  いまいちレスポンスが悪い、イラっときます
3. 画面
  自称TFTなんだけど、いまいち見づらい
  特に明るいところではつらい。 暗めの室内での利用を推奨!
4. 機能など
  Android そのもの。 Android のアプリはだいたいの物が使える
  結構サクサク動きます
  中身は Linux 。 Terminal emulator を入れると、Linux 端末として
  Linux コマンドが使える。 vi や telnet、ftp もフツーに使えます
5. 熱い!
 触れないほどじゃないけどホカホカします
 特に充電しながらだと、かなり熱くなります。 
 夏向きじゃないですね。

-------------------------------
全体像
偽iPhone の3倍ぐらいの大きさ、本物iPad に比べると小さい
b0098997_6332748.jpg
厚みはこんなもん
b0098997_6334885.jpg
箱 3G って書いてあるけど、電話は使えない
b0098997_6343660.jpg
付属品: USBケーブルと、USB 有線LANコネクタ
iPhone のコネクタと互換性があるみたい
b0098997_6345752.jpg
USBや有線Lanはこうやって使います
b0098997_6351167.jpg
 立ち上げ画面
b0098997_6354933.jpg
デスクトップ
b0098997_636694.jpg
画面は自動的に回転すっるが、レスポンス悪い
b0098997_6361995.jpg
有線Lanでネット接続し、Google へ。
Default ではモバイル画面になる
b0098997_6363215.jpg
TABの切り替えはこうやって 
b0098997_6364564.jpg
Google MAp に接続
b0098997_6365610.jpg
日本語入力
b0098997_6385987.jpg
MP3プレーヤーとして。(スピーカーの音はなかなかいい)
b0098997_6372349.jpg
b0098997_6374043.jpg
Terminal Emulator でLinux コマンドを使う 
b0098997_638162.jpg
フォトビューワ
b0098997_6391836.jpg
蘇州の大学で女子学生に囲まれてウハウハの僕。 本物のように人さし指と親指での拡大は出来ない。

●まとめ
実用としては、ちょっとねー。 
でも、680元で、この機能はお買い得でした。
最近国内でも販売され始めましたが、18000円ぐらいしてます。
確か、アキバオーでも販売してるとか。
まとめとしては、 Android を使ってみる、理解する、ハッキングするという意味ではとても役にたちました。

それと、カフェとかで使ってると、注目のまとです。
「おっ、iPad」 、[ん?]、「なんか違う」、「あれなんだ?」
ってね。
ガハハ、カイカンです。

Y上君、いいお土産をありがとー(^o^/
by soukichi_uchida | 2010-07-17 06:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13605067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Family Mert を探せ! Made in Vietnum >>