二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
通りすがりの、ジャーパンファン
今日、近所のモールを歩いてたら、

ん????
「二胡の調べ ミニコンサート」 ってアナウンスが。

「誰?」って、
思って見に行ったら、なんとジャーパンファン。

む~ん、東京とはいえ、こんな辺境の地(武蔵村山)で営業ですか、ジャーさん。
どんなとこでもお仕事しますよ、って営業ポリシーなのか、
ここのモールで、スポンサーが店出してるシガラミなのか。。。
いずれにせよ、音楽でメシ食うってのは大変ですね。

サイレントムーン、睡蓮などおなじみの曲で30分程のミニコンサートでした。
ん~、、さすがですね。 
じっとしているのが嫌いな僕ですが、30分聞き入ってしまいました。

にしても、固定千金で、グワシグワシとビブラートかけまくる。凄過ぎです。
1cm ぐらい弦が沈みこんでるよーに見えました。(これは大げさか?)
よい子はマネしちゃいけません。

それと、右手。。。 何気に軽く運弓してるよーに見えるのに、
なんで、あんなにエネルギーが出る。
当然PAを通しての音なんだけど、
二胡からガッツリエネルギーが出ているのが解る。。

ま、たまには本物みなきゃダメってことですな。。。

●おまけ、
最後にPA、
かなり近くで聞いてたんだけど、ぜんぜん生音聞こえなかった。
リバーブかけまくりで、、、、
おかげで、CDで聞いてる音のまんまでした。

二胡ってマイク通すと、生音と、ぜんぜん違った音になっちゃうんですよねー。

マイクやアンプ、スピーカーの特性で、生音では聞こえる雑音がカットされてしまう。
さらにリバーブやエコーをかける。
残響音や共鳴弦をもたない二胡には、これは強い味方。
人前で弾くときは必須かもしれません。
このへんは、むらやまさんもブログで触れられてたかも。。です。

●追記
タダで生ジャーパンファンを見聞きできたって事に加えて、
桃やの辛くないラー油をゲット。 ラスト1でした。 
ラッキー(^o^/
by soukichi_uchida | 2010-05-16 20:53 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13313179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-05-17 08:32 x
初心を忘れない方ですね~
えっ、こんな汚いところでも弾かれるの?という時が
ありました。
昔、お世話になったライブハウスやお世話になった方への
恩は大切にされる方のようです。
売れても、売れていない時に行ったお仕事は行く
すごい方です。

ほんと、さらっと弾かれているように見えるのに
あの音色
マイク無しで、そばで聴いて、ICレコーダーで録音しても
あの音色、宝物録音になっています。

録音機材うんぬん~大切ですが
私の先生の演奏もですが~上手な方のは何で録音しようが
すごいです。
Commented by Jimmy at 2010-05-17 19:56 x
ジャーさんは当地の方にも来ますね。
昨年は海老名のビナウォーク、東海大学講堂で無料コンサート。CDにサインしてもらいました(ww
しかし、聴衆のお姉様方のパワーといったら。ゴザ持参のお姉様までいらっしゃいました。

きっと聴く方は無料だけど主催者は何がしか払っているに違いないとふんでマス
Commented by むらやま at 2010-05-25 13:29 x
さりげなくワタクシのブログに触れていただきありがとうございます。
ジャー先生がそんなところで弾いていたのですか?
いろんなお仕事されているのですねぇ。
ジャー先生の音は不思議です。
何であんな音が出るのか?
実際目の前で聴くとダイナミックスが強烈です。むらやま
<< (工事中)千斤とビブラートの関係 ポイントおやじ >>