二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡は太鼓?それともスピーカー?
高音からのスピンアウト ねた です。

かつて、二胡の皮を太鼓の皮と同じものだとして、その振動の様子を考えてみたことがあります。太鼓のような膜の振動には倍音構成はないそうで、これが、単純だった弦の倍音構成に複雑さを与えるんじゃないかとも考えていました。 でも、マイクで二胡の音を拾ってスペクトル解析してみると、きれいな倍音構成になっています。 つまり、太鼓と同じと考えるには無理があるなと思い始めました。

以前に Jimmy さんが、スピーカーを同じでは?というコメントをされており、それに呼応してかどうか解りませんが、二胡工房さんが、スピーカーメーカーさんと、なにやら取り組みを始められました。

ということで、二胡(の皮と胴)は、スピーカーのコーンと箱(キャビネット)に近い働きをしているんじゃないか?と、最近思いはじめました。
身の回りで最も二胡に近いのは、「糸電話」かな?
※ 糸電話のどこが、身の回りなんじゃい! 
あとメガホンなんてのも、音をまとめて、指向性を持たせるって意味では胴と同じかも。

これも、長~いテーマになりそうですが、
使い手があまり手を出せる領域じゃないですね。。
by soukichi_uchida | 2010-05-11 06:49 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13285301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jimmy at 2010-05-11 21:31 x
糸電話、激しく同意します(笑
釈迦に説法第二弾です(www
昔学んだ記憶を手繰ってみると、、円形膜で周辺固定の場合(いわゆる太鼓)の振動特性を考えると、基本共振周波数は膜の半径、面密度、膜の張力で決まりますが、それの2.3倍、3.6倍、1.59倍、2.92倍…などの振動様態を示します。太鼓の膜も調和に関係ない多くの振動様態が入り混じっているはずです。なので、膜の振動自体は綺麗な倍音成分てないんですよね。高周波になると膜がピストン運動している範囲ってその波長の1/4よりかなり小さい範囲だけだそうです。。。
だからなんだといわれると、、
恐らく膜の振動特性ということでは太鼓も二胡も周囲固定なので似たようなものかと。本来綺麗な倍音成分が出ないはずの膜振動特性なのに二胡は倍音が出るというのは、、、琴胴の音響特性かなぁ。胴内に発生する定在波は簡単に計算が出来るのでそのうち考えてみましょうか。

間違ってたらごめんなさい(www
Commented by Jimmy at 2010-05-12 20:10 x
たびたびすみません。
寝ていてふと思ったのですが、弦を弓でこすっているときの弦の振動周波数スペクトルはどうなっているんでしょうね。
太鼓を叩くような場合、その加振力の周波数スペクトルは高周波になるほど急激に減っちゃうので、叩く材質にもよりますが、まぁ低周波しかないと思っていいはずです。擦弦している場合はどうなんだろうと。かなり複雑な振動のようには思いますけど。。。松脂によって音が変わるのはその周波数成分の違いかもなぁ、なんて愚考してます。まぁ、夢を見ながらの思いつきなんでいい加減ですが(www
Commented by soukichi_uchida at 2010-05-16 21:34
二胡に限らず、擦弦楽器の音の波形はノコギリ波です。 ノコギリ波は基音 f1 に対して, f1+(1/2)f2+(1/3)f3+(1/4)f4..... で構成されるため、奇数の倍音が必ず含まれています。 これが擦弦楽器らしい音を作っているともいえます。(きっと)。
あと、駒から直接拾った音と、マイクで琴筒の後ろから拾った音の倍音構成に大きな違いはありませんでした(たぶん)だから、二胡は太鼓というよりは、スピーカーやメガホン系じゃないかと思います。 
Commented by Jimmy at 2010-05-17 20:02 x
あぁ~、鋸ですか。それは知りませんでした。なるほど。
胴は難しいですね。後面開放のSPだとは思うんですけど。ホーンはどうかしら。広がり方が足りなくてホーンとして働いているかちびっと不明です。
<< ちょっと勇気のいる調整 高音がよく出る(伸びがよい)とは? >>