二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
ビブラートの効能
音の揺らぎによる心地よさとか、手法の話じゃありません。
そんなもん知っとるわい!」 とか 「当たり前やんけ!
とか言われそうなネタなんですが。。

娘のEギターを弾いてて気がつきました。

ギターでもビブラートはかけます。
ビブラートをかける事により、サステイン、リリース(減衰後の音の保持)
時間が延びます。指をプルプルやることによって、弦がフレットにこすり
付けられて、消えようとしてる振動が長持ちします。
b0098997_175241.jpg

※話は横道にそれますが、アンプのところにギターを持って行って、
 スピーカーからの音と弦を共鳴させて音を長持ちさせるって荒業も
 ありましたよね。。Jimmy さん。

でこれを二胡に置き換えて考えると。。。。

二胡の様な、擦弦楽器は、弓を止めてしまえば、ブチっ!と 音が消えて
しまうので、ビブラートによってサステインが延びるなんてことはありません。

でも、似たような効果があるんです。

たとえば、一弓四拍とか、八拍なんてロングトーンの時、弓の速度は
ゆっくりに(遅く)なります。 速度が遅いということは、弦が弓からもら
うエネルギーが少ない。  つまり音が小さくなります。

ここで、登場するのが、ビブラート。
ビブラートを行うことにより、 
これまで弓に擦られるだけだった弦が、自ら動いて弓に擦られに行く。
b0098997_23174979.jpg
弓から貰うエネルギーに加えて、指から貰ったエネルギーが加わる。
これによって、遅い弓で、弱っちかった音が、はっきりとした音になる
つまり、音量アップする。
と思うんですが、どうでしょう?

ちなみに、このビブラートは指で弦に圧を書けるビブラートであって、
弦の長さをビミョ~に変化させるタイプ(指の角度変化、位置変化)では
効果がないと思われます。
 
この効能は、特に音が小さくなってしまう、高音部でより効果的でしょう。
ビブラート無しだと、カスカスの音だったのが、ビブラートをかける
とクリアな音になったりします。
これは、一度スペクトル分析してみる必要があります。

ところで、高音部の音量が小さくなり、音質も痩せた感じになってしまいます。
これは擦弦楽器の宿命のようなもんですが
「バイオリンとの比較」ってテーマで分析してみたいと思います。  
by soukichi_uchida | 2010-04-25 18:03 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13205725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-04-26 12:34 x
なるほどです。
高音域で豊かなフォルテで弾こうとすると苦しい音になります。
師匠のような余裕のある豊かな音色で弾けません。

二胡の高音域で、スローでフォルテな曲
うまく綺麗な音色が出ません^_^;
難しいです。
Commented by Jimmy at 2010-04-26 20:14 x
ほうほう、そういうことがあるのですね。この場合のビブラートは弦を押さえつけるようなタイプのやり方がいいのでね。今流行の指先をころがすタイプのビブラートでは効果が小さいと。
やってみましょう。

ところで、二胡でのフィードバック奏法は是非トライしてみたい技です。弦に弓が当っていると無理だと思うのですが、開放弦なら…と期待してます。アンプのボリュームをかなり上げないとダメかもですが。
このゴールデンウィークではオクターバーとかハーモナイザー(商品名はど忘れしました…)などのエフェクター効果を試してみようと思っているのですが、その時にでもフィードバック奏法をやってみます。なんか、ただハウルだけかもですが(www
Commented by soukichi_uchida at 2010-04-26 22:18
piano さん、 二胡は、たった2本の弦でA5あたりの音を出しているところに無理があるんだと思います。バイオリンだとE弦がAの外側にあって、さほど無理なくA5を出してますよね。 そういう意味ではそのハンデを克服してるプロ演奏家は、やっぱすごいですよね。。修行あるのみ!じゃなくて、どうやってんのか? を調べるのもテーマですね。
Commented by soukichi_uchida at 2010-04-26 22:25
jimmy さん、フィードバック奏法。そんな名前でしたね。 これ決まると、体全体で共鳴してる感じで、気持ちいいんですよねー。 で、二胡でこれやるーとしてる!? うーん。 開放弦もそうですが、ハーモニクスでも効果ありじゃないでしょうか? 
前に倉庫で紹介した王晓楠 期待の中に、「おっ」と思える部分があります。
<< ぐっとくる、二胡グッズ、周辺機器 二胡弦の材質を元素分析してみる... >>